Skip to main content
コンクリートのパルテノン神殿
1 / 1
  • 州:
    テネシー州

このレプリカはナッシュビルが「南部のアテネ」と呼ばれる所以です

もともとはテネシー州で 1897 年に開かれたセンテニアル・エキスポ(Centennial Exposition)のために建てられた、アテナの有名なパルテノン神殿の実物大のレプリカは、今日はナッシュビルのセンテニアル・パーク(Centennial Park)に置かれています。コンクリートのみで作られているというのは、この建造物の注目すべき特色です。

この建物には、パルテノン神殿にある 12 メートルのアテナ像(Athena statue)を再現したものも置かれています。(最初に造られた像は現存していません。)ナッシュビルのパークス・アンド・レクリエーション(Parks and Recreation)のウェブサイトによると、「この建物とアテナ像は、どちらもアテネにある現物の原寸大のレプリカ」とのことです。

パルテノン神殿はそれだけでも見どころとなりますが、町の 5 大美術館の一つでもあります。常設展の見どころは、ジェームズ・M・コウワンによって寄付された19~20 世紀のアメリカの芸術家による絵画です。別のギャラリーでは、様々なイベントや企画展示が行われています。

旅行の前に知っておきたいこと

入場料は大人 6 ドル、子供(4~17 歳)およびシニア(62 歳以上) 4 ドルです。開館時間は午前 9 時~午後 4 時半(火~土)、午後 12 時半~午後 4 時半(日)となっています。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

さらに調べる
オーク・ヘイブン・リゾートのログキャビン

旅行先

セバービル