Skip to main content
コロラド州オウレイ、サンフアン山脈の眺め

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

1 の 10
コロラド州オウレイ、ロッキー山脈の中心部

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

2 の 10
コロラド州オウレイ、ボックス・キャニオン・フォールズの野生動物

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

3 の 10
コロラド州オウレイの温泉に浸かってリラックス

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

4 の 10
コロラド州オウレイの数ある温泉の一つを堪能

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

5 の 10
コロラド州オウレイの歴史あるダウンタウンを散策

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

6 の 10
コロラド州オウレイのそびえ立つ山の中

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

7 の 10
コロラド州サンフアン山脈で野生動物の観察

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

8 の 10
コロラド州オウレイのジープツアーで景色を堪能

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

9 の 10
コロラド州、ボックス・フォール・キャニオンからオウレイのダウンタウンを一望

コロラド州

コロラド州オウレイ:アメリカのスイスへ逃避行

提供: Jody Sidle Short

10 の 10
  • 州:
    コロラド州

アメリカ中を旅して回ると、この国の持つ自然美にいつも度肝を抜かれます。

最近のコロラド州オウレイ (Ouray) への旅行で、町を取り囲む山々を探検しましたが、これまで訪れたどんな場所もかなわない魅力を感じました。

雄大な風景

オウレイは、コロラド州南西部、サンフアン山脈(San Juan Mountains)の中心部にあります。 町の規模は大きくありませんが、現地でのアクテビティは充実しています。 初めての冒険は、ジープツアーでの登山でした。 出発は早朝。寒さに備えて、ツアーガイドがブランケットと手袋、ニットの帽子を用意してくれていました。 周辺の歴史に関するガイドの説明に耳を傾けているうち、オフロードを走るこのジープツアーは徐々に標高を上げていきます。 30 分あまり走ったところでカーブを曲がると、目の前に広がる絶景に思わず言葉を失いました。 地面に敷き詰められたありとあらゆる色の野花、雪を頂いた山の尾根、果てしなく続く山脈と渓谷が、この上なく美しい情景を描き出しています。 それからしばらく、自分たちを取り巻く自然美に畏敬の念を抱きながら車は静かに進んで行きました。 標高約 4,000 キロの頂上まで登りきり、雪の上に立って日の出で体が温まるのを感じながら、周囲をぐるりと見回しました。 何度シャッターを切っても、目の前の風景を写真に残すことはできません。 これほど美しい場所に行ったのは初めてでした。

詳細情報

温泉に浸かってリラックス

最高の朝を迎え、美味しいランチを堪能した後、次の目的地である温泉まで数分のドライブ。 オウレイの温泉は硫黄を含まないため、他の温泉で嗅ぐことのある強い匂いがありません。 プールは 3 つのエリアに分かれていて、それぞれの湯温が微妙に異なります。 私のお気に入りは一番熱いエリア。色彩豊かな高い山に囲まれながら、すっかり長湯してしまいました。

詳細情報

ハイキング

リフレッシュして準備を整え、オウレイが誇るもう一つの自然の驚異、ボックス・キャニオン・フォールズ(Box Canyon Falls)へ。 短く簡単なものから難易度の高い長距離コースまで、ハイキングトレイルはさまざまなレベルに分かれています。 中程度のトレイルを選んだつもりですが、もしかするとやや楽で短めのコースだったかもしれません。コースは何であれ、山や滝、目もくらむような紅葉など、素晴らしく美しい風景が待っていました。

詳細情報

のんびりとリラックス

素晴らしい 1 時間のハイキングを終え、リフレッシュを兼ねてホテルに戻りました。 コップ 1 杯の熱々の紅茶ですっかり元気になったので、いざ、町の散策へ。 目指すは、メインストリートに建ち並ぶバーの一つ、オウレイブルワリー(Ouray Brewery)。 ミュージシャンがギターをかき鳴らす店内で、ビールを 1 杯飲みました。 その日のディナーはもちろんのこと、オウレイではどこで何を食べても最高でした。 お腹が満たされ、素晴らしい一日のことを思い出しながら部屋に戻ります。ベッドに潜り込んだ私は、深い眠りへと落ちていきました。 素晴らしい町オウレイを訪れた思い出は、きっと心の中に残り続けるでしょう。

詳細情報

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ