Skip to main content
ニューヨークを飲み干すツアー:ニューヨーク州のクラフトビバレッジ

ニューヨーク州

ニューヨークを飲み干すツアー:ニューヨーク州のクラフトビバレッジ

提供: : Heather Lalley

1 / 1
  • 州:
    ニューヨーク州

湖、山、静かな農場に囲まれたニューヨーク州のこの地域には、数え切れないほどのワイナリーや醸造所、蒸留所、シードルメーカーがあります。

そのため、風光明媚なこのルートを巡るべき理由にも、地元の味を堪能できるスポットにも事欠きません。ニューヨーク州のクラフト・ビバレッジ・シーンを楽しむのに役立つ 10 のアイデアをご紹介します。

1. ワイントレイル

地図を片手に、数あるニューヨーク州のワイントレイル巡りにいざ出発。フィンガーレイクスとロングアイランドの世界的に有名なワイン生産地のほか、州を横断するトレイルに組み込まれたワイナリーもあります。

数あるニューヨーク州のワイントレイルを訪れ、グラスワインに舌鼓

数あるニューヨーク州のワイントレイルを訪れ、グラスワインに舌鼓
詳細を表示

2. 地下ツアー

ワシントンビルにある 1839 年創業のブラザーフッド(Brotherhood)は、アメリカ最古のワイナリー。地下のワインセラーを見学し、いろいろな味を楽しみましょう。ハドソン渓谷(Hudson Valley)は、スパークリングからメルローまで種類豊富なワインの生産地です。

ニューヨーク州のブラザーフッドワイナリーで地下のワインセラーを見学

ニューヨーク州のブラザーフッドワイナリーで地下のワインセラーを見学
詳細を表示

3. ぶどうの歴史

ウエストフィールドのグレープ・ディスカバリー・センター(Grape Discovery Center)でぶどう栽培の歴史を学びましょう。レイク・エリー・コンコード・グレープ・ベルト(Lake Erie Concord Grape Belt)のビジターセンターでは、教育的展示と特別なイベントのほか、もちろんテイスティングも楽しめます。

ニューヨーク州産のワイン用のぶどう

ニューヨーク州産のワイン用のぶどう
詳細を表示

4. ワインと料理のクラス

キャナンデイグア湖(Canandaigua Lake)のニューヨーク・ワイン・アンド・カリナリー・センター(New York Wine & Culinary Center)でグルメ三昧としゃれこみましょう。クラスやワークショップに参加したり、料理の実演も見られます。グルメショップで買い物、テイスティングルームでのワインの試飲、2 階のビストロでの食事もお忘れなく。

キャナンデイグア湖の風景

キャナンデイグア湖の風景
詳細を表示

5. アイスワイン

ニューヨーク州は、ぶどうが凍るまでつるに放置される数少ない場所の一つです。凍ったぶどうは、フィンガーレイクスとナイアガラ地域の名物、アイスワインになります。フェアポートのカーサ・ラーガ・ヴィンヤーズ(Casa Larga Vineyards)で開催されるニューヨーク・アイスワイン・フェスティバル(New York Ice Wine Festival)では、テイスティングやフードペアリングのほか、ぶどう畑でそり遊びなど、アクティビティも楽しめます。

アイスワインで知られるニューヨーク州西部ののどかなぶどう畑

アイスワインで知られるニューヨーク州西部ののどかなぶどう畑
詳細を表示

6. ビバレッジトレイル

ニューヨーク州のビバレッジトレイルがワインだけだと思ったら大間違い。キャピタル・クラフト・ビバレッジ・トレイル(Capital Craft Beverage Trail)では、ここで採れた材料を使っているオールバニー・ディスティリング・カンパニー(Albany Distilling Company)やナイン・ピン・サイダーワークス(Nine Pin Ciderworks)の都会的な飲み物に出会えます。 80 以上の立ち寄りポイントがあるフィンガーレイクス・ビア・トレイル(Finger Lakes Beer Trail)では、ラガーやスタウトなどさまざまなビールが味わえます。

ニューヨーク州の蒸留所を見学

ニューヨーク州の蒸留所を見学
詳細を表示
© NYSDED-NYS Dept.of Eco.Dev. 撮影:Darren McGee

7. クラフト・ビール・トレイル

「アメリカのクラフト・ビール醸造の中心地」の異名をとるニューヨーク州中部地域で伝統的なビールを味わってみませんか。クーパーズタウン・ビバレッジ・トレイル(Cooperstown Beverage Trail)にあるオメガング醸造所(Brewery Ommegang)では、ベルギービールや夏の音楽祭を楽しむことができます。アメリカ最大の地ビール醸造所 の一つ、ユティカの近くのサラナックブルワリー(Saranac Brewery)では見学ツアーとテイスティングが楽しめます。

さまざまなビールが味わえるニューヨーク州クーパーズタウンのブルワリーオメガング

さまざまなビールが味わえるニューヨーク州クーパーズタウンのブルワリーオメガング
詳細を表示

8. サイダー農場

ニューヨーク州中部のクリッツ・ファームズ・ブルーイング・アンド・サイダー・コー(Critz Farms Brewing & Cider Co.)のテイスティングはハードシードルの種類が豊富です。カゼノビア(Cazenovia)やフライ・クリーク・サイダー・ミル・アンド・オーチャード(Fly Creek Cider Mill and Orchard)では、見学ツアーのほか、材料となるりんごが育った果樹園を眺めながらテイスティングが楽しめます。

ニューヨーク州のフライ・クリーク・サイダー・ミル前のアンティークカー

ニューヨーク州のフライ・クリーク・サイダー・ミル前のアンティークカー
詳細を表示

9. 蒸留所

飲み足りない方は、ハドソン渓谷のタットヒルタウンスピリッツ(Tuthilltown Spirits)へどうぞ。禁酒法時代後初となるこのウィスキー蒸留所では、ウォツカにジン、ウィスキー、地元産の穀物や農産物を使ったスピリッツが作られています。ニューヨーク州生まれのりんごで作ったフレッシュ・プレス・アップル・ウォツカを味わってみませんか。

キャッツキル山地(Catskill Mountains)の純水とニューヨーク州産の果物と植物を利用する農場蒸留所、キャッツキル・ディスティリング・カンパニー(Catskill Distilling Company)のテイスティングルームに足を運びましょう。たとえば、キュリアスジンには地元産のジュニパーベリーが使われています。

ニューヨーク州のタットヒルタウンスピリッツでテイスティング

ニューヨーク州のタットヒルタウンスピリッツでテイスティング
詳細を表示

アクセス方法

ニューヨーク市のジョン F. ケネディ国際空港とニュージャージー州のニューアーク国際空港からニューヨーク州に入り、ロングアイランドマッカーサー空港、スチュワート国際空港、オールバニー国際空港、シラキュースハンコック国際空港、グレーターロチェスター国際空港、バッファローナイアガラ国際空港から、それぞれ 1 時間のフライトで州のどの場所にもアクセスできます。

さらに調べる