Skip to main content
キチ・イチ・キピ
1 / 1
  • 州:
    ミシガン州

この原生の淡水泉からは、毎分 38,000 リットルの水が湧き出ています。

ミシガン州で最大の淡水泉、キチ・イチ・キピ(Kitch-iti-kipi)は、「大きく冷たい泉」という意味です。単に「大きな泉(Big Spring)」として知られていることもよくありますが、それはここに毎年数多く訪れている旅行者たちにとっては、昔ながらの名前の発音があまりに難しいためです。M-149 の北端に位置するキチ・イチ・キピは、人里離れた場所であるにもかかわらず半島北部の主要な観光名所となっています。パームズ・ブック州立公園(Palms Book State Park)に隠されたキチ・イチ・キピは、91 × 53 メートルの大きさの泉に、深さ 12 メートルのエメラルド色の湖底が広がっています。泉を形成する石灰岩の間から、毎分約 38,000 リットルの水が噴出しています。急速に水が補充されているため、泉の温度は常に摂氏 7.2 度を保っています。

大自然の中の見どころ

この泉に湧き出る膨大な量の水の出どころは、正確には分かっていません。地質学的な素晴らしさ、そして鉱物に覆われた美しい古木の幹を見ようと、沢山の旅行者たちが訪れています。

池には生命も満ち溢れています。ブラウントラウト、カワマス、レイクトラウトなどが澄み切った水いっぱいに泳ぎ、水上の見学台からも見ることができます。浮き台に乗ると、最も良く見える地点まで行くことができます。

この泉は、1920 年代に安物雑貨店を経営していた人が発見しました。地元の木こりたちはこの周辺をゴミ捨て場にしていたため、倒木や大量のゴミで隠れていたのです。ここを発見したベレヤーという男性は、この一帯を自分のために購入することもできましたが、そうはせずにパームズ・ブック・ランド・カンパニー(Palms Book Land Company)に対してこの泉と周辺の土地をわずか 10 ドルでミシガン州に売り、レクリエーションの場として使ってもらうよう説得しました。譲渡証明には、この場所を永遠に公共の公園として使うよう記されています。

旅行の前に知っておきたいこと

国道 2 号線(U.S. 2)の東西どちらに行くにしても、ミシガン州マニスティーク(Manistique)から約 9.7 キロメートル西にある M-149 を北へ曲がってください。M-149 沿いに、郡道 442 号線(County Road 442)の停止標識まで数キロメートル進みます。GPS や地図で M-149 や CR 442 と表示されていても、地元では郡道 442 号線として知られている道を左に曲がります。そこを約 4.8 キロメートル走り、地元でライリー・ロード(Riley Road)として知られる郡道 455 号線(County Road 455)を北方向に右折すると、パームズ・ブック州立公園の標識が見えます。インディアン湖州立公園(Indian Lake State Park)のウエスト・ユニットキャンプ場(West Unit Campground)を過ぎ、そのまま停止標識まで進みます。右折して M-149 に戻り舗装されたハイウェイに沿って行くと、パームズ・ブック州立公園に到着します。道路交通法で認められたすべての車は、州立公園への入場にレクリエーション・パスポート(Recreation Passport)が求められることにご注意ください。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

関連トピック: