Skip to main content
ハウス・オブ・エターナル・リターン
1 / 1
  • 州:
    ニューメキシコ州

幽霊屋敷、自分で選ぶアドベンチャー、ジャングルジムが 1 つになった体験型施設。

ジョージ・R.R.マーティンがサンタフェの工業地区の空き家のボーリング場を購入し、意匠を凝らしたアートインスタレーションを作成する 135 人のメンバーを抱えるアーティスト集団にその空間を貸したら、何かすごいものが生まれると想像できるでしょう。そうしてできたのがハウス・オブ・エターナル・リターン(House of Eternal Return)です。

アート集団ミャウウルフ(Meow Wolf)が手がけた初めての常設インスタレーション「ハウス・オブ・エターナル・リターン」は、すみずみまで探険できる広さ 1,858 平方メートルの施設です。中心となるのは実物大で再現された 2 階建てのビクトリア様式の建物で、そこには秘密が隠されています。訪問者に提供される物語の背景によると、この家にはかつてゼーリッヒ一家が住んでいました。しかし、一家の失踪につながる「何かが起き」、時間と空間の性質が明らかに歪められました。

訪問者は自由に動き回り、家族の服、家具、本、私文書をくまなく探し、家中に隠された宇宙的な手掛かりを見つけ、ばらばらの物語を自分自身でつなぎ合わせます。ハウス・オブ・エターナル・リターンには、神秘的なフォレスト・ツリー・ハウス、ハムスターの力で動く西部開拓時代の小さな農園、光を発する洞窟、宇宙時代のコリドー、マストドンの骨でできた木琴、レーザーハープ、ゼーリッヒ一家のおじいちゃんが次元間のバランスの信じられないような重大な陰謀をつぶそうと苦労した書斎など、互いにつながった異なるスペースが合計で 70 あります。

このスペースには、ファンシータウン(Fancy Town)と呼ばれる音楽ホールや、子供向けの講座を開催している非営利センターのキメラ(Chimera)もあります。サマーキャンプ、放課後プログラム、インターンシップはすべて施設内で行われます。

旅行の前に知っておきたいこと

火曜日を除く毎日営業。金曜日と土曜日は夜遅くまでオープンしています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる