Skip to main content
グレート・ウォール・オブ・ロサンゼルス
1 / 1
  • 州:
    カリフォルニア州

ロサンゼルスの多様性の歴史が描かれた、世界最長クラスの壁画です。

宇宙からは見ることができませんが、このグレート・ウォール・オブ・ロサンゼルス(Great Wall of Los Angeles)でも地元の地道な努力と文化の記憶を感じることができます。

タジャンガ放水路(Tujunga Flood Control Channel)に沿って、ロサンゼルスとカリフォルニア州の多文化の歴史が描かれた 800 メートルの壁画です。5 年以上の歳月をかけ、約 2,300 リットルのペンキを使いながら 400 人のボランティアの若者達が歴史家、民族学者、人類学者と一緒にこの壮大な歴史絵巻を完成させました。

時の流れと共に楽しむ芸術の旅

ソーシャル・アンド・パブリックアート・リソース・センター(Social and Public Art Resource Center/SPARC)が先頭に立ち、落ちこぼれ気味の若者達と教育指導者の協力によって進められました。物語には、先史時代のカリフォルニア州先住民が収穫する様子から、大陸横断鉄道の建設に携わる中国人労働者、1940 年代のズート・スート・ライオット(Zoot Suit Riots)でのメキシコ系アメリカ人への蛮行まで、この地域の多様な歴史が描かれています。壁画は大まかな年代順に沿って描かれているため、歩きながら芸術的に歴史の流れを楽しむことができます。

800 メートル以上にわたるグレート・ウォール・オブ・ロサンゼルスは、1 点の壁画としては世界最長の長さを誇り、街で最も愛されるランドマークの 1 つとなっています。現地は放水路にあるため、雨の少ない時期に定期的な修復作業が行われます。ボランティアの人達が壁の掃除や古くなった絵画を元の美しい姿に戻します。この素晴らしい壁画のおかげで、「天使の街(City of Angels)」の豊かな文化の歴史が時の流れによって忘れられてしまうことはないでしょう。

旅行の前に知っておきたいこと

壁画は、南はバーバンクブールヴァード(Burbank Blvd)とコールドウォーター・キャニオン・アベニュー(Coldwater Canyon Ave)の角から始まり、北に約 800 メートルのところのコールドウォーター・キャニオン・アベニューとオックスナード・ストリート(Oxnard Street)が交わる地点まで続いています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
1913 年に建てられたボザール様式のコロラドストリート橋

旅行先

パサデナ