Skip to main content
マウイ島の風景

ハワイ

マウイ島で味わう多国籍料理

提供: Samantha Crespo

Dana Edmunds/Hawaii Tourism Authority
1 の 1
  • 州:
    ハワイ

マウイ島のフードシーンでは、アジア、ヨーロッパ、ハワイ諸島の味覚を融合した多国籍料理と同様に、現地の食材も人気があります。

1800 年代、さとうきびやパイナップルのプランテーションでは、東洋と西洋から来た労働者が働いていました。このように外からやって来た人々が互いの料理の伝統を分かち合ったことが、20 世紀のハワイ・リージョナル・キュイジーヌ(Hawaii Regional Cuisine)に大きな影響を与えました。多様な食文化の技術で新鮮な食材とシーフードを調理したこのハワイ料理は、すなわちマウイ料理を意味するようになり、このスタイルがハワイ・リージョナル・キュイジーヌという名前で呼ばれることはほとんどなくなりました。

マウイ島のおすすめ食事スポット

マウイ島(Maui)の西部地区と南部地区のレストランでは大抵、眼前に広がる海の景色を眺めながら獲れたてのシーフードが楽しめます。カジュアルな市場スタイルのお店から、キャンドルの灯りの下で食事をするお店まで、さまざまなタイプの飲食店があります。マウイ島の中央部とキヘイの海沿いの町には、いつでも気軽に立ち寄れる家族経営の食堂やエスニック料理の飲食店があり、とてもカジュアルな雰囲気が特徴です。

マウイ島のレストランでは、このような黒板に、シェフが使用する地元の新鮮な食材を提供した農場や漁師について詳しく説明しています。

マウイ島のレストランでは、このような黒板に、シェフが使用する地元の新鮮な食材を提供した農場や漁師について詳しく説明しています。
詳細を表示

特におすすめのスポット

マウイ島で最も人気のシェフ達は、地元のシーフードと、ハレアカラの斜面に段々畑が広がるマウイ島のアップカントリーの豊かな実りを大切にしています。カーナキッチン(Ka‘ana Kitchen)などの評判のファミリースタイルレストランで、オパカパカ(ピンクスナッパー)やリリコイ(パッションフルーツ)を味わってみてください。きっとその人気の理由が分るでしょう。マウイ島の先住民でありシェフのアイザック・バンカコ率いるカーナキッチンでは、梨、柔らかい和牛、新鮮なアワビなどの食材の 85 %をマウイ島の農園、牧場、漁師から調達しています。

使用する食材の 85 %をマウイ島の農家、牧場、漁師から仕入れているカーナキッチンのようなレストランで、舌鼓を打ちませんか。

使用する食材の 85 %をマウイ島の農家、牧場、漁師から仕入れているカーナキッチンのようなレストランで、舌鼓を打ちませんか。
詳細を表示

マウイのフードトラック

マウイ島には、多国籍料理や現地の料理をさまざまな形で売りにするフードトラック(移動式屋台)があります。ソーシャルメディアでチェックしたり、人だかりが出来ている店に並んだりして、マウイの絶品フードを体験しましょう。マウイ・フレッシュ・ストリーテリー(Maui Fresh Streatery)ではフライパンで焼いたアヒ(キハダマグロ)のサラダニソワーズを注文しましょう。ライクポーク(Like Poke)ではトマトとオニオンをトッピングしたアヒの揚げ物がおすすめ。ウラウラ(Ula Ula)のサイミンの焼きそばや海老天タコス、デザートにはドーナツダイナマイト(Donut Dynamite)のグアヴァ・クリーム・マラサダスはいかがですか。これはマウイ島で収穫した甘いグアヴァフルーツを煮詰めてフィリングにしたポルトガルスタイルのドーナツです。

マウイのフードトラックを追いかけて、マラサダのような地元の絶品フードに舌鼓を打ちましょう。

マウイのフードトラックを追いかけて、マラサダのような地元の絶品フードに舌鼓を打ちましょう。
詳細を表示

その他のおすすめ

ディナーとショーを楽しみたい気分なら、ナイフファイト(Knife Fight)でテーブルを予約しましょう。地元で評判が高いくつろいだ雰囲気のバーガーショップ、カウビッグバン(CowPigBun)では、毎月 2 人のシェフが一般的な食材を使って短時間で 3 品のコース料理を完成させるイベントを開催しています。マウイ・ブルーイング・カンパニー(Maui Brewing Co.)の手焼きココナツを原料とするココナツポーターを味わいながら、審査員の前で繰り広げられるシェフのバトルに興じましょう。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ