Skip to main content
ジャズクラブ「グリーン・ミル・カクテル・ラウンジ」に夜が訪れる

イリノイ州

シカゴ周辺の音楽ツアー:音楽好きのための 3 つのホットスポット

提供: イドイア・ギカス

1 / 1
  • 州:
    イリノイ州

世界の旅の中継基地であるシカゴは、長年にわたりあらゆるジャンルの音楽を育んできました。シカゴは世界一流のアトラクションを楽しめる街として称賛されています。

音楽シーンに関しては、今は亡きマディ・ウォーターズの都会的なブルースからウィルコのオルタナティブロックまで幅広いサウンドの成長を支えてきたシカゴの右に出る街はそう多くないでしょう。どんな音楽で踊るのが好きな方も、シカゴに来ればきっと満足できるはずです。これからご紹介するシカゴの 3 つの地区をチェックして、クールなジャズ、グランジロック、有名なヘッドライナー、さらに次なるスターまで、あらゆる音楽に触れてみてください。

アップタウン:歴史あるエンターテインメントの街

シカゴのアップタウン(Uptown)には、修復されたアールデコ様式の建築物、ミシガン湖(Lake Michigan)のほとりの人気のビーチサイドがあり、ベトナムやエチオピアからアパラチアまで多様な文化の影響が存在しています。この地区は、無声映画の初期の時代から優に 1 世紀以上にわたり地元のエンターテインメントの中心となっています。1907 年開業のグリーン・ミル・カクテル・ラウンジ(The Green Mill Cocktail Lounge)では真夜中過ぎまで続くジャズの演奏が毎日休みなく行われています。1917 年オープンのリビエラシアター(The Riviera Theatre)はどことなく古い映画館のように見えます。それもそのはず、1986 年に会員制ナイトクラブになり、その後コンサート会場になるまで、この建物は実際に映画館だったのです。この通称「ザ・リブ」でショーを鑑賞したら、豪華なフランスのリバイバル建築の屋内で、マリリン・マンソンからベン・フォールズまで誰かしらの姿を見かけるかもしれません。 

グリーン・ミル・カクテル・ラウンジで陽気なジャズの生演奏にあわせて踊る人々

グリーン・ミル・カクテル・ラウンジで陽気なジャズの生演奏にあわせて踊る人々
詳細を表示

ウィッカーパークとバックタウン:自由さの魅力

ウィッカーパーク(Wicker Park)とバックタウン(Bucktown)にまたがる活発で最先端のアートコミュニティには、ビンテージショップ、個人経営のレストラン、修復された歴史ある邸宅が数多く立ち並んでいます。飾り気のない音楽ホール、ダイブバー、安いドリンクがお好みなら、この地区に来ればすべて揃っています。エンプティボトル(The Empty Bottle)は外側からは大したことがないように見えますが、街角に建つクラブの店内には、ホンキートンクからパンクロックまであらゆる音楽の演奏が行われる小ぢんまりしたステージがあります。ハイドアウト(The Hideout)も似たようなアングラスポットで、やはり小さなステージがあり、多彩な音楽のラインナップが用意され、常連客でにぎわっています。楽しめる音楽のジャンルは、カントリー、メタル、内省的でソフトなシンガーソングライターまで多岐にわたっています。

多彩な音楽を楽しめるミュージックバー、エンプティボトル

多彩な音楽を楽しめるミュージックバー、エンプティボトル
詳細を表示

ローガンスクエア:さまざまな規模のライブハウス

アートっぽい雰囲気と美しい大通りで知られ、同じ名前の中央広場が地区の中心となっているローガンスクエア(Logan Square)は、保つシカゴで最近注目を集めている小さな町の雰囲気を持つ地区の 1 つです。ブルースがお好きなら、家族経営のローザズラウンジ(Rosa’s Lounge)が気にいるはずです。一流のブルース音楽を毎晩楽しむことができます。このラウンジには派手さこそありませんが、侮ってはいけません。なにしろ、『ニューヨークタイムズ』誌により、シカゴ一のブルースクラブに選ばれたことがある実力派なのですから。ローザズよりも新しくて広いコンコード・ミュージック・ホール(Concord Music Hall)には、動いたり音楽を楽しんだりするスペースがもう少しあります。有名アーティストのステージやアットホームなアフターショーなど、毎月多彩なイベントが企画されていて、今日はヒップホップ、次の日はバチャータやエレクトロニックミュージックという楽しみ方も可能です。

ローサズラウンジでのブルースのジャムセッション

ローサズラウンジでのブルースのジャムセッション
詳細を表示

アクセス方法

シカゴオヘア国際空港(ORD)とシカゴミッドウェー国際空港 (MDW)へは、世界中から多数のフライトが乗り入れています。レンタカーも利用できますが、シカゴには公共交通機関をつなぐ便利なネットワークがあるため移動は簡単です。