Skip to main content
スイート・チークス・ワイナリー

オレゴン州

オレゴン州ユージーン:食欲を誘う休暇のための 5 つのキーワード

提供: Samantha Crespo

ユージーン、カスケード、コースト
1 の 1
  • 州:
    オレゴン州

ユージーンのワイン、ビール、食べ物を堪能

オレゴン州のユージーン(Eugene)、カスケード(Cascades)、コースト(Coast)地域を訪れるのは、壮大な滝や果てしなく広がるビーチがお目当てのことが多いでしょう。でもこの地域の食とワインの文化もまた、あなたを魅了します。地元の農場と直結したユージーンのレストラン、ワイナリー、ビール醸造所を楽しむには、ここでご紹介する食のポイントをお忘れなく。

1. ピノグリとピノノワール

ユージーンはピノノワールのワインの産地として世界的に有名なウィラメットバレー(Willamette Valley)の南端に位置しています。市の中心部から郊外の田園地帯にかけて 21 軒のワイナリーが点在しています。これらのワイナリーを楽しみながら回るには、ピノビンゴをプレーするのがおすすめです。こぢんまりしたテイスティングルームからオレゴン州最大のワイナリー、キングエステート(King Estate)まで、あちこちのワイナリーに立ち寄りましょう。食事には、キングエステートのレストランはいかがでしょう。選りすぐりのピノノワールとピノグリが旬の食材を引き立てます。

オレゴン州最大のワイナリー、キングエステートはピノノワールとピノグリのぶどうで占められています。

オレゴン州最大のワイナリー、キングエステートはピノノワールとピノグリのぶどうで占められています。
詳細を表示
Gregory Burns

2. 新鮮な食材

トリュフ狩りに参加したり、地元のシェフたちが創作したワインディナーのコースを試食したりするには、毎年 1 月に開催されるユージーンのオレゴン・トリュフ・フェスティバル(Oregon Truffle Festival)に合わせて旅行を計画しましょう。フェスティバルの主役は、ユージーン固有の生態系によって育まれた自生の白トリュフと黒トリュフです。年間を通して地元農家が食材を販売する市場で新鮮な食材を購入できます。ここでは、地元のシェフたちが新しいメニューを生み出すために旬の果物や野菜を選んでいる姿をよく目にします。

ユージーンに自生する貴重なトリュフは、毎年 1 月に開催されるオレゴン・トリュフ・フェスティバルの主役です。

ユージーンに自生する貴重なトリュフは、毎年 1 月に開催されるオレゴン・トリュフ・フェスティバルの主役です。
詳細を表示
Georgia Freedman

3. 必ず訪れたいレストラン

エクセルシオール・イン・リストランテ・イタリアーノ(Excelsior Inn Ristorante Italiano)で、フェンネルとシトラス風味のアメリカイチョウガニ入りラビオリなど、手作りパスタを味わいましょう。料理長のマウリツィオ・パパーロとパティシエのシェーン・トレーシーがレストラン直営農場の食材を選び、店内の工房でパスタやパンを手作りしています。マルシェ(Marché)では、ジェームズ・ビアード財団賞にノミネートされたステファニー・パール・キンメル(Stephanie Pearl Kimmel)が農場直送の食材を使った料理を提供しています。フダンソウのソテー、マスタードとタイムのソースを添えたカモのコンフィを堪能しましょう。

キングエステートのシェフたちは、ファーム・トゥ・テーブル(農地直送)の旬の食材を素晴らしい料理に変えます。

キングエステートのシェフたちは、農場直送の旬の食材を素晴らしい料理に変えます。
詳細を表示
Rachelle Hacmac

4. 夢見心地にしてくれる焼き菓子

チョコレート・チェリー・サワードウ・ブレッド、アップルフリッター、クランベリースコーン、トーストした地元産ヘーゼルナッツなど、焼き立ての品々をクレスウェルベーカリー(Creswell Bakery)でお腹いっぱい楽しみましょう。シェフのハイディ・タネルは店の近くに農場を持っており、食材そのものからお気に入りの品を作り上げています。これらの食材を使った栄養たっぷりのサンドイッチ、見事なサラダ、ピザも提供しています。自家製スイーツやおいしい品の数々をさらに味わうために、ノワゼット・ペストリー・キッチン(Noisette Pastry Kitchen)を訪れましょう。熱々のチキン・ポット・パイから始めて、ゆでた洋ナシの繊細なムースで締めくくるのがおすすめです。

クレスウェルベーカリーシェフ、ハイディ・タネルは店の近くに農場を持っており、焼き立てパンのための食材を生産しています。

クレスウェルベーカリーシェフ、ハイディ・タネルは店の近くに農場を持っており、焼き立てパンのための食材を生産しています。
詳細を表示
クレスウェルベーカリー

5. クラフトビールを堪能

ユージーン・エール・トレイル(Eugene Ale Trail)を辿って 14 地区のクラフトビール醸造所を訪れましょう。風景が美しいアグラリアンエールズ(Agrarian Ales)から出発します。オーガニックホップの農場を見渡せる、1 世紀近く前に建てられた酪農舎でビールを試飲することができます。農場で採れた作物から作られたパンプキンビールやタンポポ・ポーター・ビールなど、まさに産地からグラスへと直送されたビールを体験できます。フォーリング・スカイ・ブルーイング(Falling Sky Brewing)には、お腹を空かせて到着しましょう。醸造されたばかりのビールと一緒に、自家製パストラミなど、手作りの料理を楽しむことができます。

ホップ農場の緑豊かな景色を楽しみながら、1 世紀の歴史のある酪農舎でアグラリアンエールズのクラフトビールを味わいましょう。

ホップ農場の緑豊かな景色を楽しみながら、1 世紀の歴史のある酪農舎でアグラリアンエールズのクラフトビールを味わいましょう。
詳細を表示
ユージーン、カスケード、コースト

アクセス方法

ユージーンにはポートランド国際空港(PDX)とユージーン空港(EUG)の 2 つの空港から簡単に行くことができます。ポートランド、シアトル、サンフランシスコ、オークランド、サンノゼ、ロサンゼルス、フェニックス、ソルト・レイク・シティ、ラスベガス、デンバーからユージーン空港への直行便が運航されています。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ