Skip to main content
テネシー州メンフィスの歴史を描く壁画
1 / 1
  • 州:
    テネシー州

歴史がはぐくむ街、テネシー州のメンフィスとナッシュビル

テネシー州は、歴史と伝統を愛する人の聖地です。南北戦争、公民権運動、象徴的な音楽シーンなどによって形作られた豊かな過去と共に、歴史は現代文化の中で生き続け、国家と国民を改革し、他の国々から独立するよう促してきました。過去に思いをいたしつつメンフィスとナッシュビルを歩き、時代と文化の積み重ねを体験してみてください。

アメリカのミュージックシティ

アメリカ中のいたる所で、文化の面で言うなら、古きはまた新しく、アナログレコード文化はその好例です。でも、テネシー州ナッシュビルでは、アナログレコードが消え去ることはありません。アメリカのミュージックシティと呼ばれるナッシュビルは、メロディーの代名詞。街に音楽が誕生して以来、ミュージックシーンの中心となってきました。ナッシュビルには、カントリーミュージックの殿堂(Country Music Hall of Fame)があります。この州都は長い間、レコーディングの中心地となっていますが、歌やサウンドの製造と販売も行っています。アナログレコードのコレクションを完成させたいオーディオファンの方は、人気のグライミーズ(Grimey's)に足を運んでみてください。レコードの溝に針が落ちるという至福の瞬間を味わえます。ゆったりとリラックスして、さあ聴きましょう。聴くと言えば、街でおすすめのスポットは数々ありますが、中でもザ・リスニング・ルーム・カフェ(The Listening Room Cafe)は人気のお店です。カクテルを片手に軽く何かつまんで、地元のミュージシャンも他の街から来たミュージシャンも毎晩チェックしましょう。将来のチャートを賑わせるアーティストが見つかるかもしれません。

カントリーミュージック殿堂博物館のレコードの壁
詳細を表示

南部を象徴するソウルフード

南部の旅で間違いないことが 1 つあるとすれば、それは確実においしいものに出会えることです。フライドチキンやコラードグリーン、黒目豆からグリッツまで、次々と美味しいものが思い浮かんで、食べたくてたまらなくなってしまいます。けれど、南部の食べ物に関しては、食材や料理と同様に、人についてもお話するべきでしょう。それはアイデンティティ、物語、そして生き方であり、文化と伝統によって味付けされているのです。キッチンテーブルの周りは、人が集って不思議な力とムーブメントを起こす場所。ですから、日々はランチ、バーベキュー、それからローカントリーのボイル料理に合わせてスケジュールされます。さて、ここで、ザ・フォー・ウェイ(The Four Way)をご紹介しましょう。紛れもなくメンフィス有数の有名レストランで、美味しいソウルフードだけでなく、アメリカの歴史的スポットとしても知られています。1946 年にオープンした家族経営のこのレストランは、公民権運動でとても大きな役割を果たしました。激動の時代に活動家の集合場所だったザ・フォー・ウェイは、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師やジェシー・ジャクソンのような著名人を、彼らが組織を作った際に、そしてもちろん食事の際にもてなしたのです。おすすめはコーンミールの衣にしっかり包まれた、フライドグリーントマト。お腹をすかせて行ってみてください。きっと幸せな気持ちになれます。

ハッティ・ビーズ・フライド・チキン
詳細を表示

テネシー・ウィスキー・トレイル

蒸留酒の生産についてテネシー州が果たした役割は、南北戦争のずっと前までさかのぼります。実のところ、州がウィスキーを製造(そして消費)し過ぎたため、当時の南部連邦政府はウィスキーの製造を禁止し、軍隊への供給ができないようにしました。アメリカで初めて、酒類の製造禁止へと方向転換したのです。いたずらに「テネシーウィスキーのように口当たりが良い」とうたっているわけではありません。結局、ウィスキーは帰って来ました。ナッシュビルのネルソンズ・グリーンブライア・ディスティラリー(Nelson's Green Brier Distillery)のオーナーで、チャーリーとアンディのネルソン兄弟の元へ。ネルソン兄弟の高祖父の父は、禁酒法でビジネスを止めていましたが、兄弟はその歴史を発見し、テネシー州の豊かなアルコール文化の中にその場所を復活させたのです。1885 年頃、高祖父の祖父チャールズは、年間 200 万本のウィスキーを販売し、すぐにテネシー州最大の蒸留所に発展させました。禁酒法で業務停止を余儀なくされてから 110 年後、グリーンブライア蒸留所(Greenbrier Distillery)は子孫の指揮の下で繁栄しています。先祖伝来のものを少々、それにウィスキーをたっぷり飲みたい方は、あなただけのテネシー・ウィスキー・トレイル(Tennessee Whiskey Trail)の旅で、この場所に立ち寄ってみてください。

テネシー・ウィスキー・トレイル
詳細を表示

芸術とは積極的行動のこと

コミュニティはメンフィスの鍵です。街の郊外や街外れに、お洒落に見えてインスタ映えする素材がある都市がありますが、メンフィスでは、人こそが「努力せずに格好いい」スピリットをその場にもたらします。地域のまとめ役であり活動家、長年地元に根を下ろすビクトリア・ジョーンズを紹介しましょう。「メンフィスのすべては、この街のレガシーの上に成り立っています。私たちは起きたことを思い出すようにできていますが、自分がどこまで来たかを回顧する機会もあります。」ジョーンズは CLTV(The CLTV)ことザ・コレクティブ(The Collective)のエグゼクティブディレクターです。地元のアフリカ系アメリカ人アーティストの育成、黒人社会の権限強化、さらに、芸術をベースにしたプログラム、ワークショップ、コミュニティの構築を通して、メンフィスの文化を変えることに専念しています。CLTV の CMPLX は、メンフィス出身者の作品が見られる素敵な黒人芸術ギャラリーであり、クリエイターのためのスタジオスペースです。メンフィスで飛び抜けて優秀な、人を元気づけるリーダーとして、ビクトリアのルーツは街の驚くべき未来のビジョンを伝え、見事なアートで来館者が互いに交流できるようにしてくれています。

ボリューム満点の食事、口当たりの良いウィスキー、カントリーのヒット曲、そして歴史にふれるなら、メイソンディクソン線の南へ向かい、テネシー州へ行ってみましょう。アメリカ南東部のこの州には、州をはぐくむルーツがあります。決して失望することはありません。

メンフィスの地元の人
詳細を表示

現地のおすすめリスト

宿泊

  • ナッシュビルの JW マリオット(JW Marriott)
  • ナッシュビルのアーバン・カウボーイ B&B(Urban Cowboy Bed & Breakfast)
  • マリオット・メンフィス・イースト(Marriott Memphis East)
  • メンフィスのザ・ピーボディ(The Peabody)

 

アクティビティ

  • ナッシュビルのカントリーミュージック殿堂博物館
  • ナッシュビルのグライミーズ・ニュー・アンド・プリラブド・ミュージック(Grimey's New and Pre-Loved Music)
  • メンフィスの CMPLX
  • メンフィスのグレースランド(Graceland)(エルビス・プレスリーの旧宅)

 

フード&ドリンク

  • メンフィスのタンプ&タップ(Tamp&Tap)
  • メンフィスのザ・フォー・ウェイ
  • ナッシュビルのネルソンズ・グリーンブライア・ディスティラリー