Skip to main content
ナパバレーの食とワインの祭典

カリフォルニア州

グルメたちがカリフォルニア州のナパバレーをこよなく愛する 6 つの理由

提供: Heather Lalley

1 / 1
  • 州:
    カリフォルニア州

念のため言っておきますが、ワインテイスティングは最高です。

カリフォルニア州ナパバレーほど多くの楽しみ方があるところは他にないでしょう。特に、ワインを片手に絶品のお食事を楽しみたい方は、旅程にお料理教室も含めることもできます。

1. ワイナリーでの料理体験

ナパバレーの多くのワイナリーは施設内にシェフ、キッチン、料理クラスを用意しており、訪れた人は料理とワインのペアリングの技術に没頭することができます。ケイクブレッドセラーズ(Cakebread Cellars)とペジュ(Peju)で開講している料理クラスをチェックし、シャトー・レイン・ワイナリー(Chateau Lane Winery)、B セラーズ(B Cellars)、V. サトゥーイワイナリー(V.Sattui Winery)で思い出に残る料理を仕上げましょう。

2. 料理教室

ナパバレーを訪れ、キッチンで 1 日またはそれ以上の時間を過ごす食通はたくさんいます。シルベラード・クッキング・スクール(Silverado Cooking School)のようなスクールで一流のレッスンを受ければ、気に入った料理の作り方を学び、料理の技術を高めることができます。このスクールでは、地元産の旬の食材のみを使用します。B&B のシーダー・ゲイブルズ・イン(Cedar Gables Inn)ではシェフ自らが料理教室で教えています。シーダーゲイブルズのレッスンでは、参加者は自分のディナーを自分で用意し、でき上ったらキャンドルの灯りのもとで味わいます。

ナパバレー旅行にワイナリー、B&B、料理教室などを加えて、人と交流しながら美味しさを味わってみましょう。

ナパバレー旅行にワイナリー、B&B、料理教室などを加えて、人と交流しながら美味しさを味わってみましょう。
詳細を表示

3. 食とワインのイベント

ナパバレーでは年間を通して食とワインのさまざまなイベントが開催されています。たとえば、1 月のナパ・トリュフ・フェスティバル(Napa Truffle Festival)や、3 月のフレーバー!ナパバレー(Flavor! Napa Valley)などです。どちらのイベントもカリフォルニア州のワインカントリーと関連するおいしいワインを試飲することが最重要の目的です。

ワインテイスティングは、毎年 3 月に開催される食の祭典「フレーバー!ナパバレー」のメインイベントです。

ワインテイスティングは、毎年 3 月に開催される食の祭典「フレーバー!ナパバレー」のメインイベントです。
詳細を表示

4. ワインだけにとどまらないさまざまなテイスティング

ラウンド・ポンド・エステート・オリーブ・オイル(Round Pond Estate Olive Oil)かルセロ・オリーブ・オイル(Lucero Olive Oil)で味覚を刺激しましょう。バウンティー・ハンター・ワイン・バー&スモーキン BBQ(Bounty Hunter Wine Bar & Smokin’ BBQ)でバーボンとライのスピリッツを試飲して、味蕾を目覚めさせます。ただし、柔らかいスモークミートのためのスペースを空けておきましょう。ザ・カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ・アット・グレイストーン(Culinary Institute of America at Greystone)のスパイス・アイランズ・マーケットプレイス(Spice Islands Marketplace)では、職人手作りのチョコレート、チーズ、塩漬け肉、オリーブオイルなどを試食できます。すべてを少しずつ味見してみましょう。

5. カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ

食とワインを愛する者にとって、ここは夢のような場所です。世界的に有名なこのカレッジでは、食とワインを愛する人たちのために料理教室を開催しています。シェフによるデモンストレーション、買い物、テイスティングバーのほか、ワイン・スペクテイター・グレイストーン・レストラン(Wine Spectator Greystone Restaurant)、コンサーバトリーレストラン(Conservatory Restaurant)、ベイカーカフェ・バイ・イリー(Bakery Café by illy)で食事を楽しめます。

6. オックスボー・パブリック・マーケット

美しい風景に囲まれたこのマーケットには、地元のすばらしい食料とワインが集まってきます。約 3,700 平方メートルの敷地には、ナパ川(Napa River)沿いに設けられた椅子付きのアウトドアデッキもあり、地元の食材業者やカフェ専門店が出店し、この地区の農場で生産されたオーガニック食材が並びます。

オックスボー・パブリック・マーケットには、地元の食材店やカフェ専門店をはじめ、周辺地域の農場の有機農産物などが出店します。

オックスボー・パブリック・マーケットには、地元の食材店やカフェ専門店をはじめ、周辺地域の農場の有機農産物などが出店します。
詳細を表示
さらに調べる
かつて柑橘類の包装工場だった建物を改装して生まれたアナハイム・パッキング・ディストリクトのフードホール

旅行先

アナハイム

1913 年に建てられたボザール様式のコロラドストリート橋

旅行先

パサデナ

キャッスルクレイグス州立公園で景色を堪能

旅行先

レディング