Skip to main content
ハワイ出身のサーファー、キアヌ・アシン

ハワイ

プロサーファー、キアヌ・アシンの目を通して見るハワイのオアフ

1 / 1
  • 州:
    ハワイ

キアヌ・アシンがサーフィンを始めたきっかけは、姉が競技会で獲得したサーフボードを必要としなくなったことでした。

ただし、父親が姉のリトルマーメイド(Little Mermaid)のステッカーを覆い隠すまでは、アシンはサーフボードを海に持っていこうとしませんでした。 最初のターンをした後は、すっかり夢中になりました。 その瞬間から、どこにいてもいつも海に思いを馳せるようになったのです。

夢を生きる

両親からたゆまぬ支援を受けながら、すさまじい情熱を持って、夢の実現に熱心に取り組み続けました。 12 歳のとき、サーフィンをしに行く場所に印を付けられるようにと、父親が大きな世界地図を買ってくれました。 その地図は今でも彼の部屋に掛かっています。

ハワイのオアフにあるエワビーチ(Ewa Beach)出身のアシンは、現在プロサーファーとして活躍しています。 ワールド・サーフ・リーグ(World Surf League)に参戦し、世界のトップ 34 人のサーファーという地位を確立しています。 2015 年だけでも、オーストラリア、ブラジル、タヒチ、フィジー、カリフォルニア州、南アフリカ、ポルトガル、フランスでサーフィンに挑んでいます。

世界中でサーフィンをしているにもかかわらず、最高の海と文化が見られるのはオアフだけだとアシンは考えています。 他者や環境に対するこんにちは、さようなら、愛、好意、平和、敬意、慈悲、善意などを意味するアロハの精神は、彼が最もつながりを感じているものです。そして、どこに行くときも、その精神を携えています。 アロハ州(Aloha State)とも呼ばれるハワイは、常に彼の故郷であり続けます。

プロサーファー、キアヌ・アシンの目を通して見るハワイのオアフ

プロサーファー、キアヌ・アシンの目を通して見るハワイのオアフ
詳細を表示
さらに調べる