Skip to main content
ミシガン州グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
1 / 7
ミシガン州グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園の乾燥地帯庭園

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
2 / 7
ミシガン州グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園の葉が生い茂った植物

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
3 / 7
ミシガン州グランドラピッズの道路の光景

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
4 / 7
ミシガン州グランドラピッズの中心部の情景

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
5 / 7
ミシガン州グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園のニューロン彫刻

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
6 / 7
ミシガン州グランドラピッズで食事を楽しむ人々

ミシガン州

ミシガン州グランドラピッズ:小さな町の趣がある都会の隠れ家

提供: Victoria Shepherd

Anton Fresco/James McGaw
7 / 7
  • 州:
    ミシガン州

最近ミシガン州グランドラピッズで 2、3 日過ごしました。都会の洗練と小さな町の魅力がまじりあった、とても魅力的なところです。

優れたアート、ショップ、レストラン、わくわくするようなナイトライフ、カルチャーイベントを楽しめるグランドラピッズは、休暇を過ごすのに理想的な町です。旅人を引き付ける魅力がたくさんあるこのエネルギーにあふれた活気ある町に、遠くから人々がやってくることに何の不思議もありません。ロンリープラネットもそのことを認めています。グランドラピッズとミシガン州のゴールドコーストを、「2014 年に訪れるべき No. 1 の場所」に選んでいます。

地元の産物がすべてそろうダウンタウンマーケット

到着してまずダウンタウンマーケット(Downtown Market)に向かいました。年中無休のこの屋内と屋外の施設では、生鮮食品、職人の手になる特産品、花、フードスタンドが並び、さらに地元のエンターテインメントも楽しめます。リンゴとクランベリーのクロワッサンを 1 個軽く食べ、この上なく新鮮なサーモンと油がたっぷりのったフィレミニョンに舌鼓を打ってから、チルドレンズキッチン(Children’s Kitchen)と温室を巡るツアーに参加しました。料理クラスも定期的に開催されています。

グランドラピッズのダウンタウンマーケットの眺め

グランドラピッズのダウンタウンマーケットの眺め
詳細を表示
Anton Fresco/James McGaw

すばらしいフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園

この町に滞在するなら、フレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園(Frederik Meijer Gardens & Sculpture Park)を必ず訪れてください。敷地面積 53 ヘクタールのこの公園はダウンタウンからほんの 15 分のところにある野外のオアシスです。ここではさまざまな感覚を喜ばせる芸術と自然の傑作を体験しました。子ども向けに感覚に訴える展示を行っているレナ・マイヤー・チルドレンズ・ガーデン(Lena Meijer Children’s Garden)から、アメリカで最大の蝶の仮設展示がある熱帯植物温室(Tropical Conservatory)まで、この公園はだれもが楽しめる場所です。

ロキシー・ペイン作の思わず驚くような「ニューロン彫刻」とオーギュスト・ロダン作の「接吻」を鑑賞してから、ニーナ・アカム作の高さ 7 メートルの圧倒的な「アメリカンホース」の下に立ちました。英国の世界的に有名な彫刻家デビッド・ナッシュの作品を見られたのは幸運でした。あっという間に私のお気に入りのアーティストになったデボラ・バターフィールドの馬の彫刻も数点展示されていました。

音楽好きなら、屋外コンサートの美しい会場となっている円形劇場がおすすめです。夏に草で覆われた階段状の座席にブランケットを広げて有名アーティストの演奏を聴けば、最高の気分です。

グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園の彫刻「アメリカンホース」

グランドラピッズにあるフレデリック・マイヤー庭園&彫刻公園の彫刻「アメリカンホース」
詳細を表示
Anton Fresco/James McGaw

ダウンタウンで楽しむショッピングとビール文化

ナイトライフを楽しむために夜の町に繰り出す前にこの日最後に立ち寄ったのは、モンロー(Monroe)とディビジョン(Division)にある楽しいモディブ(MoDiv)地区です。ここではジーナズブティック(Gina’s Boutique)でちょっとショッピングをしました。並木道の歩道があるこのエリアは、夜遊びのための服を買うのにうってつけの場所でした。

ここは、ビール通、旅人、パーティーピープルも等しく楽しめる場所です。グランドラピッズはある国内調査で「アメリカのビールシティ」にも選出されたこともあります。ダウンタウンの多くのビール醸造所、レストラン、バーで、クラフトビールの愛好家を見かけます。

私は活気あるアイオニアアベニュー(Ionia Avenue)とオーガニック認証を受けているグランドラピッズ・ブルーイング・カンパニー(Grand Rapids Brewing Company)に向かいました。彼らは自社で穀物を挽いてビールを醸造しています。この町では、ホップキャット(HopCat)とファウンダーズ・ブルーイング・カンパニー(Founders Brewing Company)もぜひ訪れてみたい場所です。

もうおわかりでしょう。ミシガン州グランドラピッズは「クール」だけでは言い尽くせない最高の町です。アメリカ国内で次の旅を計画するなら、この町をぜひご検討ください。

グランドラピッズ・ブルーイング・カンパニーのバー

グランドラピッズ・ブルーイング・カンパニーのバー
詳細を表示
Anton Fresco/James McGaw

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ