Skip to main content
ナパバレーのブドウ園

カリフォルニア州

カリフォルニア州ナパバレーでワインと料理を自分流に堪能

提供: Heather Lalley

1 / 1
  • 州:
    カリフォルニア州

次の旅程では、そのすべてを満喫できます。

この上なく美しいカリフォルニア州のナパバレーで、焼きたてのペストリーや農場で採れたばかりの野菜や果物を味わったり、料理とワイン、料理教室などを楽しめます。

1 日目:ナパとヨントヴィル

一日の始まりは、にぎやかなオックスボー・パブリック・マーケットを散策し、モデルベーカリーでサクサクのイングリッシュマフィンをいただきます。ここから車で北に少し行った B セラーズでは、庭園やワインケーブでテイスティングを体験します。ヨントヴィルでランチをとるなら、受賞歴のあるブションベーカリーがお勧めです。バターたっぷりのクロワッサンや焼きたてのパンで作ったサンドイッチを堪能してください(クッキー、エクレア、タルトもお忘れなく)。ランチが済んだら、次は、セレブシェフ、マイケル・キアレッロが監修する家庭用品と手作り食料品のお店、ナパスタイルでショッピングを楽しみましょう。ナパスタイルのシェフが教える料理教室に参加することもできます。ここから車ですぐの所にある、景観の美しいクリフ・リード・ワインヤードでは、ガイドツアーに参加しましょう。季節のカナッペやさっぱりしたワインでお腹を満たすことができます。ディナーは、ハーリーズレストランがお勧めです。新鮮な食材で作るカリフォルニア州ワインカントリーの料理は、シンプルながら洗練されており、シェフ、ボブ・ハーリーの腕が光っています。

セレブシェフ、マイケル・キアレッロが監修する家庭用品と手づくり食料品のお店「ナパスタイル」では、ショッピングを楽しむだけでなく、料理教室にも参加できます。

セレブシェフ、マイケル・キアレッロが監修する家庭用品と手づくり食料品のお店「ナパスタイル」では、ショッピングを楽しむだけでなく、料理教室にも参加できます。
詳細を表示

2 日目:オークヴィル/ラザフォードとセントヘレナ

朝食はオークヴィルグローサリーがお勧めです。甘くておいしい自家製ペストリーや風味豊かなブレックファーストブリトーは、テイクアウトでも店内でも食べることができます。朝食後は、ラザフォード・ランチ・ワイナリーに立ち寄って、チョコレートとワインのマリアージュを体験してみてはいかがでしょうか。ランチは、かの有名な料理専門学校、カリナリー・インスティテュート・オブ・アメリカ(CIA)で。CIA は、クリスチャン・ブラザーズ・ワイナリーとして 1 世紀もの間使用されていた壮麗な石造りの建物にあり、同じ敷地にある CIA の評判の高いワイン・スペクテイター・レストランで、才能豊かな新人シェフが腕を振るっています。ワインや料理のクラスに登録すれば、CAI で各種の教育プログラムを利用できます。その後、歴史あるベリンジャービンヤードに立ち寄ってワインとチーズをお供に、美しい景色を存分に堪能しましょう。ディナーは、ミシュランの 3 つ星を獲得したシェフ、クリストファー・コストウのレストラン・アット・メドウッドがお勧めです。

カリナリー・インスティテュート・アメリカの石造りの建物は、1 世紀もの間、クリスチャン・ブラザーズ・ワイナリーの建物として使われていました。'

カリナリー・インスティテュート・アメリカの石造りの建物は、1 世紀もの間、クリスチャン・ブラザーズ・ワイナリーの建物として使われていました。'
詳細を表示

3 日目:セントヘレナとカリストガ

ケアディーンエステートにあるバタースコッツは手作りパンとお惣菜のお店です。ここでは、ウイスキーに浸したレーズンスコーンなど、英国風の朝食が楽しめます。ケアディーンエステートのテイスティングルームも散策してみましょう。モダンでエレガントな装飾が施され、ワインの種類も豊富に揃っています。ランチには、カリストガにあるエヴァンジェリンがお勧めです。カジュアルなビストロで、クレオール風のフランス料理を提供しています。午後に必ず立ち寄りたいのが、カステロ・ディ・アモロサです。アメリカで、中世のトスカーナ様式のお城が見られるのは、このワイナリーだけです。受賞歴のあるシャトー・モンテレナ・ワイナリーもぜひ立ち寄ってみてください。ディナーは、ソラージュにあるソルバーで楽しみます。独創的なアレンジを加えた地元料理は忘れられない思い出となることでしょう。

「ソルバー」は、独創的にアレンジした地元料理で知られるレストランです。

「ソルバー」は、独創的にアレンジした地元料理で知られるレストランです。
詳細を表示