Skip to main content
ニューメキシコ州にあるカールズバッド洞窟群国立公園の驚くべき地下内部
1 / 1
  • 州:
    ニューメキシコ州

洞窟を探検して、ニューメキシコ州の自然史や文化遺産に触れてみませんか。

壮大な火山活動で生み出された洞窟。原始的な道具を使って岩に掘られた、古代文化が遺した洞窟。ニューメキシコ州の驚異の洞窟は、気軽に地下を歩きたい方にも、辺境を目指すハードな冒険がしたい方にも理想の場所です。また、素晴らしい洞窟のほか、地上の風景や近隣の町の観光なども、同じく楽しめることでしょう。

カールズバッド洞窟群国立公園

カールズバッド市に近いこの国立公園には、ニューメキシコ州の有名なバットフライト野外劇場(Bat Flight Amphitheater)があります。春から秋にかけての日暮れ時には、ここでドラマチックな光景を目にすることができます。ブラジルオヒキコウモリが、昆虫を探すために洞窟から飛び立って行く瞬間です。コウモリの一群は夜明け直前に戻り、また洞窟に帰って行きます。公園内には 100 以上もの洞窟があり、自分で、あるいはレンジャーが案内するツアーで、さまざまな洞窟を探検できます。公園でのハイライトは、園内で一番多く人が訪れる場所であるビッグルーム(Big Room)へと続く道を 2 つから選ぶこと。45 分間の短いコースか 90 分間の長いコースかを選べます。地下洞窟の内部や、1920 年代の縄ばしごといった遺物に、目を見張らずにはいられません。

カールズバッド洞窟国立公園の別世界のような地下洞窟

カールズバッド洞窟国立公園の別世界のような地下洞窟
詳細を表示

エルマルパイス国定公園

小さな町グランツの近郊には崩落した古代の溶岩洞があり、地下内部のほか植物やコウモリを見ることができます。一般公開されている 5 つの洞窟に入るには、ビジターセンターで無料の許可証を取得してください。ハイキングブーツ、ヘルメット、懐中電灯、手袋など、適切な装備もお忘れなく。洞窟の通路は、岩を乗り越えたり狭い所を通ったりというハードなものから、明かりがルートを示してくれる中級程度のものまであります。近くには、歴史ある氷の洞窟交易所(Ice Caves Trading Post)のショップと博物館も建っていますので見学してみてください。その後はジュニパーやモミ、ポンデローサ松の木陰を歩いて、「火と氷の地」として知られる氷の洞窟(Ice Cave)とバンデラ火山(Bandera Volcano)へ向かいましょう。洞窟に入ったらひと休み。内部は常に 0 度に保たれ爽やかです。

エルマルパイス国定公園にそびえる木々と岩石層

エルマルパイス国定公園にそびえる木々と岩石層
詳細を表示

ヒーラ岩窟住居国立史跡

ここは、観光客が岩窟住居に入れる数少ないスポットです。シルバーシティから約 1 時間半、ヒーラ国立森林公園(Gila National Forest)とヒーラ自然保護区(Gila Wilderness)に囲まれている公園です。環状トレイルをハイキングして岩や木の階段を上り、洞窟に向かいましょう。この洞窟は 1200 年代後半にまで遡るもので、かつては遊牧民モゴヨンプエブロ族が住居としていました。彼らが洞窟内に造った壁や、眼下に広がる峡谷の素晴らしい景色をぜひご覧ください。住居見学の後は、ビジターセンターから 20 分歩いて、ライトフェザー温泉(Lightfeather Hot Spring)にちょっと浸かってみましょう。

岩窟住居から見下ろす、ヒーラ岩窟住居国立史跡の荒涼とした風景

岩窟住居から見下ろす、ヒーラ岩窟住居国立史跡の荒涼とした風景
詳細を表示

オルガン・マウンテンズ・デザート・ピークス国定公園

ラスクルーセスから東へ約 30 分行くと、オルガン山脈、シエラ山脈、イーストポトリヨ山脈を含む広大な山の原生地域に到着します。ここには、ジェロニモの洞窟(Geronimo’s Cave)やラ・クエバ・ロック・シェルター(La Cueva Rock Shelter)など、歴史上有名な洞窟があります。かつて溶岩が流れていた火山域に、1 万年前には古代の文化が生きていました。峡谷の壁に刻まれた遠い昔の岩面彫刻や、先史時代の人々が暮らし、後に無法者が隠れ家にした洞窟、250 近くの遺跡に囲まれた過去の村々が訪れる人を待っています。

オルガン山脈の最高峰オルガンニードルから望む山々

オルガン山脈の最高峰オルガンニードルから望む山々
詳細を表示

バンデリア国定公園

サンタフェ郊外を車で約 1 時間走ると、1 万 3,300 ヘクタールを超える広大な峡谷とメサの景観が楽しめます。メインループトレイル(Main Loop Trail)、別名プエブロ・ループ・トレイル(Pueblo Loop Trail)を歩いて、驚くような岩面彫刻や手づくりの壁がある洞窟住居を見学しましょう。一部の古代の家は、火山性凝灰岩を使って峡谷の底近くに造られています。その他の家は洞窟状のもので洞穴状住居と呼ばれており、内部に壁で仕切られた部屋があります。これらは約 850 年前に、古代プエブロ族の人々が峡谷の側面を掘って作りました。この公園の観光には、テュオニ・オーバールック・トレイル(Tyuonyi overlook Trail)をたどるのもおすすめです。特に、レンジャーがメサを案内してくれるハイキングをぜひご体験ください。峡谷の景色は驚くほど素晴らしく、ほこらや原産の植物、かつて古代プエブロ族が住んでいた部屋の跡などを見ることができます。

バンデリア国定公園の洞窟入口に続くはしご

バンデリア国定公園の洞窟入口に続くはしご
詳細を表示

サンディアマン洞窟、シボラ国立森林公園および国立草原

サンディア山脈のアルバカーキから約 1 時間の場所には、大いなるシボラ国立森林公園および国立草原(Cibola National Forest and National Grasslands)が広がっています。ここでの目的地は、考古学的遺跡のサンディアマン洞窟(Sandia Man Cave)。ラス・ウエルタス・キャニオン(Las Huertas Canyon)の壁にあり、ハイキングで気軽に行けますが、急勾配です。石灰岩の岩棚へと続く階段を、頑張って上りましょう。ご褒美は、まるで窓から見るように見渡せる周囲の絶景です。洞窟探検用の装備を整えている場合は洞窟内に足を踏み入れ、サンディアプエブロ族が築いた文化的にも歴史的にも重要な場所を間近に見ることができます。矢じりや動物の骨といった生活用品は、1930 年代半ばに発見されたもの。近代の大学生が、古代の洞窟を発見した後のことです。

シボラ国立森林公園および国立草原を背景にしたサンディアマン洞窟の内部

シボラ国立森林公園および国立草原を背景にしたサンディアマン洞窟の内部
詳細を表示

アクセス方法

ニューメキシコ州の中心近くにあるアルバカーキ・インターナショナル・サンポート空港(ABQ)まで飛行機で行き、レンタカーを借りて州各地にある公園や洞窟に向かいます。

さらに調べる
土を使ったアドビ建築の家

旅行先

サンタフェ

ライペリアン・プリザーブ・アット・ウォーターランチの保護区にあるサワロサボテンの自生地をハイキング

旅行先

ギルバート