Skip to main content
ユタ州にあるアーチーズ国立公園のペンギン岩を撮影

ユタ州

撮影現場:アーチーズ国立公園のペンギン岩登り

提供: Miriam B. Weiner

MacGillivray Freeman Films
1 の 3
ユタ州にあるアーチーズ国立公園でのクライミング後、ペンギン岩の上で

ユタ州

撮影現場:アーチーズ国立公園のペンギン岩登り

提供: Miriam B. Weiner

MacGillivray Freeman Films
2 の 3
ユタ州にあるアーチーズ国立公園でクライミングを空中撮影

ユタ州

撮影現場:アーチーズ国立公園のペンギン岩登り

提供: Miriam B. Weiner

MacGillivray Freeman Films
3 の 3
  • 州:
    ユタ州

みんなのアイドル、タキシードを着ているようなペンギンの形の巨大な奇岩、スリーペンギンズを見逃すはずはありません。

ユタ州東部のアーチーズ国立公園(Arches National Park)の入り口に立っており、モアブ(Moab)からわずか 8 キロです。 たいていの人は車を止め、写真を撮って先を急ぐのですが、本物の冒険家は鳥のように公園を俯瞰しようとこの岩に挑戦します。

著名なクライマー、コンラッド・アンカーも例外ではありません。

彼は、再婚相手の息子のマックス・ロウ、クライマー仲間のレイチェル・ポールと共に、マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズ(MacGillivray Freeman Films)と協力して、公開間近の映画「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)(提供:エクスペディア(Expedia)&スバル(Subaru))で撮影したアーチーズ国立公園の新たな眺望を見せます。

ただし、これは普通のクライミングではありません。 通常ならアンカーが「ゆっくり慎重に」と形容する方法でアプローチするのですが、ここでは日の出と完璧なショットをとらえる必要性に従う必要がありました。 クライマーたちは前の晩にロープをかけておき、撮影スタッフが頂上に太陽が当たっているまさのそのタイミングを撮影できるように、ペンギン岩の頂上に向かって登って行きました。

「スリルの連続でした」とアンカーということです。 「両側が高さ 150 m ほどもある崖の上のカードテーブルくらいの広さの所に登ったのです。周囲をこのヘリコプターが飛んでいました。最高に楽しかったです」。

アンカー、ロウ、ポールがスリーペンギンズ(Three Penguins)の頭から眺めている風景を撮影するために、マクギリブレイ・フリーマン・フィルムズのスタッフは上空からの助けを借りなければなりませんでした。ヘリコプターの前面にカメラを取り付けたのです。

「ヘリコプターがこれ以上ないくらい接近してきて、間近に巨大な刃を感じるなんてことは、普通はありえません」とアンカー氏は語ります。 「でも、その場にいない人でも共に巨大な岩の塔を体感できるすばらしい方法です」。

クライマーたちの挑戦は日の出の前に撮影を終えることでしたが、撮影スタッフの挑戦は、ヘリコプターがアーチーズ国立公園を訪れる人の邪魔をぜったいにしないことでした。 撮影スタッフはアメリカ国立公園局(U.S. National Park Service)と緊密に連携し、公園を訪れる人をじゃましないように、安全にも配慮して撮影しました。 「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)のグレッグ・マクギリブレイ監督によるプロフェッショナルな調整のおかげで、撮影スタッフはヘリコプターを使用できる限られた時間内でほとんどのシーンを撮影することがでました。

「グレッグ、そして撮影スタッフとのここでの仕事は本当に楽しいものです」とアンカーは言います。 「彼はプロです。何十年もの経験があり、IMAX の達人です。 私たちは全員、適切なタイミングで配置につき、適切なタイミングで事を勧める必要がありました。その通りにすれば、芸術作品が生まれます」。

ハードワークは報われたのです。 ヘリコプターに取り付けられたカメラは登頂の成功を喜ぶクライマーの姿をフィルに収めました。アンカーがペンギンの頭から別のペンギンに跳び移る、心臓が止まりそうな瞬間ももちろん撮影されました。 ハートをわしづかみにする離れ業は、2016 年にお近くの映画館で「アメリカ・ワイルド」(America Wild: National Parks Adventure)が公開されたときにご覧ください。

さらに調べる

山を縫って進む歴史あるデュランゴ&シルバートン狭軌鉄道の列車

旅行先

デュランゴ