Skip to main content
ハウス・オブ・タガ
1 / 1
  • 州:
    北マリアナ諸島

大昔、これらの落ちた立石は邸宅を支えていました。

北マリアナ諸島自治連邦区にある小さな島、テニアン(Tinian)に、かつては巨大な立石が並んでいたものの、現在は 1 つを残しすべて落ちているハウス・オブ・タガ(House of Taga)として知られる巨石の遺跡があります。建設当時は、ハウス・オブ・タガの石柱は高さ 4.5 メートル程あり、それぞれ先端部に半球状の石が載せられていました。これらの石柱は、木や藁で作られた家の主な基礎部分としての働きを持ち、洪水や野生動物から家を守る役目を果たしていたと考えられています。

伝説の住宅の落ちてしまった基盤

この場所は、古代の岩々にまつわる地元の伝説から名づけられました。少し現実的な方のお話では、首長のタガが、ロタ島から来た愛する女性のために採石場の近辺で建てたことから始まったそうです。そして少し誇張した方のお話は、タガは巨大な石柱を実際に持ち上げて自分の腕で並べたのだそうです。どちらのお話もおそらく一部のみが本当なのでしょう。ただし、残された跡はまぎれもなく本物です。

地震によってほとんどの岩が落ちてしまい、最初に作られた 15 のうち 1 つのみが現在も高いまま残っていると考えられています。伝説の首長の跡地をたずねてみましょう。ただし、ご自身で岩を持ち上げようとすることはお勧めできません。

旅行の前に知っておきたいこと

ハウス・オブ・タガはサンノゼ村(San Jose Village)のカマービーチ(Kammer Beach)東、波止場の西に位置しています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
アプガンの丘のサンタアグエダ砦から見渡す市街と湾

旅行先

ハガニア

上空から見たイナラハンの美しい天然プール

旅行先

イナラハン

タモンベイでのシュノーケリング

旅行先

タモン