Skip to main content
メイン州沿岸の沖合 16 キロメートルに浮かぶモンヒーガン島とさらに小さいマナナ島

メイン州

メイン州沿岸沖のモンヒーガン島を探索

1 の 4
モンヒーガン島の海岸線に沿って家が立ち並ぶ海辺の景色

メイン州

メイン州沿岸沖のモンヒーガン島を探索

2 の 4
モンヒーガンハーバーに停泊中のロブスターボート

メイン州

メイン州沿岸沖のモンヒーガン島を探索

3 の 4
メイン州モンヒーガン島の岩磯

メイン州

メイン州沿岸沖のモンヒーガン島を探索

4 の 4
  • 州:
    メイン州

16 キロメートルの沖合に浮かぶ小さなモンヒーガン島は、メイン州のミニチュア。283 ヘクタールほどの島を表現したアーティストのこの言葉が、ダウンイーストと呼ばれる長い海岸線の素晴らしさをうまく物語っています。

東側の海岸には、打ち寄せる大西洋の波を受けてそびえ立つ断壁に、岬が突き出します。村がある西側の海岸からは、島を縦横に走る 27 キロメートルの木のトレイルを歩くハイキングに出発できます。年間を通じてこの島に住んでいるのは、約 60 人にすぎません。車も舗装道もなく、1984 年までは電気すら通っていませんでした。この島にあるのは、平和と静けさ、そして大勢のアーティスト達です。

昔からのアーティストの安息地

モンヒーガン島(Monhegan)が初めて地図に載ったのは、バージニア州の植民地指導者ジョン・スミスがここを訪れた 1614 年のことです。しかし、1858 年に画家のアーロン・ドレイパー・シャタックが訪れるまで、芸術の世界でこの島に注目する人はいませんでした。

その後何年にも亘り、エドワード・ホッパー、ロバート・ヘンリー、ジェイミー・ワイエスなどのアーティストが、驚くほど明るく岩だらけの風景を求めて島を訪れるようになりました。1950 年代初めにトーマス・エジソン・ジュニアが推し進めた保護運動のおかげで、モンヒーガン島の 3 分の 2 は手付かずの大自然の状態のまま維持されています。観光客はフェリーで到着すると、小ぢんまりとした海辺の村に足を踏み入れます。ギャラリー、ロブスター漁船、市場、レストラン、ホテルなど、島の文明のほぼ全てがこの村に集中しています。夏に一般公開される 20 ものアーティストスタジオなど、すべて歩いて数分の距離にあります。

モンヒーガン島のアイランドイン

モンヒーガン島のアイランドイン
詳細を表示

島を探索

町のいたるところに置いてあるトレイルマップを手に入れたら、島の中央にある森へ出かけましょう。北東方向へ進み、古い氷の池を通り過ぎて聖堂の森(Cathedral Woods)へ向かうと、そこはソーローが見たらきっと心を奪われたに違いない、高いモミやトウヒの木々が立ち茂る神聖な空間です。道はコケ、シダ、野生の草花に覆われた絨毯のようです。ここから海岸に沿って南に進み、バーンヘッド(Burnt Head)に向かいます。49 メートルというメイン州最高レベルの高さを誇り、夏には海鳥の鳴き声がにぎやかに響き渡る海食崖です。海岸沿いの低い場所では、特に半潮の時に、岩陰で遊ぶ大勢のゴマフアザラシを見ることができます。ぶらぶらと町まで戻る途中に、1824 年以来船乗り達の目印としての役割を果たしているモンヒーガン島灯台(Monhegan Island Light)があります。隣にある灯台守の小屋は、現在モンヒーガン美術館(Monhegan Museum)となっており、島の生活全般についての展示や、ロックウェル・ケントやホッパーなどのアーティストによるモンヒーガン島に関連する作品が見られます。

町に戻ると、文字通り港から石を投げれば届きそうな場所に、100 年の歴史を誇るアイランドイン(Island Inn)が、断崖の頂上にその姿を構えているのが見えます。1816 年から 1910 年の間に建てられたこのホテルは、モンヒーガン島で最も大きく快適です。典型的なメイン州スタイルの内装が施された 34 の客室には、アンティーク家具、塗装で仕上げた木の床、心地よい羽毛の寝具が備わっています。テレビや電話に邪魔されることがないので、ホテルの広いポーチに出て本物のエンターテイメントを楽しみましょう。メイン州の海岸線を背景に海に沈む夕日を眺めることができます。これで、アーティストたちがこの島を訪れ滞在した理由が分かることでしょう。

モンヒーガン島の海岸線に沿って島を探索

モンヒーガン島の海岸線に沿って島を探索
詳細を表示

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ