Skip to main content
ココモギャラリー
1 / 1
  • 州:
    サウスダコタ州

このギャラリーには、金属スクラップやファウンドオブジェから作られた素晴らしい動物の立体造形作品が収蔵されています。

この造形美術ギャラリーは、風変わりな金属の動物たちで埋めつくされています。このスペースにある巧みに作られた動物たちは、リサイクルされた金属と拾ってきた置物の寄せ集めです。

ココモギャラリー(Kokomo Gallery)にはアーティストのジョン・ロペスによるユニークな立体造形作品が展示されています。彼はサウスダコタ州レモン地域にある地元の農家や観光牧場から作品の材料を集めています。

アート作品の多くは、金属スクラップ、ファウンドオブジェ、小さな青銅の像を溶接して組み合わせ、動物の形に整形することによって作られています。金属の動物を近くから見てみると、身の回りにある意外なものが組み合わさっていることが分かります。

ギャラリーでは、西部開拓時代の場面と他の時代や場所にインスピレーションを受けた芸術作品の奇抜な組み合わせに気付くことでしょう。中でも特に興味深いのは、古いオートバイのガソリンタンクから作ったタコと、ノコギリの刃から作ったスチームパンクのフクロウの立体造形です。

旅行の前に知っておきたいこと

ココモギャラリーは、旅行サイト『アトラスオブスキュラ』でも紹介されている世界最大の珪化木の公園からわずか 2 ブロックのメインストリートに位置しています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
岩石層と空が織りなすデッド・ホース・ポイント州立公園の絶景

旅行先

モアブ