Skip to main content
ワイオミング州のデビルスタワーでクライマーを撮影中

ワイオミング州

撮影現場:デビルスタワーを登る

提供: Chris Blose

MacGillivray Freeman Films
1 / 3
ワイオミング州のデビルスタワー国定記念物を降下

ワイオミング州

撮影現場:デビルスタワーを登る

提供: Chris Blose

MacGillivray Freeman Films
2 / 3
ワイオミング州のデビルスタワー国定記念物

ワイオミング州

撮影現場:デビルスタワーを登る

提供: Chris Blose

MacGillivray Freeman Films
3 / 3
  • 州:
    ワイオミング州

デビルスタワーは、ワイオミング州北東部の周囲の草原の上に突き出ています。

映画ファンなら、その象徴的な姿に見覚えがあるかもしれません。ここは、1977 年に公開された SF 映画「未知との遭遇」にエイリアンの着陸地点として登場しました。しかし、熱心なクライマーたちがブラックヒルズ( Black Hills)にある高さ 386 メートルの火成岩の岩の頂上にひきつけられるのには、異なる理由があります。

ワイオミング州のデビルスタワーに登ってみましょう

マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズ(MacGillivray Freeman Films)の新作映画「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)(提供:エクスペディア(Expedia)&スバル(Subaru))をプロデューサー、ショーン・マクギリブレイはそう語ります。 「平らな場所の先に、この自然に形成された摩天楼が何よりも高く印象的にそびえています。 それも、クライミングを素晴らしいものにする要因の一部です」

デビルスタワー国定記念物(Devils Tower National Monument)を訪れる人のうち、実際にクライミングをするのはごくわずかです。 2014 年には、有名クライマーのコンラッド・アンカー、その息子のマックス・ロウ(Max Lowe)、家族ぐるみの友人のレイチェル・ポールが「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)の撮影中に登りました。 彼らのクライミングを撮影したカメラ班も登ったのですから、さらにいっそう感銘を与えることでしょう。

「幸いにも我々は素晴らしいチームを抱えていました。その一員には、エベレスト(Mount Everest)などの厳しい環境でびっくりするような場面を撮影する方法を知っているマイケル・ブラウンもいました」とマクギリブレイは述べて、世界最高峰の頂上へのトレッキングを複数回行った映画制作のベテランに言及しました。

資材管理担当がデビルスタワー(Devils Tower)の中腹と頂上で撮影する必要があったことを考えると、そのような体験が役立ちました。 大画面映画の撮影には、重いカメラ機材を運ぶ必要があるだけでなく、フィルムの装填を繰り返して、3 分間の場面を一度に撮影する必要もあります。これは岩の側面では至難の業です。 さらに、無線録音装置を同期させて、クライマーの息づかいや喜びの叫び声をすべて録音する必要もあります。

「山の中と外で 15 人以上必要です。それに、撮影には多くの調整も必要です」とマクギリブレイは語ります。 「しかし、この神聖な場所でクライマーが 300 メートル近い高さの崖から宙づりになっている驚きの瞬間をとらえることができるなら、全力を尽くす価値があると言えます」。

この場面は、2016 年に世界各地で劇場公開される映画「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)で取り上げられる予定です。

さらに調べる
ハイキングの途中で橋を渡る家族連れ

旅行先

コーディ

スノーウィー・レンジ・シーニック・バイウェイ沿いの絶壁

旅行先

ララミー

ビッグホーン山脈の国有林地帯、クラウド・ピーク・ウィルダネスでのハイキング

旅行先

シェリダン