Skip to main content
ニューヨーク市の壁面アート

ニューヨーク州, カリフォルニア州, ジョージア州, メリーランド州, テキサス州

アメリカのヒップホップ:音楽を支えてきた都市を巡る旅

提供: : Peter Bothum

1 / 1
  • 州:
    ニューヨーク州
    カリフォルニア州
    ジョージア州
    メリーランド州
    テキサス州

1970 年代のブルックリンの通りから飛躍した後、ヒップホップが世界的な文化の試金石になるまで時間はかかりませんでした。

ヒップホップは、1980 年代の半ばから後半にかけてのサンプリングと有力作詞家の時代から、1990 年代の社会的意識の高いラップへと進化しました。今日の革新的な試みによって電子音楽、ソウル、ファンクと融合し、新たな場へと移行しています。ヒップホップが根付き、変化し、革新的なアーティストを生んだ足場となった都市を巡りましょう。

ヒップホップ発祥の地

ニューヨーク州ニューヨーク市では、作詞家が常にキングの座についてきました。すべての地区にヒップホップ界のレジェンドが存在しています。例えば、シュガーヒルギャングはブロンクス、Run-D.M.C. はクイーンズ、ビギー・スモールズとも呼ばれるノトーリアス・B.I.G. はブルックリン、ウータンクランはスタテン島、クール・モー・ディーはマンハッタンに君臨しています。1,500 席のアポロシアター(Apollo Theater)は誰もが認めるヒップホップの殿堂です。この劇場は未来のスターの出発点としての役割を果たし、日々多様化してきましたが、今でもヒップホップのショーやフェスティバルが公演予定表で多くを占めています。ブルックリンは拠点としての役割も果たし続けています。フラットブッシュ(Flatbush)地区には、ソーシャルバタフライ(Social Butterfly)のようなバンプ系のクラブやレストランがたくさんあります。バターファンクキッチン(Butterfunk Kitchen)では南部料理を北部で味わえ、サファリ・ルーム・アット・エル・コルテス(Safari Room at El Cortez)ではラテン料理とアンダーグラウンドミュージシャンの演奏を楽しめます。マンハッタンでは、ソーホー(Soho)にあるライブハウス兼レストランの S.O.B.’s や昔風のジャマイカ料理を提供するミスリリーズ(Miss Lily’s)で、ヒップホップの将来像を見ることができます。ハッシュ・ヒップホップ・ツアーズ(Hush Hip Hop Tours)のツアーをはじめとする複数の歴史ツアーが開催されています。

ニューヨーク市マンハッタンのハーレム地区にある歴史的に有名なアポロシアター

ニューヨーク市マンハッタンのハーレム地区にある歴史的に有名なアポロシアター
詳細を表示
Joe Buglewicz

西海岸ツアー

カリフォルニア州ロサンゼルスはウェスト・コースト・ラップの中心地であり、G ファンクサウンドの発祥地です。G ファンクは、シンセサイザーの音層や精神状態に影響するグルーブからなる音楽で、ドクター・ドレー、スヌープ・ドッグ、トゥパック・シャクールが完成させました。ロサンゼルスはギャングスタラップが誕生した場所でもあります。この危険な反権威的ジャンルは、1986 年にアイス-T、N.W.A.、パブリックエナミーなどの複数のグループとアーティストが立ち上げました。L.A. フッド・ライフ・ツアーズ(L.A.Hood Life Tours)の専門家は、市内の主なヒップホップスポットを案内してくれます。ライブショーを楽しむなら、最新のパフォーマーが出演するザノボ(The Novo)、アンダーグラウンドを取り上げるジエアライナー(The Airliner)、一流の機材を備えたステージとなるエコープレックス(Echoplex)やシュラインオーディトリアム(Shrine Auditorium)がおすすめです。ハリウッドボウル(Hollywood Bowl)のステージ予定をチェックしましょう。星空の下で、他のジャンルのお気に入りのスターがステージ上で披露するパフォーマンスを見ることができます。大勢のセレブを目撃したい方は、ハリウッドブルバード(Hollywood Boulevard)やロデオドライブ(Rodeo Drive)を散歩してはいかがでしょうか。

ロサンゼルスの屋上で楽しむ DJ のパフォーマンス

ロサンゼルスの屋上で楽しむ DJ のパフォーマンス
詳細を表示

ヒップホップの中心地

ジョージア州アトランタでは、アレステッドディベロプメントのようなアフリカ中心のヒップホップやアウトキャスト、リュダクリスなどの超大スターからリル・ジョンを代表とするクランクやリル・ヨッティのようなトラップまで、あらゆる分野が生まれてきました。スミスズ・オールド・バー(Smiths’ Olde Bar)やザマスカレード(The Masquerade)では、ヒップホップシーンが絶え間なく進化しています。一方、MJQ コンコース(MJQ Concourse)の伝説のラインナップはザ・ドランケン・ユニコーン(The Drunken Unicorn)で生き続けています。ここで代表的なランドマークをいくつがご紹介します。フォックスシアター(Fox Theatre)は、最近修復されて 1929 年当時の栄光を取り戻しました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア国立歴史公園(Martin Luther King Jr.National Historical Park)には公民権運動のリーダーの少年時代の家があります。市民権・人権博物館(Center for Civil and Human Rights)では世界中の人権に焦点を当てた展示を行っています。アトランタの味を体験したい方は、シェフのスティーブン・サターフィールドがジョージア州の料理を提供するミラーユニオン(Miller Union)に立ち寄って食事を楽しんでください。

アトランタの通りで披露されるブレイクダンス

アトランタの通りで披露されるブレイクダンス
詳細を表示
詳細情報

トゥパック・シャクールの足跡を歩いてたどりましょう

今は亡きトゥパック・シャクールは過去も現在も西海岸派と考えられていますが、実際に初めてライムを踏んだのはメリーランド州ボルチモアの高校時代でした。ジオットバー(The Ottobar)やボルチモアサウンドステージ(Baltimore Soundstage)のようなジャンルを越えたライブハウスでは、パックの足跡をたどる人々を見かけることがあります。音楽界のあらゆる一流プレーヤーがやってきて、大型施設のロイヤル・ファームス・アリーナ(Royal Farms Arena)で演奏を行います。ボルチモアに行く場合、インナーハーバー(Inner Harbor)は外せません。国立水族館(National Aquarium)、多種多様なショッピングや食事が楽しめるハーバープレイス(Harborplace)があるだけでなく、昼も夜もボートツアーが行われます。ボルチモアはスポーツの街ですが、かなり過小評価されています。アメリカンフットボールの強豪チームであるレイブンズ(Ravens)は M&T バンク・スタジアム(M&T Bank Stadium)をホームスタジアムとし、野球のオリオールズ(Orioles)はカムデンヤーズ(Camden Yards)の隣にあるリーグの中でもとりわけ美しい野球場をホームグラウンドとしています。

ボルチモアのインナーハーバー地区

ボルチモアのインナーハーバー地区
詳細を表示
詳細情報

レジェンドと宇宙計画がぶつかり合う場所

テキサス州ヒューストンのヒップホップシーンは、1990 年代初期に G ファンクとビッグビートがミックスして形を成し始めました。レジェンドとして、チョップ・アンド・スクラッチ・サウンドを考案した故 DJ スクリュー、優れた作詞家であるスカーフェイス、地元のヒーローの Z ローなどが挙げられます。市内で特に有名な 2 つのライブスポットは、ダウンタウンにあるハウス・オブ・ブルース(House of Blues)とウェアハウスライブ(Warehouse Live)で、どちらもジャンルをまたいだサウンドを聴かせてくれます。ビール愛好家の方は、エイトス・ワンダー・ブルワリー(8th Wonder Brewery)とフライング・ソーサー・ドラフト・エンポリアム(Flying Saucer Draught Emporium)にお出かけください。ここではスポーツファンも大いに楽しめます。野球の 2017 年ワールドシリーズ優勝チームのアストロズ(Astros)がミニッツ・メイド・パーク(Minute Maid Park)でプレーし、バスケットボールチームのロケッツ(Rockets)がトヨタセンターを本拠地としています。「ヒューストン、トラブル発生だ」という言葉の背後にある歴史を知りたい場合は、スペース・センター・ヒューストン(Space Center Houston)に行くことをおすすめします。

バッファローバイユーとヒューストンのスカイラインの夜景

バッファローバイユーとヒューストンのスカイラインの夜景
詳細を表示
さらに調べる
キャッスルクレイグス州立公園で景色を堪能

旅行先

レディング

フォレストヴィル近郊のブドウ園に漂う朝霧

旅行先

ソノマ