Skip to main content
ワールドクラスのドライラブのリブ料理を提供するメンフィスの有名店、チャーリー・ヴァーゴズ・ランデヴー

テネシー州

メンフィス:南部特有のコンフォートフードシーンの定番店とニューカマー

提供: Idoia Gkikas

David Meany
1 / 1
  • 州:
    テネシー州

音楽から歴史、文化まで、いろんな分野のファン必見の街、メンフィス。

この町の名所といえば、エルビス・プレスリーの旧邸宅グレースランド(Graceland)、ビールストリート(Beale Street)に立ち並ぶブルースバー、国立公民権運動博物館(National Civil Rights Museum)、そして由緒あるオルフェルム劇場(Orpheum Theater)でしょう。また、ブルースやロックンロール発祥の地としても知られていますが、実はグルメシーンも充実。伝統的な南部料理をベースにメンフィスらしい大胆なスタイルを取り入れたグルメで多くの訪問者を魅了しているのです。ここでは、メンフィスでグルメを満喫するのにぴったりの 7 つのお店をご紹介します。

フェリシアスザンヌズ:一工夫を加えた南部料理

ダウンタウンにあるフェリシアスザンヌズ(Felicia Suzanne's)では、バターミルク・フライド・チキン・レバーやカリカリに焼いたウズラ、コーンミールクラストのキャラメルオニオンタルトなど、現代風にアレンジされたコンフォートフードを味わうことができます。金曜日のランチメニューはマティーニが 25 セントで飲めるのでおすすめ。素敵なパティオにある屋外席ならば、さらに気分が盛り上がるでしょう。

庭園のような雰囲気が漂うフェリシアスザンヌズのパティオの屋外席

庭園のような雰囲気が漂うフェリシアスザンヌズのパティオの屋外席
詳細を表示

チャーリー・ヴァーゴズ・ランデヴー:メンフィスの有名バーベキューレストラン

チャーリー・ヴァーゴズ・ランデヴー(Charlie Vergos' Rendezvous)はバーベキューレストランの超有名店ですが、その入り口はひっそりとした路地裏にあります。創業は 1949 年ごろですが、創業以来ずっと街を代表するレストランとして名を馳せてきました。大好評の炭焼きのドライラブのリブ料理で地元の人びとを魅了し続けている大人気店なので、メンフィスを訪れた際はぜひ足を運んでみてください。

チャーリー・ヴァーゴズ・ランデヴーの名物中の名物、バーベキューポークを調理するスタッフ

チャーリー・ヴァーゴズ・ランデヴーの名物中の名物、バーベキューポークを調理するスタッフ
詳細を表示
Craig Thompson

イッタベナ:洗練された空間で定番の味を

B.B.キングズ・ブルース・クラブ(B.B. King's Blues Club)の上階にあるイッタベナ(Itta Bena)は、街有数の好立地にあるレストラン。特に窓際席は、世界的に有名なビールストリートが見渡せる特等席です。ここではダック&ワッフル(伝統的なチキン&ワッフルのアレンジ)やスパイシーなジャンバラヤ風パスタなどの名物料理を試してみてください。

ビールストリートにある B.B. キングズ・ブルース・クラブの上階にあるイッタベナで本格的な南部料理をどうぞ

ビールストリートにある B.B. キングズ・ブルース・クラブの上階にあるイッタベナで本格的な南部料理をどうぞ
詳細を表示
Alex Shansky
詳細情報

ソウル・フィッシュ・カフェ:シーフード料理やポーボーイサンドイッチをはじめ、豊富なメニューが自慢

地元の人気店ソウル・フィッシュ・カフェ(Soul Fish Cafe)では、ナマズのフライが絶対おすすめ。ポーボーイサンドイッチやタコスの具材に選んでみてください。バスケットで注文してたっぷり味わうのもいいでしょう。そのカリカリ具合はまさに絶妙で、ハッシュパピー(コーンミールの揚げ物)と一緒に食べると最高です。グリーントマトのピクルス、キャベツのケイジャン風、サヤマメ、カラードグリーンなど、野菜のサイドディッシュも多彩です。

大好評のナマズのフライや絶品のポーボーイサンドイッチが名物のソウル・フィッシュ・カフェ

大好評のナマズのフライや絶品のポーボーイサンドイッチが名物のソウル・フィッシュ・カフェ
詳細を表示
Leah Gafni

キャサリン&マリーズ:昔ながらのイタリア料理

おばあちゃんがつくったようなほっこり優しいイタリアンをお望みなら、キャサリン&マリーズ(Catherine & Mary's)へ。ジェームズ・ビアード財団賞にノミネートされたシェフが腕をふるうレストランです。このご近所レストランは懐かしのイタリア料理を専門に提供するお店で、スプンティーニ(前菜の小皿料理)、絶品パスタ、柔らかい肉料理、甘いイタリアンデザートなどが楽しめます。きめ細かなサービスにもこだわりを持っています。

おばあちゃんがつくったようなほっこり優しいイタリア料理が自慢のキャサリン&マリーズ

おばあちゃんがつくったようなほっこり優しいイタリア料理が自慢のキャサリン&マリーズ
詳細を表示
Cara Greenstein

オールド・ドミニク・ディスティラリー:リニューアルした歴史ある蒸溜所

オールド・ドミニク・ディスティラリー(Old Dominick Distillery)のウイスキーは、メンフィスで 1866 年に誕生しました。2017 年の春には、ダウンタウンにある蒸溜所が改装を経てリニューアルオープンしました。蒸溜所では見学ツアーを実施しており、ウォッカやウイスキーを試飲できます。柑橘類、ハチミツ、ボタニカルとハイライバーボンをミックスしたメンフィストディー(Memphis Toddy)をクラックドアイスに注いで、メンフィス独特の蒸留酒をじっくり堪能してみましょう。道路を挟んだ向かいにはガスズ・ワールド・フェイマス・フライド・チキン(Gus's World Famous Fried Chicken)があるので、お腹が空いたら訪れてみてください。

ザ・セカンド・ライン:ニューオーリンズの味わいをメンフィスで

受賞歴のあるシェフ、ケリー・イングリッシュが腕をふるっているのがザ・セカンド・ライン(The Second Line)。じっくり煮込んだローストビーフのポーボーイサンドイッチ、ガンボ、メキシコ湾産の牡蠣を使った料理などのルイジアナ州の名物料理を提供するレストランです。ここは立地にも恵まれており、再生計画によって劇場やライブミュージックなどのエンターテイメントやグルメの中心地となったオーバートンスクエア(Overton Square)のすぐそばにあります。

オーバートンスクエアのそばにあるザ・セカンド・ラインのポーボーイサンドイッチは、いつでも最高の味

オーバートンスクエアのそばにあるザ・セカンド・ラインのポーボーイサンドイッチは、いつでも最高の味
詳細を表示
Alex Shansky

アクセス方法

メンフィス国際空港(Memphis International Airport、MEM)へは、アトランタ、ヒューストン、ダラス、シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの主要都市から直行便が運航されています。空港からの移動には、レンタカー、タクシー、Lyft や Uber の配車サービスをご利用ください。

さらに調べる
オーク・ヘイブン・リゾートのログキャビン

旅行先

セバービル