Skip to main content
青いクジラ
1 / 1
  • 州:
    オクラホマ州

陸地に囲まれたオクラホマ州を自然界で最大の哺乳類が泳ぎます。

ヒュー・デイビスは、1972 年に 34 回目の結婚記念日の贈り物として、妻のためにカトーサの青いクジラ(Blue Whale of Catoosa)を造りました。それ以来、その笑顔のクジラはルート 66(Route 66)を走る旅行者を出迎え、オクラホマ州を通る旅行者たちの中心地となっています。

デイビスが妻のことを考えながら「ブルー(Blue)」を作ったとき、同時に近所の子供たちのことを頭に浮かべていました。クジラを作る前、デイビスは 2 つの小さな動物園を建てていました。1 つは猫の動物園、そして「アーク(Ark)」として知られるもう 1 つは爬虫類が集められています。ルート 66 沿いの自宅近くにある池で子供達が泳いでいることに気付き、デイビスは妻への贈り物として、そして子供達が池に潜ったり滑り込んだりできる波止場としてクジラを作ることにしました。

デイビスは 1980 年代までクジラの整備を行い、池に小さな売店も持っていました。ヒュー・デイビスが亡くなった後はクジラは荒れてしまいましたが、その後息子のブレインが 1988 年に修復のプロジェクトを計画しました。壊れた場所を修復し、腐れたセメントを埋め合わせ、ブレイン・デイビスはご機嫌なクジラを復活させました。今では、訪れる人たちに向かって、40 年以上にわたり笑顔を向け続けています。

旅行の前に知っておきたいこと

クジラはルート 66 沿いの、カトーサのダウンタウン東側で見ることができます。

旅行サイト『アトラスオブスキュラ』(Atlas Obscura)に掲載された書き下ろし記事です。

関連トピック:

さらに調べる
レモン山から 臨む眺望

旅行先

ツーソン