Skip to main content
Mark Twain Riverboat on the Mississippi in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

1 of 10
Tom Sawyer’s Iconic White Fence in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

2 of 10
Tom Sawyer’s White Fence at Mark Twain Boyhood Home & Museum

ミズーリ州

ハンニバル

3 of 10
Tom Sawyers Home in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

4 of 10
Mark Twain Riverboat in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

5 of 10
Enjoying the Mark Twain Riverboat in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

6 of 10
Navigating past Jackson’s Island in Hannibal Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

7 of 10
Mississippi River in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

8 of 10
The Mark Twain Cave in Hannibal, Missouri

ミズーリ州

ハンニバル

9 of 10
Aladdin’s Palace, Mark Twain Cave Complex

ミズーリ州

ハンニバル

10 of 10
  • States:
    ミズーリ州

マーク・トウェインにインスピレーションを与えた町を巡る

アメリカを代表する文豪サミュエル・クレメンズは、ミシシッピでの生活について、故郷ハンニバル(人口17,757人)がいまだ将来性のあるリバータウンと評価されていると力強く記しています。 グレートリバーロード沿いの2つの巨大な丘とスターストップの間に位置するハンニバルは、マーク・トウェインに宛てた大きくて、とてつもなく魅力的な1通のラブレターです。町の看板の半分に彼の名前が記され、もう半分に彼の作品の登場人物の名前が記されています。

著者が作った川の町

クレメンズは、初期の職業で蒸気船の水先人をしていたことから、ペンネームを「マーク・トウェイン」と定めました。 浅瀬の水深が航海に十分な4mに達していれば、乗組員は大声で「マーク・トウェイン」と言っていました。 トウェインは「トム・ソーヤーの冒険」(1876年)の中で、アメリカ文学史の中でも特に忘れがたい登場人物としてハックルベリー・フィン、ベッキー・サッチャー、ジムを登場させていますが、彼が文豪の仲間入りをした作品は「ハックルベリー・フィンの冒険」(1885年)でした。

トウェイン愛好家にとっての原点はマーク・トウェインの少年時代の家です。トウェインが1840年代に家族で住んでいたこぎれいな2階建ての白い下見板の壁の家を含め、川の近くに建つ6棟の建物が忠実に保存されています。ここにはベッキー・サッチャーのモデルとなったローラ・ホーキンスの生家、トウェインの父親J.M.クレメンズが法律家として働いていた事務所、1847年に父親が破産した後に一家が9か月間暮らした魅力的で古風なグランツドラッグストアとその上階のピラスターハウスがあります。

ダウンタウンの魅力的な建物の中にあるマーク・トウェイン博物館&ギャラリーには、1930年代にトム・ソーヤーとハックルベリー・フィンの特別版の挿絵を委託されたノーマン・ロックウェルによる、15点の原画油絵の傑作コレクションが収蔵されています。 文学好きの方は、トウェインのライティングデスクとオリジナル原稿をご堪能ください。お子様は体験型展示で作品のシーンを演じることができます。

トウェインのファンには1時間のマークトウェインの洞窟ツアーは必見です。トム・ソーヤーの小説の中で鮮やかに描写されていたこの洞窟は、現在では照明が付き、舗道もできています。

マーク・トウェインマニアのお楽しみは7月第4週の週末に10万人が集うナショナルトムソーヤーデイズで最高潮に達します。小さな町でパレード、花火、塀塗り競争が催され、地元の中学1年生(12~13歳)の中から町の新しいトム・ソーヤーとベッキー・サッチャーを選んでその栄誉を称える行事が1950年代から行われています。

クレメンズは、晩年にはコネチカット州ハートフォードに住んでいましたが、頻繁にハンニバルに帰郷して高級なガースウッドサイドマンションで旧友達と過ごしました。現在では郊外有数の美しいB&Bになっているこのマンションは、ハンニバル近郊の丘に建てられた1871年に始まった第二帝国様式の邸宅です。 ここには1869年製スタインウェイスクエアグランドピアノなど、博物館に並べても遜色のない品質のビクトリア様式の調度品が揃っており、クレメンズの寝室を含む、贅沢な装飾を施した8つのベッドルームのそれぞれに並べられた寝巻きなどの魅力的な趣向が凝らされています。

さらに調べる