Skip to main content
モンテズマ国立野生動物保護区を飛ぶ雁

ニューヨーク州

ニューヨーク州の野生動物ウォッチング・ハイキング・スポット 8 選

提供: : イドイア・ギカス

1 / 1
  • 州:
    ニューヨーク州

ニューヨーク州の別の顔を発見してみませんか。

州内のどこにも驚くような野生動物が住み、多彩なハイキングコースが整備されていることに喝采することでしょう。

レッチワース州立公園:東部のグランドキャニオン

青々とした森林、高さ 180 メートルの断崖、轟々と流れ落ちる滝、100 キロメートル以上のハイキングコース - これは、2015 年に USA Today が実施した読者投票でアメリカ最良の州立公園に選ばれたレッチワース州立公園(Letchworth State Park)の特色です。 ハクトウワシ、タカ、オオアオサギをはじめとする多彩な鳥類が住み、充実したバードウォッチングをお楽しみいただけます。

レッチワース州立公園の豊かな緑に囲まれた断崖を清流が流れ下ります。

レッチワース州立公園の豊かな緑に囲まれた断崖を清流が流れ下ります。
詳細を表示

モンテズマ湿地帯:四季を通じた野生動物

レッチワース州立公園は、米国東海岸に沿った渡り鳥の飛行ルートである大西洋飛翔経路上の重要な経由地点であることから、バードウォッチャーにとってはパラダイスです。 四季を通じ、5 km にわたってこの公園のハイキングコースを歩くと、数百の鳥と野生動物に出会うことができます。 

モンテズマ国立野生動物保護区を見つめる鹿

モンテズマ国立野生動物保護区を見つめる鹿
詳細を表示

チッテナンゴフォールズ州立公園:滝の壮観

自然歩道をたどって最大の見物であるチッテナンゴフォールズ(Chittenango Falls)に達すると、絵のような高さ 50 メートルの滝の景観を楽しむことができます。 ここでは多彩な植物と動物が見られます。世界のほかの場所では見られない、チッテナンゴ独特の卵の形をした琥珀色のカタツムリもそのひとつです。

チッテナンゴフォールズ州立公園(Chittenango Falls State Park)は、その名前の由来となった滝だけでなく、そこに息づく野生動物でも有名です。

チッテナンゴフォールズ州立公園(Chittenango Falls State Park)は、その名前の由来となった滝だけでなく、そこに息づく野生動物でも有名です。
詳細を表示

ジェームズタウン・オーデュボン・ネイチャーセンター:家族連れに最適な自然

3 本の初心者向けハイキングコース、ネイチャーセンター、植物園、少数の動物の飼育施設などを備え、家族連れで訪れるには最適な自然の中心地となっています。 鷹、鹿、ウサギなどの野生動物を探してみてください。

ジェームズタウン・オーデュボン・ネイチャーセンターの湿地に整備されている板張り遊歩道

ジェームズタウン・オーデュボン・ネイチャーセンターの湿地に整備されている板張り遊歩道
詳細を表示

サラトガ・スパ州立公園:朝から晩までの楽しみ方

サラトガ・スパ州立公園(Saratoga Spa State Park)では、約 170 種類の鳥類が確認されています。 静かなハイキングコースでこれらの鳥を探索する一日を過ごした後は、自然の温泉、水泳プール、ピクニック、通年営業の農産物マーケット、自動車博物館などをお楽しみください。

サラトガ・スパ州立公園の木々の間を散策

サラトガ・スパ州立公園の木々の間を散策
詳細を表示

キャッツキル森林保護区:アウトドア愛好者の夢の地

標高 900 メートルを超える 98 の頂が連なるキャッツキル森林保護区(Catskill Forest Preserve)では、ほかでは見られない四季折々の表情を楽しむことができます。 全行程が家族向けの短い遊歩道に始まり、キャッツキル山地(Catskills)に分け入る 160 キロメートルを経てニューヨーク市からオールバニー(Albany)に至る 575 キロメートルの長大な経路まで、さまざまなハイキングコースが整備されています。 アメリカクロクマ、鹿、狐や、ハクトウワシ、木々でさえずる鳴き鳥などを探してみてください。 

滝のようなキャッツキル森林保護区の清流

滝のようなキャッツキル森林保護区の清流
詳細を表示

イロクォイ国立野生動物保護区:鳥たちの宇宙

経験を積んだ野鳥観察家でなくても、この野生動物保護区で時を過ごす数百種類の鳥を愛でることができます。特に鳥の渡りの時期である春と秋がおすすめです。 人間世界から隔絶した緑豊かなコースを何キロメートルも歩き、これらの鳥たちの声を聞き、姿を眺めてみてはいかがでしょう。

イロクォイ国立野生動物保護区の草原に潜む小さなカエル

イロクォイ国立野生動物保護区の草原に潜む小さなカエル
詳細を表示

ワイルドセンター:自然とのふれあい

この博物館は、ユニークな方法による野生動物とのふれあいを特徴としています。それは、屋内のカワウソ用水槽や魚を飼育する池に始まり、アウトドアのハイキングコースや木々の梢の間を抜けていくワイルドウォークに及びます。 あらゆる年齢と体力の方が利用できるこのワイルドウォークは、バードブラインドや魅力的な展示物を備え、ご家族全員に最適なアクティビティとなっています。  また、認定を受けた自然研究者が指導する動物との出会いやカヌートリップなどの各種プログラムも豊富に用意されています。 

ワイルドセンターで空を見つめ、ショウジョウコウカンチョウなどの鳥を探索

ワイルドセンターで空を見つめ、ショウジョウコウカンチョウなどの鳥を探索
詳細を表示

アクセス

ニューヨーク州に入るには、 ニューヨーク市のジョン・F・ケネディ国際空港(John F. Kennedy International Airport)またはニュージャージー州のニューアーク国際空港(Newark International Airport)に降り立ちます。 そこから、1 時間で州内のロングアイランド・マッカーサー国際空港(Long Island MacArthur International Airport)、スチュワート国際空港(Stewart International Airport)、オールバニー国際空港(Albany International Airport)、シラキュース・ハンコック国際空港(Syracuse Hancock International Airport)、グレーター・ロチェスター国際空港(Greater Rochester International Airport)、バッファロー・ナイアガラ国際空港(Buffalo Niagara International Airport)まで移動できます。 鉄道のアムトラック(Amtrak)やレンタカー、またこれらと上記の航空路を組み合わせても、州内のどこへでも行くことができます。

さらに調べる