Skip to main content
カリフォルニア州サンフランシスコで過ごす 3 日間

カリフォルニア州

カリフォルニア州サンフランシスコで過ごす 3 日間

1 / 1
  • 州:
    カリフォルニア州

美しいゴールデンゲートブリッジ、ピア 39 に響くアシカたちの鳴き声。

たった 3 日間で、カリフォルニア州サンフランシスコの独特な文化をすべて体験できます。 唯一の問題は、帰るのが嫌になることかもしれません。

1 日目

1 日のスタートは、サンフランシスコが誇るコーヒーの名店で。おそらく最も有名な ブルーボトル(Blue Bottle)は、街のいたるところにスタンドと小さなカフェを展開しています。 ヘイズバレーの裏道にあるこぢんまりとした店舗が一号店です。

続いて、数あるミュージアムのいずれかへ足を運びましょう。 ゴールデンゲートパーク(Golden Gate Park)にある デ・ヤング美術館(De Young Museum) では、いつも興味深い作品が展示されています。  ヤーバブエナ芸術センター(Yerba Buena Center for the Arts) は、ビデオや映画など、やや先鋭的な展示が特徴です。

サンフランシスコに着いた日にケーブルカーに乗る方のために、耳よりな情報をご紹介します。旅行者の大半が利用するパウエル線は、旅行シーズンには長蛇の列となるのが常です。 ヴァン・ネス・アベニュー近くの西端から出発するカリフォルニア線はあまり人気がありませんが、坂道を急降下する際、オークランドに続く湾の絶景が楽しめます。 

 

旅の初日が金曜日なら、フォートメイソンの オフ・ザ・グリッド(Off the Grid) がおすすめ。最先端グルメのフードトラックが一堂に会するエネルギッシュな社交場です。 スケジュールを確認して、滞在中にぜひオフ・ザ・グリッドのイベントに足を運び、サンフランシスコ屈指の多様性を誇る極上グルメを味わいましょう。 サンフランシスコではほとんど年中映画祭や音楽フェスティバルが開催されるため、お楽しみは無限です。 地元のエンターテイメント情報については、 SF ゲート(SF Gate) をご覧ください。

サンフランシスコのケーブルカーは旅行者に人気のアトラクション。

サンフランシスコのケーブルカーは旅行者に人気のアトラクション。
詳細を表示

2 日目

2 日目は街の外に繰り出しましょう。 アルカトラズ(Alcatraz) は人気トップの観光スポットですが、事前予約が必要であることを知らない人が多いのも事実です。 前もって計画しなくても、サウサリート行きのフェリーに乗れば海に出られます。湾内クルーズなら、 ブルー&ゴールド(Blue & Gold)などが催行するツアーに参加しましょう。

車があれば、街の外の自然美あふれるエリアにも数分で簡単にアクセスできます。 北の マリンヘッドランズ には、風が吹き渡る美しいビーチとハイキングトレイルがあります。 少し先の ミューアウッズ国定公園(Muir Woods National Monument) も人気ですが、それもそのはず。ここのセコイアの森は筆舌に尽くしがたい美しさです。 マウントタマルパイス州立公園(Mount Tamalpais State Park) にも数多くのハイキングトレイルがあり、中でもディプシー/スティープ渓谷ループ(Dipsea / Steep Ravine Loop)は地元で評判です。

人気の高い スティンソンビーチ(Stinson Beach)は、晴れた週末には比較的混雑します。 南に行けば、パシフィカ/ハーフムーンベイ(Pacifica / Half Moon Bay)という別のビーチもありますが、マリンヘッドランズより霧になることが多いです。 

ミューアウッズ国定公園も人気ですが、それもそのはず。ここのセコイアの森は筆舌に尽くしがたい美しさです。

ミューアウッズ国定公園も人気ですが、それもそのはず。ここのセコイアの森は筆舌に尽くしがたい美しさです。
詳細を表示

3 日目

今日のスタートはゴールデンゲートパークから。アクティビティの宝庫であり、トレイルや芝地にも恵まれています。  まずは園内の ストウ湖(Stow Lake) でボートをレンタルし、腹ごなしにのんびり濃いでみましょう。 

グレートハイウェイ(Great Highway)を抜けてオーシャンビーチ(Ocean Beach)に着いたら、東に望む太平洋の冷たい水の感触をお楽しみください。 肩慣らしが済んだら、改装済みの ビーチシャレー(Beach Chalet)へ。大恐慌時代の壁画や、2 階から太平洋の絶景が見渡せるブルーパブ兼レストランがあります。 建物の裏の パークシャレー(Park Chalet)には屋内/屋外のバーがあり、霧の夜でも心地よい時間が過ごせるよう、アディロンダックチェアとブランケットが用意されています。 再訪を固く胸に誓い、サンフランシスコ最後の夜を心ゆくまで堪能しましょう。

カリフォルニア州サンフランシスコへの旅の前にもっと知りたいことがあれば、 シティガイドをお読みください。