Skip to main content
ミシシッピ州クラークスデールにあるデルタブルース博物館内の歴史ある展示品とコレクション

ミシシッピ州, ミズーリ州, テネシー州, アラバマ州

伝説的人物たち:ブルースの博物館と記念碑

提供: : イドイア・ギカス

1 / 1
  • 州:
    ミシシッピ州
    ミズーリ州
    テネシー州
    アラバマ州

ブルースのファンは、博物館や記念碑を通して、ブルースを造り上げたミュージシャンたちの人生についてじっくりと知ることができます。

アメリカの南東部はブルース音楽が生まれた場所で、ミシシッピ州にあるロバート・ジョンソンの「悪魔のクロスロード」(Devil’s Crossroads)のギターの彫刻から B.B.キングのギター「ルシール」が名付けられたアーカンソー州にある音楽ホールまで、多くの道沿いに見どころや記念碑を残しています。ブルースのファンは、これらの博物館や記念碑を通して、音楽とそれを作り上げた人々についてじっくりと知ることができます。

ミズーリ州セントルイス:国立ブルース博物館

セントルイスはブルースが南から移動した際に根付いた主な都市のひとつです。国立ブルース博物館(National Blues Museum)は知識の広がる展示品やコレクションを通して、19 世紀後半から現在までこの音楽スタイルを探求し続けています。体験型展示のひとつでは、ブルース演奏者を作って自分の曲を録音することができます。ダウンタウンにあるこの博物館からは、ゲートウェイアーチ(Gateway Arch)や美しいミシシッピ川グリーンウェイ(Mississippi River Greenway)までわずか 10 分です。

セントルイスの国立ブルース博物館ルイスを探検する

セントルイスの国立ブルース博物館を探検するツアー
詳細を表示

デルタブルース博物館:ミシシッピ州クラークスデール

クラークスデールはデルタブルースが生まれた場所で、一連の重要なミシシッピブルースのランドマーク、ミシシッピ・ブルース・トレイル(Mississippi Blues Trail)の一部です。デルタブルース博物館(Delta Blues Museum)の常設コレクションには、マディ・ウォーターズ、B.B.キング、サン・トーマスらが奏でたギターなど、素晴らしい展示品が揃っています。きわめつきは、アラン・ロマックスが 1941 年に初めて「ウォーターズ」(Waters)のレコーディングをした小屋です。生演奏を聴きたいなら、レイズラウンジ(Ray's Lounge)やグラウンド・ゼロ・ブルース・クラブ(Ground Zero Blues Club)に立ち寄ってみてください。またはジューク・ジョイント・フェスティバル(Juke Joint Festival)、サンフラワー・リバー・ブルース&ゴスペル・フェスティバル(Sunflower River Blues & Gospel Festival)、ディープ・ブルース・フェスティバル(Deep Blues Festival)など、人気のある音楽イベントもあります。

デルタブルース博物館で学ぶビッグ・ママ・ソーントン

デルタブルース博物館で学ぶビッグ・ママ・ソーントン
詳細を表示

B.B.キング博物館とデルタ解説センター:ミシシッピ州インディアノーラ

60 年以上にもわたりブルースを愛した B.B.キング以外に、「ブルースの王」の名がふさわしい人物はいません。ミシシッピ州インディアノーラにある B.B.キング博物館(B.B.King Museum)とデルタ解説センター(Delta Interpretive Center)は、ミシシッピ州デルタの田舎にあるキングの生誕地からわずか 25 分の所にあり、珍しいコレクション、映像、歴史的な資料が見られます。面白いことに、この施設は若きキングが働いていた昔の綿工場に作られています。キングは、情熱を持って貢献したこの博物館に埋葬されています。

ミシシッピ・ブルース・トレイルの沿いにある、20 世紀の初めにアフリカ系アメリカ人が集っていたバーやクラブが集まるチトリンサーキット(Chitlin’ Circuit)のクラブエボニー(Club Ebony)にも立ち寄ってみましょう。クラブエボニーは当時から生き残っているブルースクラブのひとつです。

B.B.キング博物館とデルタ解説センターで学ぶ「ブルースの王」

B.B.キング博物館とデルタ解説センターで学ぶ「ブルースの王」
詳細を表示

ブルース殿堂博物館:テネシー州メンフィス

メンフィスには、1 世紀以上にわたってブルースのミュージシャンたちが集い、いまだ「ブルースの故郷」として知られています。ブルース殿堂博物館(Blues Hall of Fame Museum)を訪れて、殿堂入りした楽器、賞、サイン、衣装の数々を見学しましょう。ドクター・ジョンのファンキーなウォーキングスティック、バディ・ガイがサインしたギター、マディ・ウォーターズのツアージャケットを探してみましょう。ビール・ストリート(Beale Street)に行くときは、W.C.ハンディミュージアム(W.C. Handy Museum)で写真を撮るのをお忘れなく。ここは、「ブルースの父」として知られるハンディが、最初に大ヒットしたブルース「メンフィスブルース」をつくった場所です。すぐ近くのハンディパーク(Handy Park)には彼の像が建っています。

W.C.ハンディの生家、博物館&図書館:アラバマ州フローレンス

メンフィスは後年のW.C. ハンディの故郷ですが、彼は 1873 年にアラバマ州フローレンスで生まれました。ミュージアムになった質素な小屋の中には、トランペット、ピアノ、手書きの楽譜があります。ツアーガイドが、フィレンツェでの生い立ちからメンフィス、セント・ルイス、ニューヨーク州での有名な経歴まで、ハンディの話をしてくれます。7 月のフローレンスでは、W.C.ハンディ・ミュージック・フェスティバル(W.C.Handy Music Festival)が開かれます。このフェスティバルは、この地域のトップイベントのひとつとして知られています。色々な音楽が好きな方は、フィレンツェとマッスルショールズの歴史ある音楽スポットを見学しましょう。近隣の町は、かつて「世界のヒット曲の中心地」として知られていました。

W.C.ハンディの生家、博物館&図書館にある生きたブルースの歴史

W.C.ハンディの生家、博物館&図書館にある生きたブルースの歴史
詳細を表示

ベッシー・スミス文化センター:テネシー州チャタヌーガ

不屈の声の持ち主で、「ブルースの皇后」として知られるチャタヌーガ生まれのベッシー・スミスは、アフリカ系アメリカの女性シンガーたちの環境を大きく変えました。ベッシー・スミス文化センター(Bessie Smith Cultural Center)には、スミスと他の著名人物に関する美術品や展示品があります。この辺りでは、チャタヌーガで人気の料理、家族での楽しいアクティビティ、無料の夏のコンサートシリーズも見逃せません。

テネシー川の外輪船とチャタヌーガのスカイライン

テネシー川の外輪船とチャタヌーガのスカイライン
詳細を表示