Skip to main content
スマグラーズノッチリゾートの空中アスレチックコース

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
1 / 6
バーモント州のスマグラーズノッチリゾートのグリーンマウンテンの眺め

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
2 / 6
バーモント州のスマグラーズノッチリゾートでリャマとハイキング

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
3 / 6
バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾートの年齢別子供向けキャンプ

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
4 / 6
バーモント州のスマグラーズノッチリゾートでのマウンテンバイクキャンプ

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
5 / 6
バーモント州のスマグラーズノッチリゾートでのウォータースライド

バーモント州

バーモント州にあるスマグラーズノッチリゾート:家族で一年中楽しめる場所

提供: Jody Sidle Short

Amon Focus
6 / 6
  • 州:
    バーモント州

この数日間、バーモント州のあちこちを散策している私は、グリーン・マウンテン・ステートの愛称を持つこの州の美しさと素晴らしさにすっかり心を奪われています。

私が滞在しているスマグラーズノッチリゾート(Smugglers’ Notch Resort)は、「アメリカのファミリーリゾート」というキャッチフレーズで知られる、オールシーズン対応のリゾート地。 複数の雑誌が調査した「子供にやさしいリゾート」ランキングで、北アメリカ東部部門の第 1 位を獲得しています。 ここへ到着して間もなく、私は雑誌の評価の正しさを実感することになります。 フロントの案内係の方が、子供が参加できるアクティビティと大人が参加できるアクティビティを説明してくれたのですが、そのラインナップの充実ぶりには驚きました。 私がチェックインしたのは、キッチン付きの広々としたスイート。バルコニーからは、池と山々を見渡すことができます。 一息ついた後、リゾートの全貌を探りに、ガイドなしのツアーへと出発しました。

子供向けのキャンプやアクティビティが充実

華やかな雰囲気の敷地内を散策していると、引率者について歩く 3~4 歳の子供たちのグループとすれ違いました。引率者は、たくさんのプラスチックボールを包んだ大きなパラシュートを抱えています。 輪になった子供たちは、パラシュートの端を掴んで一斉に上へ振り上げます。空中に飛び出す色とりどりのボール。落ちてくるボールを、今度はパラシュートでキャッチ。それを眺めていたら、微笑まずにはいられません。 これは子供向けキャンプの一環。子供たちの笑顔とはしゃぎ声から、本当に楽しんでいることがわかります。

角を曲がったところで、次は 7~8 人の子供たちのグループに遭遇しました。年齢は 8 歳よりも上でしょうか、傾斜面や障害物の中を、自転車に乗って走っています。マウンテンバイク教室です。 教室は、初心者がマウンテンバイクの基本を学ぶエリアと、経験者のためのスキルパークの 2 つのエリアに分かれています。

予約していた最初のアクティビティの時間が近づいてきたので、あたりを見回しながら集合場所へと向かいます。ディスクゴルフに興じる一団、季節ごとに楽しめる 8 つのスイミングプールの 1 つで水しぶきを上げる家族、テニスキャンプに参加している子供たち。もう少し年上の男の子は、池でフライボードに挑戦しています。 知らない方のために説明すると、フライボードというのは、水力ジェット推進装置を使って水の上を移動する遊びです。 そう、限りなく空中浮遊に近い体験ができるアレです。 ここはなんてすてきな場所なのでしょう!

バーモント州にあるスマグラーズノッチの年齢別子供向けキャンプ

バーモント州にあるスマグラーズノッチの年齢別子供向けキャンプ
詳細を表示

リャマとピクニックして、サルのように山を滑り降りる

私が選んだ最初のアクティビティは、リャマトレック(Llama Trek)でした。 DJ という名前の私のリャマは、なかなか面白いキャラクターの持ち主。 優しく撫でてブラシをかけたら、DJ の背中に昼食の包みを載せて、散策コースへと出発します。 リャマってこんなにカッコイイ動物だったんだ、と知ることができて、本当に素晴らしい体験でした。 木々に囲まれた丘の斜面で DJ とピクニックを満喫した私は、次に予約しているアクティビティ、アーバートレックキャノピーアドベンチャーズ(ArborTrek Canopy Adventures)に向けて気持ちを切り替えます。これは、8 箇所のジップラインを含む森の空中アスレチックコース。

難易度の異なる 70 以上の障害物が待ち構えているのです。 吊り橋を渡り、平均台を渡り、揺れるロープにつかまってジップラインを滑り降りる。ざっくり書き出しましたが、これはアスレチックコースのほんの一部です。 ところどころに難所もありましたが、もう一度挑戦したいと思わせる、心から楽しい時間でした。

スリル満点のアクティビティの後は、敷地内のレストランの 1 つ、「ハース&キャンドル(Hearth & Candle)」で夕食。すばらしい料理と行き届いたサービスに、体の疲れが消えてゆきます。地元のクラフトビールも最高でした。 この雰囲気がとても気に入った私は、今年の冬もここへ来て、寒い時期のアクティビティは暑い時期のものと比べてどうなのか、体験したいと思っています。個人的には、どちらも楽しいだろうと確信していますけどね!

バーモント州のスマグラーズノッチでリャマとハイキング

バーモント州のスマグラーズノッチでリャマとハイキング
詳細を表示
さらに調べる