Skip to main content
ラ・ポーレットの手彫りの洞窟
1 / 1
  • 州:
    ニューメキシコ州

一人の人間が、ニューメキシコ州のたくさんの自然の洞窟を彫刻で不思議な砂岩のお寺へと作り上げました。

25 年の間、ニューメキシコ州の芸術家、ラ・ポーレットは、ニューメキシコ州で天然の洞窟に彫刻を続けています。丹念に刻み、掘り、切り開いて、入り組んだ地下の不思議な空間を作っています。

サンタフェの北の砂漠にある 14 の洞窟で、ポーレットは地下の不思議な世界をつくり出しました。他でもない、彼自身の手で。ある時はすでに存在している凹凸を利用し、そしてある時には柔らかい砂岩の壁をくり抜き、ポーレットは、自身がある種のスピリチュアルな力を持つと表現する、並外れた地下の空間を創造したのです。

洞窟は 2 つとして同じものはありません。小さな扉があったり、太陽の差し込む場所、壁の下にベンチがあったり、ロウソクを灯すことのできる深い窪みのある場所もあります。洞窟内の壁にも彫刻のデザインが施されています。花々から抽象的な太陽の彫刻まで、純粋に感情に訴えるデザインで美しく飾られています。すべて洞窟の壁を使って鮮明に描かれているため、まるで自然に形づくられているかのように見えます。

ポーレットは、この作品をお金儲けをするための事業ではなく、どちらかと言えば趣味や公共サービスであると捉えています。そして完成後は、誰かに洞窟を偶然発見してほしいと考えています。彼の後にこの場所を発見した人に、穏やかな気持ちとひらめきを感じ取って欲しいと願っているのです。ポーレットは、完成した状態ではなく、ものを創り出すことに喜びを見出しています。

旅行の前に知っておきたいこと

OriginNewMexico.com で、ガイド付きツアーを提供しています。事前予約が必要です。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
土を使ったアドビ建築の家

旅行先

サンタフェ

ライペリアン・プリザーブ・アット・ウォーターランチの保護区にあるサワロサボテンの自生地をハイキング

旅行先

ギルバート