Skip to main content
テキサス州オースティンの眺め
1 / 1
  • 州:
    テキサス州

テキサス州オースティンを体験

「世界のライブ音楽の首都」と称するテキサス州オースティンは、その文化と一体化した何十年にもおよぶリズムで脈打っています。そして近年、そのリズムが変わり始めました。この街のミュージックシーンは、伝統的なブルース、ジャズ、ロックのルーツをはるかに超えて広がりつつあります。音楽の歴史と並んで、オースティンが誇るのは最高の料理。食欲をそそるハイグレードな BBQ スポットもあります。この街は、料理界のパイオニアの地位を築いてきました。

音楽と料理のクロスオーバー

音楽と料理が豊かに交わるオースティン。多くの世代にわたる、その多様性に富んだ文化に触れると、ワクワクせずにはいられません。まずは、地元のシェフ兼 DJ、タツ・アイカワとタクヤ・マツモトが開いたラーメンタツヤ(Ramen Tatsu-ya)をご紹介しましょう。タツは言います。「日本とカリフォルニア州ロサンゼルスに住んでから、おいしいラーメンが食べたくてたまらなくなりました。自分が故郷と呼んでいるオースティンでも、同じクオリティと信頼性を実現したかったんです。」倉庫スペースを活用したラーメンタツヤには音楽があふれ、パーティーや食事に最高の環境を演出しています。このレストランには、オースティンの味と信頼性があるのです。タツとタクヤは本当に多才なコンビで、オースティン独自の文化の将来も見据えつつ、他に類のない体験を生み出しています。オースティンを訪ねたら、ぜひラーメンタツヤを訪ねてみてください。

タツ・アイカワとタクヤ・マツモト
詳細を表示

ミュージックシーン

音楽の人気スポット、エンパイア・コントロール・ルーム(The Empire Control Room)。このライブ会場では、ありふれたものというよりは大胆で冒険的な、型にはまらない音楽イベントに力を入れています。まさに、オースティンのミュージックシーンのエネルギーと本質を捉えているのです。オースティンの音楽は、コンサートや音楽イベントだけでなく、ストリートアートにも広がりを見せています。イースト・セブンス・ストリートに足を運んで、ウィリー・ネルソンの巨大な壁画が渋滞を見下ろしているのをご覧ください。

テキサス州オースティンでのコンサート
詳細を表示

食のホットスポット

世の中のあらゆるグルメにとって、ロロ(Loro)は行ってみたいお店のリストに加える価値があります。このアジア風のスモークハウスは、ジェームズビアード賞を受賞したシェフ、タイソン・コールとアーロン・フランクリンの経営です。魅力的な雰囲気のロロは、間違いなく新たな素晴らしいグルメ体験となることでしょう。ピクニック風のテーブルと吊りランタンが、温かく居心地の良い雰囲気を醸し出し、初めてのデートから、仕事帰りの 1 杯まで、どんなシチュエーションにもぴったりです。この他に見逃せないのは、イースト・サイド・キング(East Side King)。このフードトラックは自称「オースティンの魂を感じさせる日本のストリートフード」で、オースティンでトップクラスの BBQ を味わえます。言うまでもなく、価格もお値打ちです!バーとフードが一体となったようなトラックで、オースティンならではの料理、最高の味をお楽しみください。

テキサス州オースティンの料理
詳細を表示

アウトドアアクティビティ

オースティンはサイクリングが盛んなことで知られ、フォーブズトラベラーの「アメリカのトップサイクリング都市」に選ばれています。バートン・クリーク・グリーンベルト(Barton Creek Greenbelt)は、マウンテンバイクやハイキングを楽しむのにぴったりのスポット。12.6 キロメートルにわたって自然歩道が続いています。水辺で涼むなら、レディバード湖(Lady Bird Lake)へ。パドルボード、カヤック、カヌーに最適です。ここでは、ダウンタウンオースティンの風光明媚な景色も堪能できます。

ペニー橋からコウモリが出て来るのを見に集まるボートやカヤック
詳細を表示

現地のおすすめリスト

宿泊

  • JW マリオット・オースティン
  • アロフト・オースティン

 

アクティビティ

  • レッド・バッド・アイル公園(Red Bud Isle Park)で、美しい景色を眺めながら散策したり、写真を撮ったりしてみませんか。
  • オースティンを自転車で回ってみて、主な見どころや、あまり知られていない穴場を巡るのはいかがでしょう。
  • オースティンビールとビール醸造所ツアーで、市内の一流クラフトビール醸造所を訪ねてみてください

 

フード&ドリンク

  • ラーメンタツヤ
  • ロロ
  • イースト・サイド・キング