Skip to main content
ミズーリ州プラスキー郡デビルズエルボウ近くのビッグパイニー川

ミズーリ州

プラスキー郡:ルート 66 沿いに広がる魅力的な地域

提供: Tyler Ham Pong

Amon Focus
1 の 3
アメリカ、プラスキー郡ウェインズビルのダウンタウンにあるルート 66 コートハウス博物館

ミズーリ州

プラスキー郡:ルート 66 沿いに広がる魅力的な地域

提供: Tyler Ham Pong

Amon Focus
2 の 3
ミズーリ州プラスキー郡にあるロイラフリン公園とルビドゥスプリングの眺望

ミズーリ州

プラスキー郡:ルート 66 沿いに広がる魅力的な地域

提供: Tyler Ham Pong

Amon Focus
3 の 3
  • 州:
    ミズーリ州

歴史あるルート 66 沿いのドライブでミズーリ州の美しいスポットに数多く出会えます。

有名な「マザーロード」の 53 キロが州内を走るミズーリ州。その中央部南に位置するプラスキー郡には、中西部らしい美しい風景が広がっています。この地域が「アメリカのハートランド」と呼ばれているのもうなずけます。ここでは、急峻な崖やきらめく川に代表される手付かずの自然美に、すぐそばの都市部の魅力が見事に融合しています。

プラスキー郡ビジターセンター:アメリカのハートランド

大きな電子看板のおかげで、趣ある便利なプラスキー郡ビジターセンター(Pulaski County Visitors Center)を旅行者が見逃すことはありません。センターに到着すると、水が流れている映像が映し出されており、入り口のドアからそれに従って進むと、メインデスクで親切なスタッフが出迎えてくれました。各展示室にミズーリ州らしい装飾が施され、プラスキー郡の各地域に関する情報を知ることができます。800 以上の役に立つパンフレットが用意されているので、旅の最初にこの便利なセンターを訪れるとよいでしょう。

ミズーリ州ウェインズビルのダウンタウンに建てられたプラスキー郡の看板

ミズーリ州ウェインズビルのダウンタウンに建てられたプラスキー郡の看板
詳細を表示

ウェインズビル:「マザーロード」沿いの歴史ある街

近くにある小さな町ウェインズビルは、プラスキー郡で最も歴史が古いコミュニティです。ルート 66(Route 66)が町の広場を通っているおかげで、地元企業はもとより、博物館や美術館も賑わいを見せています。

まずはガイド付きツアーに参加して、オールド・ステージコーチ・ストップ(Old Stagecoach Stop)を訪れ、山小屋からホテル、南北戦争時代の病院、博物館へと変化を遂げた歴史について学びました。博物館内の各展示室では、駅馬車停車場の歴史が時代ごとに紹介されています。すぐそばのルート 66 コートハウスミュージアム(Route 66 Courthouse Museum)の 2 階には、1903 年の本物の法廷が展示されています。館内で、古き良き時代のウェインズビルの遺跡とジオラマを鑑賞しましょう。

国家歴史登録財に指定されるこれら博物館のすぐそばにあるホッパーズパブ(Hoppers Pub)では、豊富なバーメニューとオリジナルのフロッグドロール IPA をはじめとする 66 種類のビールが楽しめます。近所のルビドゥプラザ(Roubidoux Plaza)にあるセラー 66 ワインバー(Cellar 66 Wine Bar)では、ワインの試飲と美味しい食事を楽しめます。ルート 66 キャンディショップ(Route 66 Candy Shoppe)には美味しそうなキャンディが並んでいます。プラザの隣に見つけた雰囲気の良いノナズレストラン(Nona’s Restaurant)で小腹を満たし、手作りの雑貨やお土産物が並ぶギフトショップを覗いてみることにしました。

ミズーリ州ウェインズビルのダウンタウンにあるオールド・ステージコーチ・ストップ

ミズーリ州ウェインズビルのダウンタウンにあるオールド・ステージコーチ・ストップ
詳細を表示

ロイラフリン公園:アウトドアへの入口

ウェインズビルのダウンタウンから数分の距離にあるロイラフリン公園(Roy Laughlin Park)では、家族で行くトレイルのウォーキングや、冒険心を掻き立てるアクティビティなど、さまざまなアウトドアを楽しめます。朝到着した時点ですでに快適な気温でしたが、その後気温が上がっても、トレイル沿いの大きな木が日陰を作ってくれたので快適に過ごせました。

公園内で、トレイル・オブ・ティアーズ記念碑(Trail of Tears Memorial)を見つけました。これは、近隣のオクラホマ準州(Oklahoma Territory)への強制移住の際にこの場所に収容されていた多数の先住民に哀悼を捧げる記念碑です。記念碑に記されたチェロキー族の旅の詳細を読み、ルビドゥ川(Roubidoux River)沿いのトレイル・オブ・ティアーズ・インタープリティブ・トレイル(Trail of Tears Interpretive Trail)を進みます。川岸を歩いていると、観光客がカヤックをしたり、清流で釣りをしている姿がありました。

トレイルを進むと、水中洞窟からルビドゥ川(Roubidoux River)に流れ込んでいるルビドゥスプリング(Roubidoux Spring)に到着します。この洞窟はまだ 3 キロメートル強しか探査が完了しておらず、洞窟の全長も未だに不明だと言います。私が到着したときは、運の良いことに洞窟の探検に出かけようとしているダイバーのグループに入れてもらうことができました。ライセンスを持っているダイバーでも私のような体験ダイバーでも、ワクワクするような体験です。ライセンスを持っているなら、近くのオディシー・スキューバ&トラベル(Odyssey Scuba & Travel)に行けば、知識豊富なインストラクターの案内で思い出に残る旅ができます。

居心地のよい街、史跡、周囲を取り囲むオザーク山地(Ozark Mountains)の景観があるプラスキー郡は、ミズーリ州の文化を満喫できる魅力的な旅行先です。

ミズーリ州プラスキー郡にあるロイラフリン公園のルビドゥ川でカヤック

ミズーリ州プラスキー郡にあるロイラフリン公園のルビドゥ川でカヤック
詳細を表示

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ