Skip to main content
インターナショナル・カー・フォレスト
1 / 1
  • 州:
    ネバダ州

ネバダ州の砂漠の中で、グラフィティ、自動車、宗教が合体してスクラップのジャングルを形成しています。

インターナショナル・カー・フォレスト・オブ・ザ・ラスト・チャーチ(International Car Forest of the Last Church)は、ネバダ州の 2 人のアーティストの夢のプロジェクトです。この教会は、キリスト教の礼拝堂よりはむしろ麻薬常習者のドルイド教の遺跡のように見えます。チャド・ソーグとマーク・リッピーの 2 人のアーティストの作品であるカー・フォレストは、ソーグがプロジェクトの種を蒔いたところから始まりました。ソーグはネバダ州ゴールドフィールドを車で走っているときに、鼻の先を砂の中に突っ込んで止まっている自動車を見たのです。この光景に心を奪われたこのアーティストは、これはリッピーの作品だと見抜き、2011 年にはゴールドフィールドに引っ越してきて、リッピーが彼の「森」を拡張する手助けをするようになりました。

乗用車、トラック、バンなどの 40 台以上の自動車が絶妙なバランスで次々に連なったり重ねられたりしている様子は、巨人の子供が散らかしっぱなしにしたおもちゃのようです。廃棄された車は、頭蓋骨や政治家のカリカチュアなど、それぞれ異なるユニークなペイントがされています。

作品の説明やタイトルを示すものは何もありませんが、インターナショナル・カー・フォレスト・オブ・ザ・ラスト・チャーチという公式名称は、組織化された宗教を避ける彼の宗教上の信条に基づいて、リッピーが名づけました。残念ながら、この 2 人のアーティストはあるパーティーで仲たがいしてから作品を制作していません。しかしながらこの森は今も存在し、それを育てた 2 人より長く生き続けるでしょう。

さらに調べる
緑豊かな森に囲まれた紺碧の湖

旅行先

レイクタホ