Skip to main content
アラスカ州アンカレッジ周辺のワイルドライフクルーズ

アラスカ州

アラスカ州アンカレッジ周辺のワイルドライフクルーズ

提供: : Amanda Williams

1 / 1
  • 州:
    アラスカ州

アラスカ州の広大で厳しい自然を住処とする動物は数え切れません。

ヒグマ、ムース、オオヤマネコ、オオカミ、ハクトウワシ、シャチ。これらはほんの一部です。つまり、アラスカ州在来の生物を見ずして、アラスカ旅行は完成しません。そしてこのアラスカ州を象徴する動物たちを見る最適な方法がワイルドライフクルーズです。アンカレッジから旅を始めるなら、クルーズにはいくつかの選択肢があり、多くのツアー会社が予約オフィスをアンカレッジのダウンタウンに構えています。ただし、アンカレッジ港(Port of Anchorage)から出航するクルーズはありません。いずれも近郊のウィッティアとスワードなどの町から出航します。これらの港には車、バス、電車でアクセスできるほか、ほとんどのツアー会社が交通手段の手配を手伝ってくれます。

出発は「プリンスウィリアム湾の玄関口」から

アンカレッジから 93 キロメートル南東にある人口の少ない海辺のコミュニティ、ウィッティアから、プリンスウィリアム湾(Prince William Sound)のフィヨルド、湾、入り江、氷河、山、島々を巡るワイルドライフクルーズへ出発できます。

フィリップスクルーズ&ツアーズ(Phillips Cruises & Tours)が実施する人気の「26 グレイシャークルーズ(26 Glacier Cruise)」は、225 キロメートルに及ぶプリンスウィリアム湾のエスタパッセージ(Esther Passage)、カレッジフィヨルド(College Fjord)、26 の有名な氷河に立ち寄るツアーです。高くそびえる山や狭いフィヨルドの風景を楽しみ、氷河を間近で眺め、氷河の大きな塊が海に崩れ落ちる音を聞くこともできます。クルーズで使用するのは、全長 41 メートルの「船酔いしない」高速双胴船、M/V クロンダイクエクスプレス(M/V Klondike Express)で、船内での食事と温かい飲み物がセットになっています。M/V クロンダイクエクスプレスは沿岸警備隊(Coast Guard)の認定を受けており、328 名の乗客・乗員を運ぶことができるため、ウィッティアから乗船するツアー客は大勢になることがあります。

このクルーズでは、アシカやハクトウワシ、ラッコが見られるほか、クロクマやシャチに遭遇することもあります。なかには船のすぐそばで見られることもあるかもしれません。見つけるのが難しい動物については、一緒に乗船しているチャガック国立森林公園(Chugach National Forest)のレンジャーがクルーズの間ナレーションをしてくれ、見えにくい所にいる野生動物なども教えてくれます。クルーズではウィッティアに戻る前に、夏に 1 万羽の鳥が生息する繁殖地に立ち寄ります。

地元民のお勧めの場所を訪ねましょう

キーナイ半島のレザレクション湾(Resurrection Bay)の入り江に位置するスワードは、アンカレッジからおよそ 2 時間半のところにあります。地元民によれば、プリンスウィリアム湾よりもむしろキーナイフィヨルド国立公園(Kenai Fjords National Park)を散策する方がより多くの野生動物に出会えると言います。レザレクション湾内には、ゼニガタアザラシ、ハクトウワシ、アシカ、ツノメドリ、ネズミイルカ、ザトウクジラなどのさまざまな種類のクジラ、シャチのほか、回遊中のカリフォルニア・コク・クジラまでも見ることができます。メジャー・マリン・ツアーズ(Major Marine Tours)では、所要時間 3.5 時間と 5 時間の 2 種類の野生動物ツアーや、シャチとコククジラを見物するホエール・ウォッチング・クルーズを催行しています。いずれのツアーも自然に詳しい船員または国立公園のレンジャーによるナレーションが付いています。双眼鏡を無料で利用できるので、ワシやその他の小さな野生動物も観察してみましょう。

スワードを出発する典型的なツアーでは、小さめの船を使用します。例えばメジャー・マリン・ツアーズの 3.5 時間のツアーで使用する船の定員はわずか 60 名で、通常、食事や飲み物は有料となります。キーナイフィヨルドのクルーズでは、雪を冠った山々や氷河を見物できます。しかし本当の見どころは、すぐ側まで接近して見学できる鳥の繁殖地やアシカのコロニー、通り過ぎていくクジラの群れです。

ベストな訪問時期を知りましょう

アラスカ州の観光シーズンは夏です。この時期は太陽が出ている時間が長く、気候も穏やかです。ツアーの多くが 5 月から 9 月末の間に催行されており、野生動物クルーズも大部分がこのスケジュールで実施されます。ほとんどの野生動物をこの時期に見ることができますが、動物によっては見物するのに適した季節があります。

例えば、レザレクション湾で回遊するカリフォルニア・コク・クジラを見たいなら、回遊時期は大抵 3 月から 5 月半ばまでです。一方、アラスカ州でシャチ見物に最も適しているのは、5 月半ばから 6 月半ばにかけてです。

時間を確保しましょう

グレーターアンカレッジ地区で、野生動物見物を最適な方法で網羅するクルーズに乗船するなら、丸 1 日は必要です。そのため、できるだけ多くの野生動物に出会うには、出発地で 1 泊か 2 泊することをお勧めします。

準備をしましょう

ウィッティアとスワードから出航するワイルドライフクルーズでは、通常、屋外と屋内の展望デッキを備えた複数の階層からなる船が使用されます。氷河に近づいたときや、クジラやワシを見つけたときには、屋外に出て見物したくなるはず。そのため、防寒、防水、防風のための上着を持参するようにしましょう。アラスカ州の海上の気温は夏場でもまだ冷えることがあります。

さらに調べる
キャッスルクレイグス州立公園で景色を堪能

旅行先

レディング

フォレストヴィル近郊のブドウ園に漂う朝霧

旅行先

ソノマ