Skip to main content
マサチューセッツ州の海岸で味わうシーフード

マサチューセッツ州

マサチューセッツ州の海岸で味わうシーフード

提供: Heather Lalley

1 / 1
  • 州:
    マサチューセッツ州

マサチューセッツ州の海岸で 1 日のんびり過ごすなら

カヌーやカヤックで水路ツアーに参加したり、ビーチ沿いを散策して灯台や古風なコテージを眺め、すがすがしい海の空気を胸いっぱいに吸い込みましょう。 地元産のシーフードをじっくり味わうことだけは、どうかお忘れなく。

海辺で味わうシーフード

春の終わりから夏にかけて、気取らないシーフードシャックではマサチューセッツ州の典型的な味覚を提供しています。 カジュアルな店での食事には、食以外にも魅力があります。 北はロックポートから南はケープコッドまで、その間にひしめく街道沿いの簡素なレストランを探しながら、岩だらけの海岸をドライブしましょう。 車を停めて砂浜に立ち、絵葉書のように美しい風景をカメラに収めるのも楽しい体験になるはず。 この探検が、美味しいものへの気分を盛り上げてくれます。 メニューには、地元で水揚げされたハマグリ、ムール貝、牡蠣、ロブスター、ハドックを代表とする魚がずらりと並びます。 新鮮な生牡蠣、蒸したムール貝、きつね色に揚がったハマグリ、ロブスターの身をマヨネーズで軽く和え、切れ目の入ったバンズに挟んだロブスターロールなどさまざまな料理がありますが、いずれも蒸すかソテーするのが特におすすめです。 注文が済んだらペーパーナプキンをたっぷり用意して、海が見えるピクニックテーブルを選びましょう。すべてが体験の一部になります。

海岸沿いの店のほとんどが、こんな風に楽しく素朴な雰囲気です。 食べ物がバスケットで、ビールがプラスチックカップで出されても驚くことはありません。

海岸沿いの店のほとんどが、こんな風に楽しく素朴な雰囲気です。 食べ物がバスケットで、ビールがプラスチックカップで出されても驚くことはありません。
詳細を表示

伝統の味

ニュー・イングランド・クラムチャウダーは、1 年中、マサチューセッツ州のレストランで味わうことができます。 大きめに切ったジャガイモとハマグリの身を、ハマグリの出汁と脂肪で煮込み、タイムかソルトポークで味付け。地元っ子を見習って「オイスタークラッカー」をチャウダーに浸し、スプーンですくって食べましょう。

海岸で人気の伝統的なクラムベイクは、パーティーにぴったりのメニュー。 ムール貝やハマグリ、ロブスターなどの新鮮なシーフードを、ジャガイモ、軸付きのトウモロコシ、ソーセージと一緒にじっくり蒸し焼きにします。 調理には砂掘りが必要で、堀った砂の周囲に岩や海草を並べることもあります。 クラムベイクのセッティングを請け負うケータリング業者は多く、海岸沿いの宿泊施設はクラムベイクでもてなしてくれることで知られています。 クラムベイクの代わりに、大きな鍋に湯を沸かして材料を蒸す「クラムボイル」もあります。

ロブスターロールや、バター蒸しにしたロブスターにレモンを絞って食べるのがおすすめの食べ方。

ロブスターロールや、バター蒸しにしたロブスターにレモンを絞って食べるのがおすすめの食べ方。
詳細を表示

フェスティバルとフェアー

食のパーティーは、地元の人たちと観光客が食事や娯楽を通して交流する毎年恒例のフェスティバルへと続きます。 8 月にボストンフィッシュピアで開催されるボストン・シーフード・フェスティバル(Boston Seafood Festival)の牡蠣の殻むきコンテストは見逃せません。 9 月のケープ・コッド・フェアグラウンド(Cape Cod Fairgrounds)のスキャロップフェスト(Scallop Fest)では、肉厚のホタテのソテーをディナーにどうぞ。 10 月にケープコッドで開催されるウェルフリートオイスターフェスト(Wellfleet OysterFest)では、料理の実演や教育ワークショップが目白押しです。

マサチューセッツ州の牡蠣は旬のご馳走です。多くのレストランで、牡蠣は殻に乗せて提供されます。

マサチューセッツ州の牡蠣は旬のご馳走です。多くのレストランで、牡蠣は殻に乗せて提供されます。
詳細を表示
さらに調べる
春のチューリップに彩られたボストン・パブリック・ガーデンのジョージ・ワシントン像

旅行先

ボストン