Skip to main content
ブルーグラスジャムの開始を待つバイオリンとギター
1 / 1
  • 州:
    ケンタッキー州
    ミシシッピ州
    ノースカロライナ州
    オクラホマ州
    バージニア州
    ウェストバージニア州

カントリーミュージックの物語は、アメリカの他のどの音楽ジャンルよりも、旅を通じて知ることができます。

パフォーマーたちと有名人が、アメリカ中部地域を通るトレイルを切り開きました。以下にご紹介するルートは、いかにレジェンドたちが歴史を築いたか、どのようにヒットが時代を超えたものになったか、どのように未来の世のために道が切り開かれたかを伝えています。

ケンタッキー州 –国道 23 号線カントリー・ミュージック・ハイウェイ

ケンタッキー州のレジェンドたちの歴史を掘り下げてみたい方は、ペインツヴィルの国道 23 号線カントリー・ミュージック・ハイウェイ博物館(U.S.23 Country Music Highway Museum)から始めるのがおすすめです。レキシントンから東へ 2 時間の町で生まれたアーティストたちにスポットライトを当てた博物館です。歴史に詳しくなったら、ロレッタ・リン、ドワイト・ヨアカム、リッキー・スキャッグスをはじめ、国道 23 号線近くで育った大物スターたちの家も要チェック。石炭で栄えた地方なので、スターが育った世界について知りたい方は、ヴァンリア歴史協会(Van Lear Historical Society)の炭鉱労働者博物館(Coal Miners’ Museum)を訪れてみてください。手作りの食事をフレンドリーなサービスで楽しみたくなったら、ホワイツバーグのパイン・マウンテン・グリル(Pine Mountain Grill)がおすすめです。

レキシントン郊外の花いっぱいのカントリーロード

レキシントン郊外の花いっぱいのカントリーロード
詳細を表示

ミシシッピ・カントリー・ミュージック・トレイル

このトレイルは、ミシシッピ州の 5 つの地域にわたっています。ジャクソン郊外のメリディアンでは、1920 年代から 30 年代に、カントリーとブルースを融合させたカントリーミュージックの父、ジミー・ロジャーズについて知ることができます。この州は、レモントのタミー・ワイネットから、デルタ地域のチャーリー・プライドまで、カントリーのスーパースターでいっぱいです。エルビス・プレスリーは、カントリーに大きな影響を与えました。彼のルーツは、テューペロにあるエルビス・プレスリーの生家(Elvis Presley Birthplace)でたどることができます。ここには、この王者が幼少期を過ごした家と博物館があり、歴史に残る記念品や写真が展示されています。2 月の 1 週間、ジャクソンで開催されるディクシー・ナショナル・ロデオ(Dixie National Rodeo)は、音楽が筋肉と出会うイベント。コンサートはもちろん、雄牛乗りや乗馬も楽しめます。

テューペロにあるエルビス・プレスリーの生家

テューペロにあるエルビス・プレスリーの生家
詳細を表示

ノースカロライナ州 – ブルー・リッジ・ミュージック・トレイル

このトレイルには、ノースカロライナ州の西部を横切る形で 58 ヵ所ものスポットがあるので、1 度だけで終わってしまうタイプのトレイルではありません。とても広範囲にわたっているので、体験できるコースがたくさんあります。たとえばマウントエアリーのコースなら、アメリカで 2 番目に長いライブミュージックラジオ番組、「WPAQ メリーゴーランド(WPAQ Merry-Go-Round)」へ。そして、人気俳優とゴスペルシンガーに捧げられたアンディ・グリフィス博物館(Andy Griffith Museum)。また、6 月に訪れるなら、マウント・エアリー・ブルーグラス&オールドタイム・フィドラーズ大会(Mount Airy Bluegrass and Old-Time Fiddlers Convention)が楽しめます。

マウントエアリーのブルーグラスパフォーマー

マウントエアリーのブルーグラスパフォーマー
詳細を表示

オクラホマ州 – リズム&ルーツ・オクラホマ・ミュージック・トレイル

「早いもの勝ちの州」ことオクラホマ州には、コンウェイ・トウィッティ、トビー・キース、キャリー・アンダーウッドなど、少なくとも 1 ダースのカントリーのレジェンドがいます。このトレイルでは、彼らのふるさと、彼らが最初の経験を得た所をはじめ、ジーン・オートリー博物館(Gene Autry Museum)などの見どころを楽しめます。オートリー博物はオクラホマ州のジーンオートリーにあり、歌うカウボーイに捧げられたものです。スターについてもっと知るには、たとえばアンダーウッドなら、彼女の故郷のチェコタを訪れてみてください。かつて彼女が釣りをしていたユーフォーラ湖、彼女が開いた動物保護施設、高校など、彼女と彼女のキャリアにとって大事な場所に足を運んでみませんか。

バージニア州 – ザ・クルックド・ロード

19 の郡、4 つの都市、54 の町を通り、482 キロメートル にもわたる 長い 1 本の道。バージニア州の州境に沿って、州の北西部から北東部まで弧を描いています。ブリストルは「カントリー発祥の地」をうたっています。同名の博物館が、世界で初めてカントリーソングが録音された物語を伝えつつ、その活動を支援しています。トレイルを旅して、州内各地のライブ会場、フェスティバル、展示会に行ってみましょう。ケンタッキー州との州境に近いクリントウッドでは、ラルフ・スタンリー・ミュージアム&トラディショナル・マウンテン・ミュージック・センター(Ralph Stanley Museum and Traditional Mountain Music Center)へ。ブルーグラスで最高に尊敬されているアーティストの物語を知ることができます。このトレイルでは、スタンリーの足跡をたどった多くのミュージシャン、チャーチシスターズやドリー・フリーマンをはじめ、ゲイラクスの町のミュージシャンなどにもスポットをあてています。ザ・クルックド・ロード(The Crooked Road)のウェブサイトで、便利なインタラクティブマップをご覧ください。

ウェストバージニア州 – マウンテン・ミュージック・トレイル

バンジョーを中心に構築されたカントリーのサブジャンルは、20 世紀初頭のウェストバージニア州での鉱山労働争議中に発生しました。アパラチアミュージックの発展において、重要な瞬間です。このトレイルでスポットライトが当たった会場。そこで演奏したミュージシャンたちが先導してきたのです。州の東部、グリーンブライアー川沿いの小さな町、ロンスバートのアメリカン・ヘリテージ・ミュージック・ホール(American Heritage Music Hall)では、オールドタイム、ブルーグラス、カントリー、そしてしばしばお芝居も楽しめます。トーマスにある、もう少しこじんまりしたパープルフィドル(Purple Fiddle)では、ブルーグラス、アルトカントリー、ケルト音楽のラインナップを展開しています。マノンガヒラ国立森林公園のすぐ北、メリーランドラインにあります。

ウェストバージニア州の風光明媚な山道

ウェストバージニア州の風光明媚な山道
詳細を表示
さらに調べる
ダウンタウンのガゼボで演奏するミュージシャンたち

旅行先

パデューカ