Skip to main content
ヒップホップ音楽に合わせて自由なスタイルで踊るストリートダンス、ブレイクダンス

ポップカルチャーにおけるヒップホップ:音楽は世界をどのように変えたか

提供: Peter Bothum

1 / 1

ニューヨーク市のストリートで作り出されたジャンル、ヒップホップは、音楽的衝撃を超え続け、アメリカ文化のさまざまな側面に影響を与えています。

ヒップホップは、40 年前にブルックリンで誕生して以来、服装、踊り方、考え方のトレンドセッターの役割を果たしてきました。ファッションから映画やセレブ、スポーツまで、ヒップホップのトレンドはほぼすべての場所で見つけることができます。

サウンドトラックからムーブメントへ

ヒップホップは人々が発する声です。N.W.A. はアルバム『ストレイト・アウタ・コンプトン』と『100 マイルズ・アンド・ランニン』を発表して、そしてアイス-T は自身のバンド、ボディカウントとともに、1990 年代初期のカリフォルニア州ロサンゼルスの社会的対立を冷淡に予言しました。一方、アイス・キューブはアルバム『The Predator』で暴動後の激しい怒りをサウンドに変えて記録しました。ロサンゼルスは、1990 年代末期の西海岸と東海岸の争いの中心地でもありました。この東西の対立によって、トゥパック・シャクールやノトーリアス・B.I.G. から素晴らしい音楽が生み出されました。20 年間の休戦状態が順調に進み、ロサンゼルスを拠点とする新世代のラッパーが、より社会的意識の高い歌詞を次々に生み出しています。その中には、ラップバトルのキングのダムファウンデッド、G ファンクの影響を受けたトリズやイル・カミーユがいます。

特に『The Predator』で知られる伝説のパフォーマー、アイス・キューブ

特に『The Predator』で知られる伝説のパフォーマー、アイス・キューブ
詳細を表示

マイアミでの立場の表明

南部のラップに関する議論は、ジョージア州アトランタを中心に展開する傾向があります。さらに南のフロリダ州マイアミには、リック・ロス、フロー・ライダー、トリック・ダディ、トリーナのようなアーティストがいるヒップホップファクトリーがあります。マイアミのツー・ライヴ・クルーは、パーティラッパーたちが意外にも言論の自由の擁護者になったときに、マイアミをラップ界で有名にした最初のアーティストでした。彼らの 1989 年のアルバム『As Nasty As They Wanna Be』は、アメリカ政府によって危うく禁止されるところでしたが、この出来事は結局、そのレコードの売り上げを増やし、他のアーティストに意見の共有をさらに勧める結果となりました。

熱狂的な聴衆に向かってパフォーマンスをするツー・ライヴ・クルー

熱狂的な聴衆に向かってパフォーマンスをするツー・ライヴ・クルー
詳細を表示

スタイルがジャンルに与える影響

Run-D.M.C. が1980 年代初期にアディダス(Adidas)のシューズを履いてチャートの順位を上げると、大衆はアディダスを身に着け始めました。他の初期のファッションアイコンには、L.L.・クール・J のカンゴール(Kangol)のハット、ソルト・ン・ペパーのダッパーダン(Dapper Dan)のカラフルなジャケットなどがあります。スヌープ・ドッグがトミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)ブランドのスポーツウェアを着用し始めた 1990 年代半ばに、物事には企業がかかわるようになりました。その後は、アーティストが主導権を握りました。ショーン・コムズはパフ・ダディーや P.・ディディという名前でも知られていますが、2000 年代初期にショーン・ジョンと言う役員室でもストリートでも活躍するブランドで業界を変えました。他のアーティストもすぐに続きました。ジェイ・Z は小粋なグッチ(Gucci)のラインを着用し、カニエ・ウェストはイージー(Yeezy)という洗練されながらもベーシックなラインを立ち上げました。

成功の証:Run-D.M.C. ブランドはシューズにまで及びます

成功の証:Run-D.M.C. ブランドはシューズにまで及びます
詳細を表示

ラップとスポーツと映画のミックス

彼らは初期にラップで歌えるだろうと誰もが考えました。コメディアンのロドニー・デンジャーフィールドは 1983 年に「Rappin’ Rodney」という曲で歌に挑戦しました。『特攻野郎 A チーム』に出演した俳優のミスター・T は、1984 年に「Be Somebody (Or Be Somebody’s Fool)」をリリースしました。これらのリリースは、ばかげたものでしたが、クロスオーバー作品が次々と誕生するきっかけとなりました。ペンシルベニア州フィラデルフィア出身のウィル・スミスは、DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスの活動と並行して、ソロアーティストとしての音楽活動を続けながら、テレビでも映画でも俳優として成功を収めました。スポーツ界からも参入しています。フィラデルフィアセブンティシクサーズ(Philadelphia 76ers)のガードを務めたアレン・アイバーソンは、ヒップホップアルバムをレコーディングしたバスケットボール選手の 1 人です。NBA オールスターに選出されたシャキール・オニールは、1990 年代に 5 枚のアルバムをリリースしました。

進化し続けるダンス

1970 年代末期のニューヨーク州ニューヨーク市のストリートにルーツを持つブレイクダンスは、大型ラジカセと同様にラップのシンボルになりました。芸術様式はアップロックのような最新のスタイルによって進化しました。アップロックは攻撃的なスタイルのダンスで、マイケル・ジャクソンの「今夜はビートイット」やリサ・リサ&カルトジャムの「I Wonder If I Take You Home」のようなビデオで見られる 2 人の B ボーイと関係があります。最終的にヒップホップは先へ進んでいきました。1987 年には、グッチクルー II の「Cabbage Patch」という曲にインスパイアされて、両腕を円形に回すというダンスが登場しました。2010 年にはダブが考案されました。これは、アトランタのスキッパ・ダ・フリッパが「How Fast Can You Count It」という自分のビデオでビートに合わせて数回行ったもので、結局仲間のミーゴスによっていっそう人気が高まることになりました。

向きを変えながら、印象的な動きのブレイクダンスを披露する男性

向きを変えながら、印象的な動きのブレイクダンスを披露する男性
詳細を表示

Word Up(そのとおり):ヒップホップ特有の言葉

ヒップホップは話し方にも影響を及ぼしました。「def(かっこいい)」や「bad(最高の)」はヒップホップから生まれた言葉です。EPMD の 1988 年のシングル「You Gots To Chill」で使われた「chill(リラックス)」と 1971 年の映画『Superfly』に由来する「fly(最高)」も同様です。「word(そのとおり)」はキャメオの 1986 年のシングル「Word Up」で具体的に使用されました。「fresh(クール)」は 80 年代のレジェンドのダグ・E・フレッシュのような MC の名前としてだけでなく、アウトキャストの 2000 年のトラック「So Fresh, So Clean」をはじめとする歌でも使用されました。ギャングスタラップは 1980 年代から存在していた「sucker(下衆な奴)」や「chill(リラックス)」を生まれ変わらせましたが、「G(ギャング)」や「gat(ピストル)」など、1990 年代には印字が禁止されていた多くのスラングも使用しました。「shizzle(もちろん)」とそのバリエーションは 2000 年代に出現しました。

ジョージア州アトランタで活動を始めたヒップホップデュオのアウトキャスト

ジョージア州アトランタで活動を始めたヒップホップデュオのアウトキャスト
詳細を表示

銀幕の影響

1984 年の『ブレイクダンス 2 ブーガルビートで T.K.O!』や 1985 年の『クラッシュ・グルーブ』のような映画は、プレイリストやブレイクダンサー志望者向けのバーチャル入門書を提供することで、ヒップホップの世界を大衆に紹介するのに一役買いました。その後、ヒップホップはアメリカ文化の奥深くまで影響を与えました。ニューヨーク市のブルックリンを舞台にしたスパイク・リーの 1989 年の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』に加え、1991 年の『ボーイズ'ン・ザ・フッド』と 2015 年の N.W.A. の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』というロサンゼルスを舞台にした 2 本の映画は、多くの人が存在さえも知らない世界を垣間見る機会を提供しました。テネシー州メンフィスで物語が繰り広げられる 2005 年の『ハッスル&フロウ』は、他のどのアメリカ映画よりも適格にラップゲームをとらえていました。この映画のテーマ曲の「It’s Hard Out There for A Pimp」はアカデミー賞歌曲賞を受賞しました。

2005 年の映画『ハッスル&フロウ』のキャストとスタッフ

2005 年の映画『ハッスル&フロウ』のキャストとスタッフ
詳細を表示
さらに調べる