Skip to main content
ロックの殿堂

オハイオ州

音楽のルーツ:オハイオ州クリーブランド

1 / 1
  • 州:
    オハイオ州

数十年前、アメリカの音楽界に大旋風が巻き起こりつつあった時オハイオ州クリーブランドにいた 1 人の DJ が作り出した言葉に火がつきました。

「ロックンロール」という言葉が生まれたクリーブランドは、ロックムーブメントを察知した都市として確固たる地位を得ました。中西部のエリー湖のほとりにある勤勉な労働者の町にすぎなかったクリーブランドは、以降、プリテンダーズ、ザ・ブラック・キーズ、トレイシー・チャップマンなどのアーティストを輩出してきました。クリーブランドには最多の訪問数を誇るロックの殿堂の他にも、ロックにまつわる見どころがたくさんあります。

地元出身のドラマー兼作曲家、アンソニー・タッデオは、アメリカとヨーロッパの各地を旅した後、盛り上がりを見せている音楽シーンに貢献するため、自分の故郷の町に戻って音楽活動を始めました。アンソニーのクリーブランドツアーの最初の公演会場は、もちろんビーチランド・ボールルーム・アンド・タバーン(Beachland Ballroom & Tavern)。このライブハウスは、1950 年代に隆盛を極めつつあったノースコリンウッド地区にある人気のスポットでした。元はクロエシアン・リバティ・ホーム(Croatian Liberty Home)として建てられ、現在は地元のアーティストによるロックやポップスの演奏や、地元産の食材を使った料理が楽しめる空間となっています。1931 年よりクリーブランド管弦楽団(Cleveland Orchestra)の本拠地となっているセベランスホール(Severance Hal)も一見の価値があります。内装、外装のどちらにも豪華な古典様式とアールデコ様式が採用されています。アンソニーが音楽愛好家に自信を持っておすすめするのが、中西部で一番のジャズのライブハウス、ザ・ボップ・ストップ(The Bop Stop)。さえぎるもののないエリー湖の眺めも最高です。

アンソニー・タッデオ

アンソニー・タッデオ
詳細を表示

地元の人たちのたまり場では町の雰囲気を味わうことができますが、ロック音楽ファンなら、クリーブランドを象徴する観光スポット、ロックの殿堂(Rock & Roll Hall of Fame)は外せません。建物はイオ・ミン・ペイの設計によるもので、1995 年のオープン以来、1 千万以上の人々が訪れています。ここには、ジョニー・キャッシュが使用していたフェンダーのギター、スプリームスのきらびやかな衣装の数々、ジョン・メレンキャンプのオートバイなどが展示されています。

クリーブランドに創造的な文化が深く根付いていることは、クリーブランド美術館(Cleveland Museum of Art)などのトップクラスの美術館があることからもうかがえます。この美術館は入場無料で、年間を通して優れた展示が行われており、ビジネスインサイダーで 2 位にランクインしました。鏡が張られた多面体の建築が特徴的な現代美術館(Museum of Contemporary Art)では大胆な幻視芸術を扱っており、78th ストリート・スタジオズ(78th Street Studios)はさまざまなギャラリーを擁しています。ダウンタウンを訪れた際には、ニューヨーク市以外で最大のパフォーミングアートセンターであるプレイハウススクエア(Playhouse Square)で話題のブロードウェイ作品を鑑賞してみてはいかがですか。

ロックの殿堂

ロックの殿堂
詳細を表示

地元産の食材への関心の高まりを受け、中西部のフードシーンが再び注目を集めています。1912 年に設立されたクリーブランド最古の公営ファーマーズマーケット、ウェスト・サイド・マーケット(West Side Market)は要チェック。100 以上の店舗が並ぶマーケットで、地元の食べ物を見たり味わったりしましょう。本格的なおいしいピザを食べてみたいときはシティズンパイ(Citizen Pie)へ。リトアニア出身の所有者兼経営者は、イタリアのナポリで腕を磨きました。グレート・レイクス・ブリューイング(Great Lakes Brewing)もぜひ訪ねてみましょう。クリーブランド出身の有名シェフ、マイケル・シモンが所有するローラ(Lola)のスタイリッシュな空間で、素朴な料理を味わってみてはいかがですか。

ウェスト・サイド・マーケット

ウェスト・サイド・マーケット
詳細を表示

ブルーカラーの伝統とロックンロールの精神を宿すクリーブランドは、現在も進化を続けています。ロックが誕生して間もない 1950 年代から、パンクブームが到来し 1970~80 年代のニューウェーブを迎えるまで、一見静かに見える中西部のこの都市では、音楽と文化に対する見方が大きく変化し続けてきました。

さらに調べる