Skip to main content
ハヴァスパイフォールズ
1 / 1
  • 州:
    アリゾナ州

グランドキャニオンにあるこの人里離れた真っ青な滝は水泳には最適で、ハヴァスパイ族の最高の秘密の場所です。

グランドキャニオンは毎年 500 万人以上の人が訪れる観光地であり、世界七不思議のひとつに数えられています。しかしハヴァスパイインディアンの居留地のある渓谷の奥深くには、観光客にはほとんど知られていない美が隠されています。それがハヴァスパイフォールズ(Havasupai Falls)です。「青緑の水の民」を意味するハヴァスパイの人々はアリゾナ州北部の、ハヴァスパイフォールズがある地域の先住民です。ハヴァスパイフォールズは、ハヴァス洞窟(Havasu Cavern)の中に隠れている真っ青な水の滝群です。最も有名な滝がハヴァスフォールズ(Havasu Falls)で、階段状に流れるこの滝は、クール・ブルー・ゲータレードが流れているのかと見間違うほど真っ青です。グランドキャニオンでは混雑は避けられませんが、こちらのターコイズブルーの滝は比較的人が少なく、長い間ハヴァスパイ族の秘密の場所でした。訪れる外国人も多くありません。

グランドキャニオンの一番の秘密の場所

この風景が見られる大きな理由のひとつは、この部族が彼らの領地を観光客に公開することを望まなかったことにあります。彼らは、滝があるスパイの村への立ち入りの許可を少人数の応募者のみに限定するというキャンプ許可のシステムを確立したのです。幸運にも許可を得たとしても、訪れるにはヘリコプター、馬、あるいはラバに乗るために大金を払うことが条件です。そうでなければ 16 キロメートルの道を歩いて行き、歩いて帰るしかありません。道中には赤い岩や古代のピクトグラムがあり、非常に厳しい道のりですが、美しい風景が楽しめます。

到着すれば、何物にも代えがたい落差約 30 メートルの滝の光景が待っています。ここは命知らずにとって夢の場所でもあります。高い崖から飛び降りたり、滝の裏側の岩の洞穴まで泳いだりできますが、どちらも大きな危険が伴います。アクアマリンの滝はひとつでは不十分と言わんばかりに、この地域にはほかに 4 つの同様の滝があります。ハヴァスフォールズの近くには、ムーニー(Mooney)、ナバホ(Navajo)、スパイ(Supai)、ビーバー(Beaver)という 4 つの滝があり、どれもがそれぞれに美しく荘厳な姿を見せています。

絵のように美しいターコイズブルーが見られる理由は、この 5 つの滝と水源であるハヴァスクリーク(Havasu Creek)の湧水に炭酸カルシウムが多く含まれているせいです。炭酸カルシウムの含有量が多いために、一部の滝の頂上には 70 度のトラバーチンの水たまりが形成され、格好の水泳の場所となっています。

旅行の前に知っておきたいこと

徒歩で行くか、ミュールまたは馬に乗るか、それともヘリコプターに乗って渓谷の底に行くことができます。ヘリポートは、アメリカで最後の現役ポニーエクスプレス(Pony Express)の停留所の隣にあります。滝を訪れるには、まずハヴァスパイキャンプグラウンド(Havasupai Campground)に宿泊する許可を得て予約を取る必要があります。滝への日帰りの旅は許可されません。ハヴァスパイ部族の公式 ウェブサイトで予約することができます。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
ライペリアン・プリザーブ・アット・ウォーターランチの保護区にあるサワロサボテンの自生地をハイキング

旅行先

ギルバート