Skip to main content
ニューオーリンズのジャズシンガー、ロビン・バーンズとフレンチクォーターのセカンド・ライン・バンド
1 / 1
  • 州:
    ルイジアナ州

暖かい日曜日の朝、ボリュームたっぷりの朝食を楽しんだ後、屋外で座っているあなた。

ついさっき食べ終えたばかりのシュリンプ、グリッツ、チコリコーヒーのことを考えていると、遠くで聞こえるトランペットの音。

その音楽は次第に大きく、近く、速くなります。胸にドラムのリズムが響き、気分が高ぶるのを感じます。立ち上がったあなたは、明るい色のスーツ、帽子、ベルトを身に着けたミュージシャンの一団が角を曲がるとき、微笑まずにはいられません。気が付けば、本格的なパレードの真ん中にいます。

セカンドラインとは、19 世紀から続くルイジアナ州ニューオーリンズの伝統です。その当時、コミュニティで誰かが亡くなると、共済組合や地域自治体が、故人の生涯を称えるためのパレードを行っていました。現在では、このようなパレードは特に何かに関連しているわけではありませんが、人生を称えることに時間を割くというニューオーリンズ独特の精神を広め続けています。ニューオーリンズの歌姫とも呼ばれるジャズシンガーのロビン・バーンズは、それをとてもうまく説明しています。「ニューオーリンズは人生を称え、未来を称え、ここに存在することを称える場所です。私たちは今日ここにいる。私たちはここにいられて幸せ。それを楽しんで、今日を精一杯生きましょう。」

幸運にもセカンドラインに出くわしたら、遠慮なくパレードに参加してみてください。ペースを乱さなければ大丈夫。(ニューオーリンズのブラスバンドが奏でる陽気なサウンドを考えると、参加しても問題ないはずです。)

フレンチクォーター

フレンチクォーター(French Quarter)は、芸術表現を伝え合うのに最高の場所です。この界隈の通り、ショップ、ライブハウスには、パントマイム役者や曲芸師、カード占い師や占い師、絵描きにダンサー、そしてもちろんミュージシャンが集まっています。ニューオーリンズほど居心地がよく、多様性があり、祝祭が多い場所はほとんどありません。ロビンの説明によると、「ニューオーリンズは、ある火曜日にあなたがチュチュを着ていても誰にも二度見されない、そんな場所です。」

「ジャズは自由の象徴です」とロビンは指摘します。ニューオーリンズの現在のジャズは、伝統的なアフリカのテンポ、ヨーロッパの金管楽器、キューバのハバネラが混ざり合った独特な音楽です。そこには、通商ルートとコミュニティが直接反映されており、サウンドは全くもってニューオーリンズ特有のものになっています。でも、ニューオーリンズではジャズにとどまらず、フレンチクォーターの音楽クラブをちょっと通り過ぎただけでも、デキシーランド、ザイデコ、ブルース、アイリッシュフォークなど、さまざまなテイストの音楽が聞こえてきます。

フレンチクォーターのストリートパフォーマー

フレンチクォーターのストリートパフォーマー
詳細を表示

メルティングポットの味

アメリカが文化のるつぼなら、ニューオーリンズはガンボです。1803 年にアメリカがルイジアナ州の領土を買収するまで、ニューオーリンズはもともとフランスとスペインの支配下にありました。19 世紀にはこの町は南部で最大の港になっていたため、新しいもの、考え方、スパイスの交換が常に行われていました。1958 年に最初の主要な橋が建設されるまで、ニューオーリンズにはベネチアよりも多くの運河があり、地元の人々は路面電車を使うのと同じようにボートを使って移動していた可能性があります。

ニューオーリンズで文化がどのように融合したかを表すよい例の 1 つがヤカマイン(YaKaMein)です。このローカル料理は、街の外ではほとんど知られていません。地元では、「オールドソバー(Old Sober)」とも呼ばれる牛肉ベースのこのスープは、二日酔いの特効薬だと言われており、ミズ・リンダが作るヤカマインが最高とのもっぱらの評判です。ロビンはボウルを前に、「ミズ・リンダはおばあちゃんの温もりそのものです。すぐに示せる愛情とおもてなしの表現。食べさせてあげたいという気持ち。あなたをハグしたいと思っているはずです。それはニューオーリンズの本物のおもてなしであり愛情です」と説明します。

ヤカマインは、中国系とアフリカ系アメリカのスパイスをブレンドしたスープですが、その正確な起源はわかっていません。線路建設や砂糖のプランテーションで働くためにカリフォルニア州から連れて来られた中国系移民から伝えられたレシピだと言う説があります。一方、朝鮮戦争(Korean War)に参加したアフリカ系アメリカ人部隊が、朝鮮半島で食べた汁麺の味を持ち帰ったのだという説もあります。

地元の人たちがヤカマインのレシピが生まれた背景について同意することはないかもしれませんが、このコンフォートフードを気軽に食べることができて嬉しいということには誰もが賛成するはずです。

地元のシェフとニューオーリンズ料理について話し合うロビン・バーンズ

地元のシェフとニューオーリンズ料理について話し合うロビン・バーンズ
詳細を表示

ニューオーリンズの魅力

ルイジアナ州ニューオーリンズは招待者リストがないパーティー会場です。一生懸命働き、パーティーにはそれ以上に情熱を注ぎます。ニューオーリンズは、世界は広く、すばらしく、美しいということを思い出させてくれる小さな町です。ロビンは微笑みながら、「私たちは見知らぬ人ともハグをするし、何年かぶりにあった人ともハグをするし、5 秒前に会った人ともハグをします。この街には家族的な風土があるのです。」そう教えてくれました。

ジャクソンスクエアを背景に即興で始まったダンスパーティ

ジャクソンスクエアを背景に即興で始まったダンスパーティ
詳細を表示