Skip to main content
バーモント州チーズトレイルの耳寄り情報ガイド

バーモント州

バーモント州チーズトレイルの耳寄り情報ガイド

提供: Amy Lynch

1 の 1
  • 州:
    バーモント州

シャープな風味のチェダーからなめらかなグリュイエールまで、バーモント州で作られる舌が喜ぶ 150 種類のチーズは、この州を訪れる十分な理由です。

多くの人々にとって喜びと幸せをもたらしてくれる食べ物といえば、チーズがトップクラスにランキングされます。アメリカでは、バーモント州のチーズトレイル(Vermont Cheese Trail)よりチーズメーカーが密集している地域はほかにありません。トレイル沿いに点在するチーズ製造業者の数は 10 以上にのぼり、併設する農場の見学や製品の試食ができます。バーモント州のチーズトレイルの旅に正しい方法も間違った方法もありませんが、240 キロメートルのこの北方への道のりを行くのは簡単です。人気のあるスポットとあまり知られていないスポットが混在する道中では、バラエティに富んだフレーバーや舌触り、そしていろいろな体験が待っています。以下に提案する方法をとれば、きっと満足のいく旅になることでしょう。そして、おいしいおみやげでいっぱいになったトランクで、楽しい気分になることでしょう。

ブラトルバロの伝統あるチェダー

チェダーチーズで知られるバーモント州のトレイルで最初に立ち寄るのは、バーモント州ブラトルバロにあるグラフトン・ビレッジ・チーズ・カンパニー(Grafton Village Cheese Company)です。クロスバウンド、スモークチリ、2 年熟成や 3 年熟成といったさまざまなチーズは、地元の農場からの生乳を使った手作りです。この手法はグラフトンに受け継がれてきたもので、その伝統は 1892 年までさかのぼります。 

グラフトンの町にある私設のものとは別にあるブラトルバロにある施設は毎日開かれており、生産過程を見学したりワインやギフトを購入することもできます。すぐ隣にはふれあい農場があり、地元の動物たちをさわれるふれあい動物園など、納屋を開放したイベントもよく開かれます。

ロンドンデリーのゴーダチーズとおやつ

次の目的地は、バーモント州ロンドンデリーでゴーダチーズを生産しているテイラーファーム(Taylor Farm)です。ゴーダチーズの種類は、バーモント・ファームステッド(Vermont Farmstead)、メープルスモーク、ニンニク、チポトレの 4 つです。クリーミーで風味豊かなこれらのチーズはすべて専用農場の牛乳で作られています。 

ゴーダチーズのほかにも、試してみる価値大の珍しいチーズ、グリーン・マウンテン・ネトル(Green Mountain Nettle)があります。ラクサの葉で作られたチーズを作っているのは、アメリカ国内でもおそらくこの農場だけでしょう。テイラーファームは 1 年を通して開放されており、敷地内では、店内で試食したり動物に餌やりしたりできます。

マウントホリーの歴史に彩られた魅力

なめらかでクリーミーなチーズを特徴とするクロウリー・チーズカンパニー(Crowley Cheese Company)は 1824 年の創業以来、アメリカでもっとも長くチーズ作りを続けている工場です。ホワイトチェダーのような種類や、セージ、ニンニク、チャイブなどの材料を利用した舌に心地よい特別な仕上がりのチーズで知られています。 

そのこぢんまりした施設では通常、チーズを製造するのは週に 3 日のみなので、立ち寄る際には前もって連絡しておくことをお勧めします。さらさらと流れる小川のそばで趣のある土地に静かにたたずむこの場所は、トレイル道中で立ち寄るスポットのなかでも特に親しみやすさが感じられるでしょう。チーズの製造工程は一日がかりですので、どの時間帯に訪れてもプロセスの違った一面を見られます。

プリマスノッチで味の冒険

歴史の長さで銀メダルを誇るのは、クロウリーのすぐそばにある 1890 年創業のプリマス・アルティザン・チーズ(Plymouth Artisan Cheese)です。製造からカット、ワックスがけにいたるまですべて人の手によって仕上げられたチーズとカードは、長年にわたって数々の賞に輝いています。

プリマスは毎日オープンしています。見学者はガイドなしのツアーを利用して、チーズ博物館を見学したり、チーズが製造される部屋を大きな窓から見下ろしてその過程をじっくり見学することができます。

カボットの親しみやすい味覚

バーモント州のチーズトレイル沿いにある有名な食品製造業者のひとつにカボットがあります。ここでは、チーズやバターからヨーグルト、特製ディップまで、幅広い食品が製造されています。カボットはこの旅での北の端になりますが、これから先は選択肢が 2 つあります。カボットの町のビジターセンターと、西へ車ですぐのウォーターベリーにある別館です。

4 号線(Route 4)沿いにあるカボット・ビジターセンター(Cabot Visitors Center)では、ガイド付きツアーや製品の生産過程の見学を申し込めます。アネックスでは、カボット製品以外に、バーモント州の地ビール、シードル、ワインなどの買い物が楽しめます。地元チーズで一日(または連日)を締めくくるのにぴったりです。

何か甘いものも試食

もちろん、チーズだけが「緑の山の州」の有名な主要産物ではありません。メープルシロップとアイスクリームも忘れてはいけません。州のほぼ全長を走りながら、州で最上級の工場や製造所を巡るツアーは、チャレンジ精神旺盛な多くの食通にとってまさに夢のような旅になるでしょう。運転席に乗り込んで、おいしいものや甘いおやつを楽しみながらトレイルを走破しましょう。

デザートについてくるメープルシロップは少量がサイドにあるだけというものが多いですが、シロップだけを目的にしたツアーも価値大です。モントピリアのモールス・ファーム・メープル・シュガーワークス(Morse Farm Maple Sugarworks)、モントピリア東部のブラッグ・ファーム・シュガーハウス(Bragg Farm Sugarhouse)、ウッドストックのシュガーブッシュファーム(Sugarbush Farm)、ピッツフォードのニューイングランド・メープル・ミュージアム(New England Maple Museum)。これらのスポットではみな、リッチで黄金色に輝くスイーツを味わいながらその製造過程について直接学ぶことができます。この地域にはほかにもたくさんのスイーツ業者が営業していますので、旅を続ける前に下調べをお忘れなく。 

バーモント州には多くのアイスクリームメーカーがありますが、ウォーターベリーにあるカボットアネックスの近くにある「ハッピーヒッピー」なブランドのベン&ジェリーズ(Ben & Jerry's)は特に有名です。幼馴染であるベン・コーエンとジェリー・グリーンフェルドは 1978 年に共同でビジネスを立ち上げ、チャビーハビー(Chubby Hubby)やチェリーガルシア(Cherry Garcia)といった風変わりなフレーバーをヒットさせ、事業を大きくしてきました。工場のツアーは毎日参加行われています。有名なフレーバーのアイスの試食もおまけについていて、口の中に甘い余韻を残しつつこのトレイルの旅は終わります。

でも、バーモント州で注目すべきは食べ物だけではありません。カメラを持って、絵葉書のような景色が連なるチーズトレイルを進めば、きっと驚異的に美しい自然に浸る旅にもなることでしょう。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ