Skip to main content
ルイジアナ州ラファイエット周辺の沼地の自然
Anton Fresco
1 / 7
ルイジアナ州ラファイエットの本物のケイジャン音楽
Anton Fresco
2 / 7
ルイジアナ州ラファイエットのクレオールの生活
Anton Fresco
3 / 7
ルイジアナ州のアチャファラヤ盆地
Anton Fresco
4 / 7
ルイジアナ州ラファイエットにある地元のマーケットでショッピング
Anton Fresco
5 / 7
ルイジアナ州ラファイエットで地元産の品物を購入
Anton Fresco
6 / 7
ルイジアナ州ラファイエットにあるブティックでウィンドウショッピング
Anton Fresco
7 / 7
  • 州:
    ルイジアナ州

ぐっすり眠って目覚め、カーテンを開けると、ルイジアナ州ラファイエットには青い空と太陽が広がっていました。

計画していた 1 日を思い浮かべると、探検やアクティビティに満ちた、本当に良い 1 日になると確信していました。

ラ・メゾン・ドゥ・ブニョーでのジャムセッション

少し話を戻して、ラファイエットに到着した後、昨夜何をしたかを言わなければなりません。毎週金曜日の夜にラ・メゾン・ドゥ・ブニョー(La Maison de Begnaud)で開催されるジャムセッションについて聞かされていました。たいした期待もしないで出かけましたが、特別な体験をしたという思いを抱いて帰ってきました。会場は、まるで誰かの自宅に招かれたかのようにセッティングされていました。聴衆に前にいるのは、20 代前半からおそらく 80 代までの 6 、7 人の人たち。彼らはギターやフィドル、アコーディオン、トライアングルを演奏し、全員が歌えました。それは本物のケイジャンミュージックで、とても才能あふれたエンタテイナーたちでした。集まった人々はダンスし、手拍子を打ち、その場を後にする頃、私の頬は微笑みすぎて痛いほどでした。

ラファイエットのケイジャンミュージックのジャムセッション

ラファイエットのケイジャンミュージックのジャムセッション
詳細を表示
Anton Fresco

マーケット・アット・ザ・ホース・ファーム

土曜日の朝、朝食を終えてからマーケット・アット・ザ・ホース・ファームに車を走らせました。地元の人や観光客が大勢集まるこの市場は、友人に会ったり、ピクニックを楽しむのに理想的な場です。ウェストモンローのランドリーヴィンヤーズ(Landry Vineyards)では地ワインを試飲し、バトンルージュを拠点とするグリニング・ジュピター・ジャムリー(Grinning Jupiter Jammery)で、きれいにラッピングされた地元産の瓶入りジャムをいくつか買いました。果物と野菜は文句のつけようのない美しさです。さまざまなおいしいものが選べるフードトラックは、一流レストランに匹敵するほどです。

ラファイエットのマーケット・アット・ザ・ホース・ファームを散策

ラファイエットのマーケット・アット・ザ・ホース・ファームを散策
詳細を表示
Anton Fresco

アケーディアンビレッジ

市場の次は、かわいらしいアケーディアンビレッジに向かいました。ここは、19 世紀のケイジャンの開拓地を再現した村で、当時の家が数多く残されています。教会は心地よく、アートギャラリーにはこの地域の美しさを示す作品が展示されています。数時間この村を巡りましたが、心から楽しみました。空腹になったので、ザ・フレンチ・プレス(The French Press)という店に入り、おいしいシュリンプとアボカドのサラダと風味豊かなガンボを注文しました。

アチャファラヤ・ベイスン・ランディング・アンド・マリーナ

しばらくウィンドウショッピングを楽しんでから、生まれて初めてエアボートの沼地ツアーを体験しようと、景色の良いアチャファラヤ・ベイスン・ランディング・アンド・マリーナ(Atchafalaya Basin Landing and Marina)に向かいました。なんという体験だったことでしょう。ワニがすぐ近くまで近づいてきました。ツアーガイドは話がとてもおもしろく、湿地と沼地の風景は見事でした。これは是非、もう一度体験してみたいです。

その日はツアー日和ではありましたが、その日を選んで正解でした。ラファイエットでは、アトモスフェアという地元のバー & レストランで、新しい友人に会いました。店内はにぎわっており、バンドの演奏もすばらしく、おいしい生のクラフトビールも飲むことができました。

ラファイエットでの時間を心から満喫しました。

ラファイエットの沼地を泳ぐワニ

ラファイエットの沼地を泳ぐワニ
詳細を表示
Anton Fresco
さらに調べる