Skip to main content
水辺のレストランで楽しむ蒸しガニのごちそう

メリーランド州

メリーランド州ボルチモア:魅力ある街に欠かせないフードとドリンク

提供: : Zaida Rios

Visit Baltimore
1 / 1
  • 州:
    メリーランド州

ボルチモアの移り変わりを楽しみ、レストランルネサンスを体験しましょう

ボルチモアはユニークで豊かな文化が根付く地区から成り、活気に満ちた歴史ある水辺の都市です。街中に広がるさまざまなレストランで、シェフ考案のコンセプトが反映された魅力あふれるメニューに出会えます。職人による地元のレストラン、想像力に富んだフードホール、急成長を遂げているクラフトビールとスピリッツシーンが、好奇心旺盛な食べ物好きたちをワクワクさせてくれます。

ボルチモア湾の新鮮な海の幸

ボルチモアの旅に地元のシーフード、特にカニ料理は欠かせません。まずはレキシントンマーケット(Lexington Market)にある受賞歴を誇るフェイドリーズシーフード(Faidley’s Seafood)のジャンボ・ランプ・クラブ・ケーキから始めましょう。この店は、1886 年から続く家族経営のレストランで、スミソニアンマガジンの「アメリカを代表する食の旅先 20 選」に選ばれました。次は、活気あるインナーハーバー(Inner Harbor)へ出向き、人気のフィリップスシーフード(Phillips Seafood)へ。水辺のデッキでメリーランド州のカニ料理やクラム・ベイク・フォー・ツー(Clam Bake for Two/クラムベイク 2 人前)を味わいましょう。ロッホ・バー・レストラン(Loch Bar Restaurant)は予約が必要です。フォーシーズンズホテル(Four Seasons Hotel)内にある高級シーフードレストランで、港の美しい景色と、豪華なメニュー、そして幅広いラインナップのウィスキーバーが自慢です。

ロックバーのシェルフィッシュタワーは美味しい贅沢

ロックバーのシェルフィッシュタワーは美味しい贅沢
詳細を表示
Visit Baltimore

近隣のレストラン

隠れた名店を探しに、近隣の地区も散策してみましょう。ウッドベリーのラクッチャーラ(La Cuchara)はボルチモア初のバスクの影響を受けたレストランとして人気の店です。広くインダストリアルな空間に居心地の良い雰囲気が漂う店内で、グリル料理や一口料理のピンチョスを楽しめます。近くのウッドベリーキッチン(Woodberry Kitchen)では、ティルマンアイランド(Tilghman Island)のクラブポットを注文しましょう。禁酒法時代前のオールドファッションドと一緒に味わうのがおすすめです。

ブルワーズヒルのガンサー& Co.(Gunther & Co.)は、むき出しのレンガと見事なデザイン、そして 2 階構造の造りが組み合わさり、驚きに満ちた空間となっています。しかしこの店を訪れる価値は、地元の食材を使って作られる、世界各国の料理からヒントを得たメニューにあります。ダウンタウンでは、イダ B’s テーブル(Ida B’s Table)の定番のソウルフードがおすすめ。かつてキャンディ缶の工場だった店内で、ミシシッピ州のマッド・ポット・ド・クレームやメンフィスのミートローフなど、ハイレベルなコンフォートフードをぜひお試しください。

ラクッチャーラにて、イベリア豚のハムをスライスするシェフの隣でバスク風タパスを楽しむ常連客

ラクッチャーラにて、イベリア豚のハムをスライスするシェフの隣でバスク風タパスを楽しむ常連客
詳細を表示
Visit Baltimore

フードホール

1 ヵ所でさまざまな料理を楽しんでみたいと、きっと誰もが思うことでしょう。レキシントンマーケットは、アメリカで最も古い公共マーケットであり、この街のワン・ストップ・ショップの元祖です。ここではバーガーズベーカリー(Berger’s Bakery)や、コニーズ・チキン・アンド・ワッフルズ(Connie’s Chicken and Waffles)など、ボルチモアで人気の味をいくつか試してみてください。R. ハウス(R. House)はモダンでインダストリアルな雰囲気のフードホール。ホワイトエンベロープ(White Envelope)の絶品のアレパや、Brd の定番のフライド・チキン・サンドウィッチ、リトルベイビーズ(Little Baby’s)のアイスクリーム、アール・グレー・シラチャー(Earl Grey Sriracha)もおすすめです。マウント・バーノン・マーケットプレイス(Mount Vernon Marketplace)は、ミスタースブラキ(Mr. Souvlaki)の地中海料理やピンチ(Pinch)の餃子、ザ・ローカル・オイスター(The Local Oyster)のシーフードなどが楽しめる、美食家にとって絶好の食のプレイグラウンドです。

R. ハウスの活気あるフードホールの様子

R. ハウスの活気あるフードホールの様子
詳細を表示
ビジットボルチモア

高級レストラン

ボルチモアには、特別な夜を過ごすためのレストランが豊富にあります。ザ・アイビー・ホテル(The Ivy Hotel)に入るマグダレナ(Magdalena)は、エレガントな雰囲気のメインダイニングがある高級ビストロ。落ち着いた環境を楽しみたいならワインセラー(Wine Cellar)がおすすめです。アルゼンチン料理のレストラン、バーヴァスケス(Bar Vasquez)では、焦がしたレモンソースで仕上げたアルゼンチンアカエビや、チミチュリソースでいただく絶品のグリルビーフをぜひお試しください。上質なシーフード、手打ちパスタ、定番のイタリア料理など豪華なメニューが並ぶタリアータ(Tagliata)では、シェフおすすめの一品に舌鼓を打ちましょう。週末にはピアノの生演奏が行われるほか、中庭にはレトロなバー、ザ・エルク・ルーム(the Elk Room)があり、理想的なナイトスポットとなっています。

ザ・アイビー・ホテル内にあるマグダレナの彩り豊かなシーフード

ザ・アイビー・ホテル内にあるマグダレナの彩り豊かなシーフード
詳細を表示
Visit Baltimore

ビール&スピリッツ

ボルチモアでのグルメツアーは、地元のドリンクで締めくくりましょう。まずはザ・ブルワーズ・アート(The Brewer’s Art)へ。バー、ラウンジ、そしてスイスのロッジスタイルのダイニングルームを備え、ベルギースタイルのビールを醸造しているレストランです。生ビール、バーの軽食、楽しいボードゲーム、定期的に開催されるフードトラックを楽しみたい方は、ユニオン・クラフト・ブルーイング(Union Craft Brewing)がおすすめです。ヘビーシーズ(Heavy Seas)では、パウダーモンキー(Powder Monkey)、ルースキャノン(Loose Cannon)、ペグレグ(Peg Leg)、20 イヤーストーム(20 Year Storm)など、海や海賊をイメージしたビールが楽しめます。スピリッツがお好みの方は、サガモアディスティラリー(Sagamore Distillery)のツアーを予約しましょう。地元の湧水を使って作られたライウイスキーの試作品を味わうことができます。親戚や友人に、ボトルをお土産にすると喜ばれることでしょう。

ユニオン・クラフト・ブルワリーのタップルームでビアテイスティング

ユニオン・クラフト・ブルワリーのタップルームでビアテイスティング
詳細を表示
Visit Baltimore

アクセス方法

ボルチモアワシントン国際空港(Baltimore-Washington International Airport)から市内へは、レンタカー、シャトルまたはカーサービスをご利用ください。

さらに調べる
ボルチモアのインナーハーバーの美しい夜景を一望

旅行先

ボルチモア