Skip to main content
マリンヘッドランズから眺めるゴールデン・ゲート・ブリッジとサンフランシスコのスカイライン

カリフォルニア州

食通がカリフォルニア州サンフランシスコをこよなく愛する 10 の理由

提供: Heather Lalley

1 / 1
  • 州:
    カリフォルニア州

数限りない選択肢とワールドクラスの美食の町サンフランシスコは、食の喜びでまた訪れたくなります。

カリフォルニア州サンフランシスコで本物の味に出会う方法がわからないという方はいらっしゃいますか。幸運なことにサンフランシスコは公共交通機関が発達している上に、名店は地理的に集中しています。この 10 の原則に従えば、サンフランシスコの最高の味覚に出会えます。

1. 1 年を通じて楽しめるおいしい農産物

サンフランシスコから車ですぐのところに地球でも特に豊かな農産物の産地が控える北カリフォルニアは、「世界のサラダボウル」とも呼ばれています。そのため、シェフも気軽な買い物客も、新鮮なフルーツや野菜などを求めて、一年中開いているこの町のファーマーズマーケットに集まってきます。

2. 多様な食文化

サンフランシスコにはアジア以外では最も大きいチャイナタウンがあり、本場の味の点心を楽しめます。その一方で、ミッション地区(Mission District)では実質重視のタケリアでやみつきになりそうなブリトーやタコスに出会えます。

アジア以外では最大のチャイナタウンで、本場の味の点心が楽しめます。

アジア以外では最大のチャイナタウンで、本場の味の点心が楽しめます。
詳細を表示
Scott Chernis

3. 受賞歴のあるレストラン

サンフランシスコと周辺地区の 40 店のレストランがミシュランの星を獲得しています。クワ(Coi)、リッチテーブル(Rich Table)、ザ・スランテッド・ドア(The Slanted Door)、ステート・バード・プロビジョンズ(State Bird Provisions)でぜひ食事をしてみてください。最後の 2 つのレストランはジェームズ・ビアード財団の賞も受賞しています。

4. ワイン!

北カリフォルニアは世界有数のワイン生産地でもあります。ブラクソム・ストリート・ワイナリー(Bluxome Street Winery)やトレジャー・アイランド・ワインズ(Treasure Island Wines)などのサンフランシスコ市内のワイナリーでワインテイスティングを体験しましょう。その後、レストランの厳選されたワインリストとサンフランシスコ周辺の個性的なワインバーを何軒かチェックします。

5. とびきり新鮮なシーフード

地元で採れたダンジネスクラブから近隣で養殖された牡蠣まで、好みのシーフードを新鮮なまま楽しめるのも魅力です。

新鮮なシーフード。サンフランシスコの沖合で水揚げされたものや、近隣で養殖されたものです。

新鮮なシーフード。サンフランシスコの沖合で水揚げされたものや、近隣で養殖されたものです。
詳細を表示

6. アイスクリーム(定番!) 

サンフランシスコのシェフは、高級料理に対するのと同じ最新の注意でアイスクリームを扱います。ハンフリースローコム(Humphry Slocombe)ではコーンフレークとバーボンでつくられた「シークレットブレックファスト」のようなユニークなフレーバーを、スミットゥンズ(Smitten’s)ではオーダー後につくる液体窒素のアイスクリームをためしてみましょう。

7. コーヒー文化

サンフランシスコは、店内でローストし、環境に配慮した方法で生産した材料を用い、プロの腕前で淹れるというプレミアムコーヒーの新時代を紹介することにより、アメリカのコーヒー文化をリードしています。事実サンフランシスコは、1888 年にブエナ・ビスタ・カフェ(Buena Vista Café)がここでアイリッシュコーヒーを発明して以来、ずっとコーヒーシティであり続けています。それ以来、地元の多くの焙煎業者がこの町のコーヒーシーンに参加してきました。

8. カクテルとビールも

サンフランシスコ周辺のいくつかの店には、トリックドッグ(Trick Dog)のようにすばらしいカクテルリストを用意しているところがあります。さらに北カリフォルニアのクラフトビールの伝統は、アンカー(Anchor)が 1896 年にここでビールの製造を始めてからさらに強力になりました。

サンフランシスコでは、ミクソロジストが見事なカクテルを創り上げます。

サンフランシスコでは、ミクソロジストが見事なカクテルを創り上げます。
詳細を表示

9. 持続可能な農業

サンフランシスコのレストランや食料品店は、食事客や買い物客に提供する野菜や果物、肉、魚介類の仕入れ先にも責任を持って適切に配慮しています。地元で持続可能な方法で生産された新鮮な食材を使えば、料理の味もずっとおいしくなるのは間違いありません。

10. 品質へのこだわり

サンフランシスコには品質にこだわる食文化が根づいています。新鮮な農産物でも、手作りのアイスクリームでも、高級料理でも、本場の味のブリトーでも、そこに品質へのこだわりがあるのは変わりません。

さらに調べる
かつて柑橘類の包装工場だった建物を改装して生まれたアナハイム・パッキング・ディストリクトのフードホール

旅行先

アナハイム

1913 年に建てられたボザール様式のコロラドストリート橋

旅行先

パサデナ

キャッスルクレイグス州立公園で景色を堪能

旅行先

レディング