Skip to main content
フライガイザー
1 / 1
  • 州:
    ネバダ州

この虹色に彩られた不思議な地形は、人為的ミスと自然の地熱の圧力の結果です。

ブラックロック砂漠(Black Rock Desert)の端にあるエイリアンのような間欠泉は、実際には人が造ったものです。つまり偶然にも人間が造ってしまったのです。フライ牧場(Fly Ranch)には間欠泉が 2 つあります。最初のものは 100 年ほど前に砂漠の一部を農地にする作業の際に掘り当てたものです。井戸を掘ると、地熱で 93 度に熱せられた熱湯が噴出したのです。灌漑に向かないことは明らかなため、この間欠泉は放置され、厚さ 3~3.6 メートルの炭酸カルシウムのクレーターが形成されました。

異世界の雰囲気

1964 年に地熱エネルギー会社が同じ場所に試掘井を掘りました。彼らが掘り当てた水の温度は同じ 93 度でした。高温ですが、彼らの目的には十分ではありませんでした。井戸は封印されたと思われますが、明らかにその状態は保たれなかったようです。最初の間欠泉から数十メートル北にできた新しい間欠泉が、最初の間欠泉から水圧を奪い、噴出口のクレーターは現在乾いたままになっています。

フライガイザーと呼ばれる 2 番目の間欠泉は過去 40 年間の間に飛躍的に成長しました。地熱による熱水がたまっている滝つぼの鉱物が砂漠の表面に堆積したからです。間欠泉の噴出口が複数あるため、この間欠泉は最初のものほど大きなクレーターを形成しませんでしたが、そのかわり永遠に成長し続けるエイリアンのような丘を造り上げています。間欠泉は高温多湿の環境を好む好熱性の藻で覆われており、緑と赤のグラデーションが層を成し、異世界の様相を呈しています。

旅行の前に知っておきたいこと

間欠泉は、ガーラックの北を走る州道 34 号線から見ることができます。間欠泉自体は個人の所有物です。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
緑豊かな森に囲まれた紺碧の湖

旅行先

レイクタホ