Skip to main content
ルイジアナ州ニューオーリンズの中庭で楽しむ食事
Zack Smith
1 / 1
  • 州:
    ルイジアナ州

ニューオーリンズは当然ながら、アメリカ南東部のグルメの中心地の 1 つとしての地位を確立しています。

この都市には、意味深い物語や伝説的な音楽スポットがたくさんありますが、レストランも同じくらいたくさんあります。多くの地区で新しいお気に入りの料理が見つからないということはほとんどあり得ません。各国の料理から新しい影響を受けることで、味を新たな高みに押し上げる一方で、伝統料理は味を進化させ続けています。ニューオーリンズのすべての料理の背後に物語があり、精力的なシェフ、創造力のあるバーテンダー、先駆的な革新者などの人物が存在しています。

独創的なカキの炭火焼き

ランチを求める人々が集まり始めるころまでに、ドラゴズ・シーフード・レストラン(Drago’s Seafood Restaurant)のオープンエアーキッチンはすでにフル稼働しています。ドラゴズの有名なカキの炭火焼きは直火で調理されますが、二枚貝はバター、ニンニク、コショウ、オレガノ、パルメザンチーズ、ロマーノチーズ、イタリアンパセリを混ぜ合わせた調味料で味付けされます。常連客は、席に向かう途中に立ち寄ってのぞき見します。総支配人のトミー・ツビタノヴィッチがグリルの後ろにいるのを見かけることもあります。ショーマンでありキッチンの達人でもあるツビタノヴィッチは、自分が偶然考案した独創的なカキの炭火焼きの利点を喜んで説明してくれます。むきたてのカキを最適なトッピングと一緒に絶妙に焼いた料理は絶対に食べるべきです。しかし、メニューには注文に加える価値がある魅力的な料理が他にもあります。シーフード好きの方はおいしいエビのバーベキューにぜひ挑戦してください。冒険好きな方には風味の良いブラックンドアリゲーターのタコスがおすすめです。

ドラゴズの有名なカキの炭火焼きは直火で調理されます

ドラゴズの有名なカキの炭火焼きは直火で調理されます
詳細を表示

定番から流行のものまでさまざまなクラフトカクテル

ディナーの前後の一杯は、カクテル発祥の地、ニューオーリンズでは完全に理にかなっています。アップタウン地区の活気に満ちた大通り、フレレットストリートに向かいましょう。この通りにはコーヒーショップ、独立系ショップ、スタイリッシュで型破りなレストランやバーが立ち並んでいます。その中に2018年のジェームズビアード賞の最優秀カクテル部門の受賞店であるキュア(Cure)があります。このバーは、当然ながらハッピーアワーの人気スポットになっています。ハッピーアワーの間は、アルコール度の高い発泡性のシャンパンパンチが提供されますが、消防署を改装したおしゃれなバーのメインメニューとなっているのはクラフトカクテルです。天井まで届く高さの棚には、カクテルに生まれ変わるのを待つスピリッツのボトルが並んでいます。バーカウンターの奥では、バーテンダーが、ライウイスキーをベースにしたサゼラックやブラックベリーのリキュール入りのブランブルをプロの正確な技で作っています。ルビーレッドのガンショップフィズを試して、ストロベリー、シンプルなシロップ、シトラスとペイショーズビターズが互いを補って生み出す味に酔いしれてください。マルディグラの定番をアップデートしたオヘンフラッペもおすすめです。豪華なピンクの液体に雪のような円すい状のものを乗せたカクテルです。さまざまな種類のタパスも用意されています。ドリンクに合わせて、「おばあちゃんのミートボール(Nonna’s meatballs)」、白インゲンマメのブルスケッタ、スモークしたマスのディップなどを注文するとよいでしょう。一番のお気に入りを決めるのは簡単ではありません。シックな雰囲気のカクテルや驚くようなカクテルもあります。もちろん、一杯ずつゆっくりと味わううちに、答えがわかるでしょう。

キュアで提供される手作りカクテル

キュアで提供される手作りカクテル
詳細を表示
詳細情報

東南アジアとルイジアナ州の味の出会い

アート/ウェアハウス地区にあるメイポップ(Maypop)では、「トゥデイショウ(Today Show)」と「アイアンシェフ(Iron Chef)」に出演したニューオーリンズのシェフ、ミカエル・グロッタの実験的な最新料理を満喫できます。店内には、モダンなインダストリアルデザインと南部の心温まる雰囲気を組み合わせた装飾が施されています。ダイニングスペースは、両面がある巨大な木製の壁で区切られています。この壁の片側にミシシッピ川デルタ地帯(Mississippi River Delta)を、反対側にベトナムのメコンデルタ地帯(Mekong Delta)を描くことで、レストランのコンセプトをそれとなく伝えています。ニューオーリンズ出身のグロッタは、自分のルーツを尊重しながら、自分が好きなコンフォートフードのベトナム料理をメニューに取り入れています。その結果、カリッとしたカキフライとバーボン風味の大豆のアイオリ、スパイシーなキュウリとマンチェゴチーズ、ブルークラブとポークソーセージで和えた手延べ麺と言った独創的な組み合わせの料理が生まれました。このレストランの料理を一口食べれば、ルイジアナ州のバイユーから東南アジアに旅した気分になれます。

ルイジアナ州とベトナムの両方を象徴する壁画を背景にしたメイポップでの食事

ルイジアナ州とベトナムの両方を象徴する壁画を背景にしたメイポップでの食事
詳細を表示
詳細情報

アクセス方法

ニューオーリンズのルイアームストロング国際空港に到着したら、レンタカー、タクシー、またはシャトルバスで市内に向かいます。

さらに調べる