Skip to main content
世界で最も背の高いコンクリートの小びと、エルウッド
1 / 1
  • 州:
    アイオワ州

とんがり帽子がトレードマークのこの巨大な庭の住人は、コンクリートでできたライバルすべてを打ち負かし、世界記録に名を残しました。

アイオワ州立大学の緑豊かなライマンガーデンズ(Reiman Gardens)にそびえ立つ巨大な庭小びとエルウッド(Elwood)は、「世界で最も背が高いコンクリートの小びと」という彼の称号に挑戦する者たちに立ち向かう陽気な庭の番人です。

制作費 8,000 ドル、ブーツの靴底からトレードマークのとんがり帽子の先端までの高さが約 4.6 メートルというずんぐりむっくりのオーナメントは、「世界最大の小びと」の称号を巡る予想外の争いに巻き込まれました。エルウッドは、それまで世界で最も背が高い庭小びとだと考えられていたニューヨーク州北部のミニゴルフコース場の住人、ノーム・チョムスキー(Gnome Chomsky)からチャンピオンの座を奪いました。

予想外の挑戦者

ところが、その後ポーランドで身長約 5.5 メートルのそっくりさんが発見され、アメリカの森に住む巨人たちを打ち負かしました。このヨーロッパの小びとは、エルウッドがウィスコンシン州の作業場で製作されている時に発見されたのですが、設計過程がかなり進んでいたために、エルウッドの身長をこれ以上高くすることはできませんでした。

だからといってエルウッドが全敗した訳ではありません。アイオワ州のエルウッドは約 1.6トンの鉄筋とコンクリートで作られたのに対し、ポーランドの小びとはグラスファイバーで作られていたことが分かったからです。そこで製作者はエルウッドの称号を「世界最大のコンクリートの小びと」に変更するにとどめ、少なくともノーム・チョムスキーを打ち負かしたという栄誉を守りました。

旅行の前に知っておきたいこと

庭園の見学は有料です。入場料は、大人 9 ドル、シニア 8 ドル、2~12 歳の子供 4ドル 50 セントです。特別料金が適用される日については、庭園のウェブサイトでご確認ください。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

関連トピック:

さらに調べる
フォックス川沿いのリバーエッジパークでの生演奏

旅行先

オーロラ

シカゴのミシガン湖畔に広がるグラントパークとミレニアムパークの上空からの眺め

旅行先

シカゴ