Skip to main content
ネバダ州ラスベガスのミュージシャン、フランキー・モレノ
1 / 1
  • 州:
    ネバダ州

ラスベガスを拠点とするロックミュージシャン、フランキー・モレノが、大好きな街の楽しみ方を教えます。

「思いつく限りの欲しいものすべてが、ここラスベガスに揃っています」地元のロックミュージシャン、フランキー・モレノは言います。「もし目の前にある物が気に入らなくても、ただ道を渡れば、そこには全く違う物が待っているんですよ」。

1 日の始まりにぴったりのスポット

カジノの外で血圧を上げて目を覚ますため、砂漠の真ん中の目を見張るような自然を駆け抜ける、21キロメートルのレッド・ロック・ループ(Red Rock Loop)へのドライブから、 1 日のエンジンをかけましょう。ハイキングに出るも良し、乗馬に挑戦するも良し、ネバダ州のオアシスで自然と一体になる楽しみもあります。

ラスベガスストリップでの観光

ラスベガスストリップでの観光
詳細を表示

地元の店でランチを

ランチには、スプリング・マウンテン・ロード(Spring Mountain Road)のローマ・デリ(Roma Deli)に立ち寄りましょう。モレノによると「何度行っても飽きない、小さなイタリアンのレストラン」。イタリア人シェフが、何世代にもわたって家族に受け継がれてきた秘伝のレシピで、 1 日に 10 種類ほどの家庭料理を提供しています。

詳細情報

ディナーは豪華に

ディナーには、コスモポリタン(Cosmopolitan)のSTKステーキハウス(STK Steakhouse)、あるいはモレノが「完璧」と形容する、スカルペッタ(Scarpetta)のスパゲッティを。また、ベガスではタイ料理から韓国の焼肉まで、あなたの好みに合わせて数えきれないほど多様な料理を楽しむことができます。

インスタグラムにぜひ投稿したいスポット

有名な「Welcome To Las Vegas」の看板の前で写真を撮り、ネバダ州への旅行をSNSのフォロワーに自慢しましょう。ネオンミュージアム(Neon Museum)に行けば、もっと有名なネオンサインの記念品に出会えます。ラスベガスストリップの歴代のネオンサインが今でも輝いています。敷地内はツアーで巡ることができ、夜間には光のショーも開かれています。

ザ・リンクのハイローラー観覧車の前でポーズをとるフランキー・モレノ

ザ・リンクのハイローラー観覧車の前でポーズをとるフランキー・モレノ
詳細を表示

アウトドアを堪能

ラスベガスストリップから車で 30 分ほど北に行くと、チャールストン山(Mount Charleston)に到着します。ベガスでは珍しい、樹が生い茂り雪の積もるオアシス。砂漠のすぐそばで、全く違う景色を楽しむことができます。「よくバイクでここに出かけて、山の空気を吸ってインスピレーションを得るんです」とモレノは言います。

音楽を聴きに立ち寄りましょう

ラスベガスは音楽であふれていますから、ストリップを代表するミュージシャンを見に行きましょう。クラシックなバリー・マニロウから、セリーヌ・ディオン、ブルックス・アンド・ダンまで。わき道に入れば、もっと親密な雰囲気のライブハウスも隠れています。

ベガスでコーヒーを飲むのに、遅すぎることはありません

コーヒーを飲んで頭をすっきりさせたいときには、ダウンタウンの都会的なコーヒーバー、メーカーズ・アンド・ファインダーズ(Makers and Finders)に向かいましょう。モレノによると「楽しい人たちと素晴らしいコーヒーに出会える、落ち着いた小さなスポット」とのこと。南米系の軽食も用意されています。

さらに調べる