Skip to main content
カスター州立公園のバッファロー

サウス ダコタ州

カスター州立公園:サウスダコタ州の自然愛好家の楽園

提供: Joel Welin

1 / 1
  • 州:
    サウス ダコタ州

ブラックヒルズ南部にある敷地面積 28,000 ヘクタールにおよぶこの保護区ではさまざまなアクティビティが楽しめます。

野生のロバの訪問を受ければたちまちファンとなってしまうことでしょう。この大使がひかえめに何度も鼻を押し付けてきて食べ物を食べるさまは、どんなに旅にうんざりしている人でも喜ばせ、サウスダコタ州の華、カスター州立公園(Custer State Park)をもっと歩き回りたくなるでしょう。

すばらしい野生生物と風景

ブラックヒルズ(Black Hills)南部にある敷地面積 28,000 ヘクタールにおよぶこの保護区の迫力に圧倒されますが、ここは焦点を絞って、世界一とは言わないまでも国内トップクラスの野生動物観察など、少数のアクティビティを楽しんでみませんか。絶景自慢のピーター・ノーベック・シーニック・バイウェイ(Peter Norbeck Scenic Byway)は、カスター州立公園のシンボル、ニードルズ(Needles)を通り抜けるため、それだけでも十分楽しめます。

マシュマロをおねだりするロバ

マシュマロをおねだりするロバ
詳細を表示

充実しているアクティビティとロッジ

ここでのスターは動物ですが、ハイキング、乗馬、サイクリング、キャンプ、クライミング、ボート、水泳、釣り、教育プログラム、フェアにフェスティバルなど、広大な敷地での楽しみ方は実にさまざま。園内に 5 つあるロッジのいずれかでただのんびり過ごすのもおすすめです。北西端のシルバン・レイク・ロッジ(Sylvan Lake Lodge)にはメインロッジとキャビンがあり、祭事には地元の人たちがダイニングルームに集います。巨大な花崗岩が水面から突き出す湖は、写真家垂涎の撮影スポットです。パドルボートやカヌー、カヤックをレンタルして、朝の太陽を浴びながらシルバン湖(Sylvan Lake)で穏やかな水を堪能しませんか。

カスター州立公園でのロッククライミング

カスター州立公園でのロッククライミング
詳細を表示

特におすすめのリゾート

園内にあと 4 つあるリゾートはどれもおすすめです。ブルーベル(Blue Bell)、レギオンレイク(Legion Lake)、クリークサイド(Creekside)、そしてカルビン・クーリッジ元大統領が 1927 年に「サマー・ホワイト・ハウス(Summer White House)」として利用したステート・ゲーム・ロッジ(State Game Lodge)は、モダンなキャビンとレストラン、バンケットルームにギフトショップも備えています。

キャビンと言えば、サウスダコタ州を代表する桂冠詩人であり、「カウボーイの祈り(A Cowboy’s Prayer)」の著者でもあるチャールズ・バッジャー・クラークの邸宅もあります。カウボーイ詩人のクラークは、人生最後の 30 年間をこのリージョン湖周辺で過ごしました。

カスター州立公園内にあるステート・ゲーム・ロッジ

カスター州立公園内にあるステート・ゲーム・ロッジ
詳細を表示

バッファロー、アナグマ、ビーバーだけでない動物たち

さて、この公園のスターに話を戻しましょう。1913 年に禁漁区として設立されたカスター州立公園には現在、およそ 1,300 頭の放し飼いのアメリカバイソン、別名バッファローの群れが生息しています。エルクやシロオジカ、ミュールジカ、ビッグホーンシープ、マウンテンゴート、プロングホーンの大群もいます。

このほか、アナグマ、ビーバー、コヨーテ、ワシ、キツネ、タカ、ジャックラビット、プレーリードッグ、七面鳥を目撃できるかもしれません。

公園を後にする時は、ブーロにさよならを言うのをお忘れなく。道路の真ん中で別れを惜しんだら、カスター州立公園でのひとときが楽しい思い出になるでしょう。

カスター州立公園で草を食むバイソンのそばでくつろぐ、アンテロープに似たプロングホーン

カスター州立公園で草を食むバイソンのそばでくつろぐ、アンテロープに似たプロングホーン
詳細を表示

アクセス方法

サウスダコタ州へは、ミネソタ州のミネアポリス・セント・ポール国際空港、コロラド州のデンバー国際空港、イリノイ州のシカゴオヘア国際空港、ユタ州のソルト・レイク・シティ空港、テキサス州のダラス/フォートワース空港、ジョージア州のハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港といった数ある国際空港で乗り継ぎ便を利用するのが便利で簡単です。