Skip to main content
ダイナソーワールド
1 / 1
  • 州:
    ケンタッキー州

この人気の野外公園には、先史時代の動物が飾られています。

ケンタッキー州ケーブシティのはずれの州間道路沿いには巨大なティラノサウルスが立っており、ダイナソーワールドまであと少しという目印になっています。先史時代の動物の屋外博物館であるダイナソー・ワールド・ケンタッキー(Dinosaur World Kentucky)は、州間道路 65 号線沿いのこのスポットがあることで、雑誌『サザンリビング』(Southern Living)の「最高の出口(best exit)」という称号を手にしました。

森の中を一周する小道を歩いて、公園中に点在するさまざまな種類の等身大の恐竜を探すことができます。それぞれに案内板が用意された 100 体以上の恐竜が木々の間に隠れています。敷地内には、作りものの恐竜の卵やワシやタカといった猛禽類の鋭いかぎ爪もたくさんあります。

子供が楽しめる遊び場や化石採掘場もあり、小さな子供が本物の化石を掘り出している間、大人や年上の子供は屋根付きのピクニックエリアでくつろぐことができます。卵、化石、教材、玩具、書籍などを販売しているギフトショップもあります。

ダイナソーワールドの歴史

実は、ダイナソーワールドがあるのはここだけではありません。ここは 3 つある同名の施設の 1 つで、他の 2 つはテキサス州グレンローズとフロリダ州プラントシティにあります。

この公園と同じような他の 2 つの公園を考え出したのは、スウェーデンの実業家クリスター・スヴェンソンです。スヴェンソンは 90 年代初めに家族とともにアメリカに移住した人物で、フロリダ州の元アリゲーターファームを購入し、最初のダイナソーワールドを開設しました。スヴェンソンはエンターテインメント業界に 30 年以上携わっていたため、ファームを購入した時点で成功するためのアイデアを持っていました。

恐竜の模型はすべてパークの従業員が現地で製作し、その長さは 2.4 メートルに達します。材料にはグラスファイバー、スチール、コンクリートを使用しています。

旅行の前に知っておきたいこと

ケーブシティのダイナソーランドに行くには、ルイビルから州間道路 65 号線を南下し、ケーブシティの 53 番出口から出ます。よくしつけられており、リードにつながれている犬であれば、ダイナソーワールドに入園できます。給水所を利用できます。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
ダウンタウンのガゼボで演奏するミュージシャンたち

旅行先

パデューカ

盛り上がりを見せるケンタッキーダービーと見物客のファッション

旅行先

ルイビル