Skip to main content
アラバマ州ベッセマーのジューク・ジョイント、ギプスプレイスでのブルースのライブパフォーマンス
1 / 1
  • 州:
    アラバマ州

ロック、カントリー、ブルース、その他のジャンルのサウンドが融合するアラバマ州には、アラバマ独自の音楽があります。

ここには知るべき豊かな歴史があります。旅の出発点はマッスルショールズ。リズム・アンド・ブルースとロックのヒット曲が生まれた町です。その後さらにすばらしい才能を求めてアラバマ州のガルフコースト(Gulf Coast)を進みます。一般道路に入ったら、レコーディングスタジオ、素朴な海辺の酒場、一流の演奏会場などに立ち寄りましょう。雰囲気はさまざまですが、アラバマ州にはいつでも音楽に対するすばらしい関係が存在しています。

マッスルショールズ:アラバマ州の音楽のルーツを再訪

旅の出発点はマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオ(Muscle Shoals Sound Studio)。ここは、60 年代後期にあっという間に国際的な現象を引き起こしたレコーディングスタジオです。60 年代から 70 年代にかけて、ロッド・スチュワート、ポール・サイモン、ボブ・ディラン、ザ・ローリング・ストーンズ、レーナード・スキナードなどのブルース、ロック、ポップのアーティストが集った場所として知られ、壁には昔懐かしい写真、ゴールドディスク、受賞の品などがずらりと並んでいます。このスタジオが、当時の伝説のアーティストと新人アーティストのサウンドを創り上げるうえで、どれほど重要であったかが感じ取られます。ただし、この町のスタジオはここだけではありません。FAME スタジオ(FAME Studios)も訪れる価値があります。このスタジオも同様に多くのスターを世に送り出した有名なスタジオで、ウィルソン・ピケット、アレサ・フランクリン、オーティス・レディングなどのミュージシャンを輝かせました。この 2 つのスタジオは現在も現役でレコーディングを行っており、一般に向けたツアーを開催しています。アラバマ州の音楽のルーツにもっと深く分け入るには、タスカンビアにあるアラバマ音楽の殿堂(Alabama Music Hall of Fame)を訪れる必要があります。ここでは記念品や展示を見学し、高さ 3 メートルのジュークボックスが奏でる曲を楽しむことができます。ブルースファンなら回り道をしてフローレンスに立ち寄り、W.C. ハンディの生家、博物館&図書館(W.C. Handy Birthplace, Museum & Library)で、ブルースの父に敬意を表する品々や展示を見学しましょう。

マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオで音楽の舞台裏を見学

マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオで音楽の舞台裏を見学
詳細を表示
Alabama Tourism Department

バーミンガムの音楽シーン

バーミンガムにもやはりすばらしいホットスポットがあります。ホット・ディギティ・ドッグズ(Hot Diggity Dogs)食堂の秘密の入り口を見つけ、バーミンガムのヒップな地区エイボンデール(Avondale)にある高級潜り酒場、ザ・マーブル・リング(The Marble Ring)に特別なパスワードで入店しましょう。特製カクテルを片手に、1920 年代のジャズとエレガントな隠れ家の雰囲気を楽しんでください。アメリカの禁酒法時代にタイムスリップするような、特別な体験です。カジュアルな場所がお好みなら、近くのエイボンデールブルーイング Co(Avondale Brewing Co.)へ。自家製のクラフトビールとバーミンガムの伝説の真相がここの呼び物です。誰だって心を打つ物語は大好きでしょう。醸造所、タップルーム、屋外のコンサート会場があいまって、楽しい時間と忘れられないクラフトエールとその背後の物語で知られる、すてきな空間を創り上げています。黄金色のベルギーエール、ミス・ファンシーは必ず注文しましょう。この名前はバーミンガム動物園(Birmingham Zoo)で人気者だった象から取られました。実は、昔、動物園の飼育係がミス・ファンシーの胃の不調を治すために、市庁舎に積み上げてあった密造のビールを飲ませていた、というのです。

パブリックアート、クラフトビール、ライブミュージックのホットスポットがあるバーミンガムのダウンタウンを徒歩で観光

パブリックアート、クラフトビール、ライブミュージックのホットスポットがあるバーミンガムのダウンタウンを徒歩で観光
詳細を表示

モンゴメリーのカントリーミュージックのレジェンド

アメリカのカントリーミュージックのスーパースター、ハンク・ウィリアムズを語らずしてアラバマ州の音楽を語ることはできません。彼は、「ヘイ・グッド・ルッキン(Hey Good Lookin’)」、「ユア・チーティン・ハート(Your Cheatin’ Heart)」、「泣きたいほどの淋しさだ(I’m So Lonesome I Could Cry)」などのすばらしいヒット曲を世に送り出した吟遊詩人です。彼はモンゴメリーでキャリアをスタートさせ、今はこの町で眠っています。ハンク・ウィリアムズ博物館(Hank Williams Museum)では、彼がカントリーミュージックに与えた偉大な影響について知ることができます。都合のよいことに、この博物館はバーミンガムのブルースとジャズのユニークな地下クラブ、スー・ラ・テール(Sous La Terre)から半ブロックのところにあります。

モンゴメリーのカントリーミュージックのレジェンドに捧げられた博物館の外に立つハンク・ウィリアムズの像

モンゴメリーのカントリーミュージックのレジェンドに捧げられた博物館の外に立つハンク・ウィリアムズの像
詳細を表示
Alabama Tourism Department

アクセス方法

バーミンガム-シャトルズワース国際空港(BHM)に降り立ったらレンタカーを手配してバーミンガムを巡り、その後2 時間ほどのドライブで 189 キロメートル北にあるマッスルショールズに向かうか、156 キロメートル南にあるモンゴメリーに向かいます。

さらに調べる